閉じる

お知らせ

ロボット

  • ニュース 技術

    ロボットが床に施工図を印刷

    日立プラントサービスが設備位置の墨出し用に開発

     日立プラントサービスは、建築現場における設備位置などの墨出し作業を自走式ロボットで行うシステムを開発した。墨出しは設備設置などの事前作業として、これまで補助者を含めて作業者2人で実施していた。ロボット化で作業者1人でも高精度な墨出しが可能になった。

  • ニュース

    協働ロボの世界市場、2024年には8500億円

    矢野経済研究所、2020年までは自動車・エレ分野がけん引と予測

     矢野経済研究所(本社東京)は、国内外の協働ロボット市場を調査し、セグメント別の動向や参入企業動向、将来展望をまとめた。協働ロボットは研究施設や飲食店など、さまざまな場所で活用され始めており、メーカーの出荷金額をベースとする世界市場規模は、2015年の180億円から2017年には650億円と急速に拡…

  • リアルにするだけじゃない触覚技術

    触覚デザインにイリュージョンは必須、同じ質量でも小さい方を重く感じる

    触覚生成に重要な知覚特性と錯触(後編)

     VR(仮想現実)やロボティクスの分野で、触覚技術の重要性が急速に高まっている。触覚技術によって新しい価値を創り出すためには、ヒトの触覚のメカニズムや特性についての理解が不可欠である。これらの基礎と新技術の展開、さらに触覚技術の応用や可能性について解説する。

  • リアルにするだけじゃない触覚技術

    皮膚に分布するヒトの触覚センサー、指の表面変形を捉える

    触覚生成に重要な知覚特性と錯触(前編)

     VR(仮想現実)やロボティクスの分野で、触覚技術の重要性が急速に高まっている。触覚技術によって新しい価値を創り出すためには、ヒトの触覚のメカニズムや特性についての理解が不可欠である。これらの基礎と新技術の展開、さらに触覚技術の応用や可能性について解説する。

  • リアルにするだけじゃない触覚技術

    視覚や聴覚とはここが違う、複雑な触覚の生理メカニズム

    触覚活用のポイント、メカニズムを理解し効果を明確化(後編)

     VR(仮想現実)やロボティクスの分野で触覚技術が大きな注目を集めている。エンターテインメントや教育分野だけでなく、遠隔操作やシミュレーション、3D(3次元)モデリングのインターフェースなど、製造や医療においても新しい価値を生み、従来は実現できなかった産業の創出も期待される。

  • ニュース

    安川電機、6軸多関節ロボットに防滴仕様

     安川電機は、多用途適用型の垂直多関節ロボット「MOTOMAN-GP」シリーズのラインナップに防滴仕様タイプと食品グリース仕様タイプを追加した。可搬質量が12kgの「同12」と可搬質量が50kgの「同50」、同600kgの「同600」にロボットの耐環境性を高めた防滴仕様タイプを設定。「同12」と同2…

  • ニュース解説

    「精度100%」、AI外観検査ロボで気を吐く町工場ベンチャー

    ロビット、ハードとソフトの両面攻めに強み

     スタートアップ企業ロビット(本社東京)が、高精度・低コストの外観検査システムの開発を進めている。それが、ロボットと人工知能(AI)を組み合わせた自動外観検査システム「TESRAY」だ。照明とカメラを備えたロボットアームがワーク表面を撮影し、細かな欠陥を見つけ出す。

  • ニュース解説

    PFNが8.5cm角の深層学習用巨大IC開発、2020年に実用化へ

    演算性能はグーグルが開発中のICの約1.5倍を実現

     プリファード・ネットワークス(PFN)は、深層学習(Deep Learning)向けの専用SoC(System on Chip)「MN-Core」とそれを実装したアクセラレーターボードを開発し、開催中の半導体関連の展示会「SEMICON Japan 2018」に参考出展した。

  • ニュース解説

    デンソー子会社、自動運転半導体の開発が一歩進む 「CPUフリー」へ

    アームとミップスの混載チップ、リスクファイブも視野

     デンソーの半導体子会社エヌエスアイテクスは2018年12月13日、自動運転用半導体の新技術を投入した試験用のチップと基板を開発したと発表した。自動運転に必要な一部の計算で、低い消費電力と短い計算時間の両立を狙う。チップには新技術に加えて2種類のCPU(中央演算処理装置)を搭載した。CPUの種類によ…

  • ニュース 技術

    ロボットや遠隔管理で生産性3割向上

    鹿島が現場改革に向け、名古屋市内で初弾工事

     鹿島は建築生産プロセスの効率化に向けた目標「鹿島スマート生産ビジョン」を発表し、実現への第1弾となる名古屋市内の現場を2018年11月12日に公開した。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る