閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

ロボット

  • ニュース解説

    オークマ、ロボットによる工作機械の自動化を加速

    可搬質量の倍増や対応機種の拡大で現場の要求に応える

     「工作機械にロボットが組み込まれていることに対する驚きの段階から、本気で採用する段階に入ってきている」。オークマは、工作機械向けのロボット技術「ARMROID」「STANDROID」(「ROID」シリーズ)の性能向上と対応する工作機械の機種拡大を図る。代表取締役社長の家城淳氏は、冒頭のように述べて…

  • ニュース解説

    200kg運べる巨大ドローン出現、空飛ぶクルマの新興企業が開発、米農機大手とタッグ

    ボロコプターが開発

     eVTOL機を手掛けるドイツの新興企業ボロコプター(Volocopter)は、物流や農業、建設、救援分野などに向けた産業用の大型ドローン「VoloDrone」を開発し、2019年10月に試験飛行に成功した。可搬質量(ペイロード)は最大200kgと大きいのが特徴だ。農業機械大手の米ディア・アンド・カ…

  • ニュース 技術

    照明検査ロボで人手も時間も8割減

    鹿島が開発、オフィスの全現場への導入目指す

     鹿島は、照明設備の照度測定・調整を無人でできるロボットを開発した。人が作業するのと比べて、人数と時間をそれぞれ8割削減できる。同社が施工したオフィスビルの現場に導入し、効果を確認した。

  • ニュース

    JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」、リュウグウから離脱へ

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が、ついに地球への帰還に向けたフェーズに入った。2018年6月27日に到着し、その後約1年4カ月の間、調査を続けていた小惑星「リュウグウ」から、2019年11月13日午前10時5分(機上時間、日本標準時)、化学推進系スラスターを噴射し離脱…

  • ニュース解説

    20万円で社員1人分の活躍、りそなHDが導入したアーム型「中継ぎロボ」の実力

     りそなホールディングスは2019年6月から小型ロボットとRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などを組み合わせた新システムを導入し、現場の各種帳票にまつわる入出力作業の省人化に取り組んでいる。

  • Cool Topic

    Intelなどに続きArmもグーグルの「bfloat16」採用、完全自動運転に向けて業界団体も発足

     英Arm社は、2019年10月8~10日(米国サンノゼ)に年次プライベートイベント「Arm TechCon 2019」を開催した。AI技術関連で注目を集めたのが、同社の「bfloat16」への対応である。

  • MPF東京2019

    深絞り+αのプレス技術で加工時間を短縮

    加藤製作所、バルジ加工や穴あけもプレス工程で完結

     加藤製作所(本社岐阜県可児市)は、深絞りにバルジ加工(ハイドロフォーミング)や穴あけ加工などを組み合わせてプレス工程内で完結させる「深絞り+α」の技術を「ものづくりパートナーフォーラム東京2019」(2019年11月7~8日、TEPIAエキシビションホール)で紹介した。量産品の場合、切削などの別工…

  • 日経Robotics バックナンバー

    日経Robotics 2019年12月号

    3次元空間を解釈するディープラーニング技術に革新

     3次元空間を自在に解釈し、想像するディープラーニング技術が登場した。何らかの物体が置いてある部屋などの空間について、任意の地点の座標を指定すると、そこから見える光景をディープニューラルネット(DNN)が正確に“想像”。

  • MPF東京2019

    松田鉄工所、水素ステーション用配管の溶接技術

    機械式継手からの切り替えで省スペース化

     松田鉄工所(本社山口県周南市)は、気密容器や水素ステーション用配管に向けた溶接技術を「ものづくりパートナーフォーラム東京2019」(2019年11月7~8日、東京・青山TEPIAエキシビションホール)で紹介した。リチウムイオン2次電池(LIB)用電解液の充填容器と、高圧配管のサンプルを展示。いずれ…

  • MPF東京2019

    特種東海製紙、機能を持たせた紙を出展、電気での発熱も可

    使いやすくしたセルロースナノファイバーをパネル展示

     特種東海製紙はものづくりパートナーフォーラム東京2019(2019年11月7~8日、東京・青山TEPIAエキシビションホール)に、導電紙や滅菌紙、耐油紙といった機能を持たせた紙を出展した。通常は顧客ごとの対応で開発する場合が多く、その成果は展示できないが、基本技術を表現できるサンプル品を展示した。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

エネルギー

もっと見る