閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

ロボット

  • ニュース解説

    誰でも天文学者になれる?仏ベンチャーがデジタル望遠鏡を開発

    自動追尾とソニー製超高感度センサーで東京都心でも16等の星が見える?

     フランスのマルセイユに本拠を置くベンチャー企業ユニステラ(Unistellar)は、ソニー製の超高感度CMOSセンサーを利用した反射望遠鏡「eVscope」を開発した。

  • ニュース i-Construction

    だから開発に失敗する、AI開発会社を悩ます建設業界の甘い認識

     建設業界で空前の盛り上がりを見せるAIの開発だが、決して順風満帆とは言えない。開発の途中でプロジェクトが頓挫したり、想定した結果が得られなかったりする事例が後を絶たない。AI初心者の会社が「現場で使えるAI」を開発するにはどうしたらいいのか。ロボットやAI開発を手がける知能技術(大阪市)の大津良司…

  • ニュース解説

    JTEKT、加工を高度化する最新・基盤技術を新ブランドで体系化

    AIからロボットまで、技術の組み合わせでユーザーへ訴求

     ジェイテクトは、同社の工作機械などに搭載する基盤技術や最新技術を新ブランド「TAKTICA」として体系化した。既に搭載済みの技術から今後の製品に搭載していく技術までを広く網羅する。「これから機械の知能化・スマート化が進み、さらにいろいろなことができるようになる。これまでばらばらに開発してきた技術を…

  • ニュース i-Construction

    土木で“あるある”AI開発の落とし穴、ロボット導入が不可欠な理由

     土木構造物の点検や管理をAI(人工知能)で省力化する技術への期待は大きい。ただし、開発に着手したり、実証実験を実施したりといった段階の技術ばかりで、「現場で使える」AIの開発は一筋縄では行かない。完成までのプロセスで、つまずきやすいのがデータ収集だ。ベンチャー企業のイクシス(川崎市)は、データ収集…

  • ニュース解説

    オークマ、ロボットによる工作機械の自動化を加速

    可搬質量の倍増や対応機種の拡大で現場の要求に応える

     「工作機械にロボットが組み込まれていることに対する驚きの段階から、本気で採用する段階に入ってきている」。オークマは、工作機械向けのロボット技術「ARMROID」「STANDROID」(「ROID」シリーズ)の性能向上と対応する工作機械の機種拡大を図る。代表取締役社長の家城淳氏は、冒頭のように述べて…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

ヘルスケア

もっと見る