閉じる

住宅

  • 編集長が語る日経コンストラクションの見どころ

    西日本豪雨で甚大な土砂災害、居住規制の議論も必要では

     西日本各地を襲った豪雨災害から1カ月。被害の状況や対策の在り方をつぶさにお伝えすべく、日経コンストラクションでは記者を現地に派遣するとともに、各分野の専門家に取材し、8月13日号で36ページにわたる緊急特集「西日本豪雨の衝撃」をまとめました。

  • ニュース解説:建築・住宅

    せんだいメディアテークで耐火被覆材が剥落

    利用者が軽傷、高さ約5.1mの吹き抜けから落下

     東日本大震災などの地震の影響と、その後の経年劣化によって剥離につながった可能性がある――。仙台市青葉区の「せんだいメディアテーク」内の市民図書館で、耐火被覆材の一部が落下した事故について、市は7月26日、事故原因についてこのような見解を示した。

  • 技術が観光を変える

    安藤忠雄、西沢立衛らの前代未聞の建築と芸術で近代化の負の側面を克服

    ベネッセアートサイト直島(香川県・岡山県)

     瀬戸内の島々を舞台に、多数のアートワークを生んできた「ベネッセアートサイト直島」。アートと一体となって建築が生き、地域に溶け込む。建築家の描いた理想を実現する施工技術が、島の魅力づくりを支えてきた1つだ。

  • 建築単価ウオッチ

    プライスもコストも0.1%上昇、戸建て住宅

    コスト&プライス2018年6月期

     6月期の木造戸建て住宅は、プライスやコストの動向を示す指数が前月比0.1%上昇し、前月の横ばいから再び上昇に転じた。コストについては、基礎の建築費指数が前月比で0.5%上昇と目立って変動している。日経 xTECH(クロステック)有料会員限定のコラム「建築単価ウオッチ」で詳しく解説する。このコラムは…

  • ドボク塾 考える力養成プロジェクト

    品質の鍵は「監督員の会話」

    第9講義(2) 良いコンクリートの造り方(2) / 講師:佐藤 和徳 日本大学工学部研究特命教授

     多くの発注者が勘違いしやすいが、厳しい基準を設けて施工者に履行を迫るだけでは、良いコンクリートはできない。佐藤氏は「受発注者が協働で良い品質を求めようとする現場の雰囲気をつくることが、監督員の重要な仕事」と主張する。丁寧な施工をしてもらうために、国土交通省東北地方整備局で採用した「努力するための仕…

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る