閉じる

ロボット

  • ニュース

    FAプロダクツと日立システムズ、協働ロボットとIoTで協業

    ロボット化の企画から運用までワンストップで提供、自動化や技能伝承を支援

     FAプロダクツ(本社東京)と日立システムズ(同)は、工場のスマート化の分野で協業する。協働ロボットやIoT(Internet of Things)を活用したサービスを提供し、業務負荷の低減や生産性向上、技能伝承などを支援する。単純作業や繰り返し作業の自動化、作業品質の均一化などを目的として協働ロボ…

  • Sexy Technology

    エッジでのディープラーニング、異色の高速化実現した日本のベンチャー Idein

     ディープラーニング(深層学習)の実行を高速化するアクセラレータの開発が活発になっている。2018年12月には日本のAIベンチャー、Preferred Networks(PFN)がディープラーニングの学習専用のプロセッサ「MN-Core」を開発していることを明らかにしたように、学習の高速化も依然とし…

  • Case Study

    森トラストがテナント向けにロボット活用、虎ノ門でカフェから飲料を自動配送

     不動産開発を手掛ける森トラストは、自社のオフィスビルに米Savioke社製の配送ロボット「Relay」を導入する。コーヒーなどのドリンクを1階のカフェから高層階に自動で届けるなど、テナント入居者向けのサービスとして活用する。主力事業の1つであるオフィスビルにおいてテナントへのサービスを手厚くし、自…

  • Global Watch

    韓国で5G開始、スマートファクトリーに応用も、襲いかかるHuaweiショック

     毎年1月、世界中の家電メーカーやICT企業が米国ラスベガスに集まり、最新技術を展示する「CES」。2019年は基調講演から展示まで、5Gが最も大きなテーマだった。2018年12月1日に世界初の5G基地局を開設しBtoB向け5Gサービスを始めた韓国の通信事業者も「CES 2019」に参加し、5Gだか…

  • AI最前線

    環境乱択化:Domain Randomization

    PFN岡野原氏によるAI解説:第44回

     機械学習に必要なデータを現実世界で収集することはコストや時間がかかるだけでなく、ロボットのような物理的な動きを伴う機械の場合、危険であったり、まれな事象でそもそも集められない場合も多い。そのため、現実世界をシミュレーションした環境上でデータ収集することが期待されてきた。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

エネルギー

もっと見る