閉じる

ロボット

  • ニュース解説

    世界初掲げる土砂搬送ロボ、生産性3倍を可能にした人体の「あの動き」

     新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、竹中工務店、中央大学が土砂の搬送を自動化するロボットの開発を進めている。2種類の筋肉の動きによって収縮と弛緩を繰り返す「腸のぜん動運動」を、人工筋肉とゴムチューブを組み合わせたポンプで機械的に模倣した。流動性の低い土砂の運搬に適用できるぜん動ポンプの…

  • ケーススタディー

    アーム型ロボとRPAが連係プレー 従業員1人分の作業を完全自動化

    りそなホールディングス

     年100万時間分の作業量削減を掲げるりそなHDが新システムを稼働した。アーム型ロボとRPAの連係プレーで、従業員の仕事を完全自動化した。構築費は推定でわずか40万円ほど。たった2カ月でIT投資を回収できた。

  • 2019国際ロボット展(iREX)

    感情的悲観論に囚われるな~識者が語り合う「人+ロボット」の進化

    パネルディスカッション「グローバルコミュニティにおける将来ビジョン」から

    国際ロボット展第2日の12月19日にカンファレンス「ロボット革命・産業IoT国際シンポジウム2019」が開かれた。2部構成になっていたこのカンファレンスの第1部「グローバルコミュニティにおける将来ビジョン」の最後には、パネルディスカッションとして、それまでスピーチを行ったマックス・バジェラチャーリヤ…

  • 2019国際ロボット展(iREX)

    トヨタが考える「人を支援するロボティクス」

    暮らしから製造業へ、そこから暮らしへと“自働化”で知見と技術を循環させる

     「国際ロボット展」の「ロボット革命・産業IoT国際シンポジウム2019」が開かれた。その第一部「グローバルコミュニティにおける将来ビジョン」から、Toyota Research Instituteロボティクス担当副社長のマックス・バジェラチャーリヤ氏が、「人の能力を支援し高めるロボティクスイノベー…

  • CES 2020

    まるで半導体実装工場、無人ピザの価格と味に驚き

    米シアトルの新興企業が開発

    米シアトルに本社を構える新興企業Vivid Robotics(商号:Picnic)は、ピザの生地にソースやチーズ、トッピングといった具材を自動で載せる装置を開発し、「CES 2020」に出展した。ピザ生地を、装置の端からもう一方の端まで自動で移動させつつ、具材を順に載せていく。具材を載せたピザ生地を…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る