閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

ロボット

  • ニュース解説

    日本の競争力は「AAD」対応次第、市況低迷の中でDMG森社長が強気のワケ

    ドイツ開催のEMO2019

     これからの製造業にとって競争力の鍵は、工作機械への積極的な投資にある──。欧州工作機械見本市「EMO2019(通称EMOショー)」(2019年9月16~21日、会場はドイツ・ハノーバー国際見本市会場)で、日欧アジアの工作機械メーカーがこう主張している。この点において、日本の製造業は消極的という課題…

  • ニュース解説

    0402部品を積み上げ、見えない傷を検出 ソニーが「超人級」センシングを披露

     ソニーは、報道などに向けた技術説明会「Sony Technology Day」を開催し、「超える」と題したコーナーで、人間の感覚や能力を超える各種センサーなどについて紹介した。同社 社長兼CEOの吉田憲一郎氏が、同社がこれまでに培ってきたイメージセンサーや伝送の技術を生かせる “場”として期待を見…

  • ニュース解説

    人とロボットは共存できるか、三菱地所の挑戦

     三菱地所はデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の一環で、同社グループが所有・管理する施設で積極的にロボットを活用している。その用途は案内、清掃、運搬、警備など多岐にわたる。そんな同社が出資するロボット開発ベンチャーが、SEQSENSE(シークセンス)だ。

  • 失敗しないPoCの進め方

    ANAに学ぶPoC実践法

    半数以上のサービス化に成功 潜在的な業務課題を見つける

     経済産業省が選ぶ初代「DXグランプリ」に輝いたANAホールディングス。同社は年間20件を超えるPoCを実践し、その半数以上を実サービス化している。その秘訣をANAのデジタル化キーパーソンが伝授する。

  • 2025年のAI、識者に聞く「実力」

    「多機能型の家庭用ロボが登場」、早大尾形教授が語る2025年のAI

    早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部 表現工学科 尾形 哲也 教授

     ロボット分野におけるAIの活用が、研究段階から実証段階に進んできている。特に、産業分野におけるロボットの適用が盛んな日本では、注目すべき分野だ。日本ロボット学会の理事と人工知能学会の理事を務めてきた、早稲田大学 尾形哲也教授に、ロボットにおけるAI活用の現状とこれからを尋ねた。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

エネルギー

もっと見る