閉じる

ITセキュリティ

  • ニュース

    目指せ賞金1万ドル、キーサイトがサイバー演習イベントを開催

     米キーサイト・テクノロジー(Keysight Technologies)の日本法人は2018年9月21日、サイバーセキュリティソリューションに関する説明会を実施。同会場で日本初開催となるサイバー演習イベント「Cyber Combat」について説明した。

  • 北海道地震

    RIZAP株も売買できず、食のサプライチェーンを分断した北海道地震

     北海道胆振東部地震による停電の影響で、北海道内の金融インフラは一時機能不全に陥った。札幌証券取引所は取引を全面停止し、銀行のATMも止まった。地震と停電によりサプライチェーンも滞った。北海道内のスーパーや百貨店は相次ぎ営業を休止、農産物や自動車部品の工場も打撃を受けた。「食」の大地の被害は、日本全…

  • 北海道地震

    データセンターと通信への影響、北海道地震で生かされた経験

     北海道全域の停電は、道内のデータセンターや携帯電話網にも影響した。データセンターの多くは自家発電機の稼働で乗り切ったが、一部は電源の切り替えに失敗。燃料確保に課題を残した。携帯電話網は一部地域で繋がりにくくなった。NTTドコモが広域を担える災害時専用の「大ゾーン基地局」を初稼働、KDDIは船舶型の…

  • 動かないコンピュータ

    サイバー攻撃の手口は謎のまま、産総研のID8000件漏洩

    産業技術総合研究所

     5カ月にわたるサイバー攻撃でメールID8000件や研究文書300点以上が漏洩した。引き金は電子メールの全ログインIDを盗み取られたことにある。攻撃者はIDリストの中から脆弱なパスワードを探し出し、140人あまりのアカウントに不正ログインした。攻撃者の正体や手口の詳細は現在も謎のままだ。

  • 北海道地震

    北海道地震、業種別の被害状況まとめ

     2018年9月6日午前3時8分、北海道で最大震度7の地震が発生した。道内全域の295万戸が停電するなどかつてない被害に見舞われた。デジタル社会が抱える新たなリスクに日本中が改めて向き合う必要がある。

  • サイバー攻撃最前線

    いまだ活発なサイバー強盗 銀行の通信が乗っ取られる

     北朝鮮からとみられるサイバー攻撃が活発だ。北朝鮮のサイバー攻撃グループは複数存在するとされるが、特に経済面の課題に対して活動しているのが、Lazarusをはじめとする朝鮮労働党傘下の攻撃グループといわれている。本稿では、インドの銀行で確認されたLazarusグループの攻撃事案を紹介しよう。

  • 日経コンピュータ 読まれた記事

    波乱の「顧客満足度調査」がランキングを席巻

    日経コンピュータ2018年9月13日号のアクセスランキング

     日経コンピュータの2018年9月13日号で読まれた記事のランキングを集計した。各ITベンダーの顧客満足度を日経コンピュータが調査する「顧客満足度調査 2018-2019」の記事が、トップを含め上位10本中7本を占めた。読まれた記事の上位10本を掲載する。

  • 丸わかり常時SSL

    Webサイト管理者必見、TLS対応の手順

     WebサイトのTLS対応を求められる管理者の中には、具体的にどうしたらいいかわからない人もいるだろう。今回は、WebサイトをTLSに対応させるための手順を紹介する。

  • ニュース

    サイバーリスクの損失額を算出、JCICが簡易計算式を公開

     日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会(JCIC)はサイバー攻撃の損失額を簡単に算出できる計算式を公開した。JCICのWebサイトに公開されているExcelオンライン上に8項目を入力すると、企業のサイバーリスクにおける潜在損失額を算出できる。

  • ニュース

    専用ソフトの導入不要、シマンテックのクラウド型EDR製品

     シマンテックは2018年9月19日、PCやタブレットなどのセキュリティ対策の1つである「EDR(エンドポイント・ディテクション・アンド・レスポンス)」機能を備えた製品群の戦略発表会を開いた。2018年10月からパートナー企業を通して提供を始めるクラウド型のEDR製品「Symantec EDR Cl…

ホワイトペーパー

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る