閉じる

お知らせ

ロボット

  • リアルにするだけじゃない触覚技術

    ヒトの知覚原理に基づく触覚センサー、適材適所がカギ

    多彩な触覚センサー、適材適所で使いこなす(後編)

     触覚の情報を検出する触覚センサーには、さまざまな方式がある。触覚センサーの活用では、用途に適した方式を選択することが重要だ。万能な触覚センサーの開発は極めて難しく、合理的な取り組みとは言えない。ヒトが「何をどう捉えているか」を理解し、多種多様な方式を適材適所で使いこなすことが求められる。

  • リアルにするだけじゃない触覚技術

    ヒトと触覚センサーは基本的に同一だが、蝕知覚に用いる現象は謎だらけ

    多彩な触覚センサー、適材適所で使いこなす(前編)

     触覚の情報を検出する触覚センサーには、さまざまな方式がある。触覚センサーの活用では、用途に適した方式を選択することが重要だ。万能な触覚センサーの開発は極めて難しく、合理的な取り組みとは言えない。ヒトが「何をどう捉えているか」を理解し、多種多様な方式を適材適所で使いこなすことが求められる。

  • ニュース 技術

    ロボットが床に施工図を印刷

    日立プラントサービスが設備位置の墨出し用に開発

     日立プラントサービスは、建築現場における設備位置などの墨出し作業を自走式ロボットで行うシステムを開発した。墨出しは設備設置などの事前作業として、これまで補助者を含めて作業者2人で実施していた。ロボット化で作業者1人でも高精度な墨出しが可能になった。

  • ニュース

    協働ロボの世界市場、2024年には8500億円

    矢野経済研究所、2020年までは自動車・エレ分野がけん引と予測

     矢野経済研究所(本社東京)は、国内外の協働ロボット市場を調査し、セグメント別の動向や参入企業動向、将来展望をまとめた。協働ロボットは研究施設や飲食店など、さまざまな場所で活用され始めており、メーカーの出荷金額をベースとする世界市場規模は、2015年の180億円から2017年には650億円と急速に拡…

  • リアルにするだけじゃない触覚技術

    触覚デザインにイリュージョンは必須、同じ質量でも小さい方を重く感じる

    触覚生成に重要な知覚特性と錯触(後編)

     VR(仮想現実)やロボティクスの分野で、触覚技術の重要性が急速に高まっている。触覚技術によって新しい価値を創り出すためには、ヒトの触覚のメカニズムや特性についての理解が不可欠である。これらの基礎と新技術の展開、さらに触覚技術の応用や可能性について解説する。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る