閉じる

住宅

  • ねっとわーく 読者から

    復興収束後のたたき合いに不安

    匿名希望(61、建設会社)

     東北地方の建設会社に勤めている。東日本大震災の復興事業がようやく落ち着いてきたところだ。今後は、これまでのように多くの事業が発注されるわけではない。土木工事が減少して競争が激化し、たたき合いが始まると考えると、地場の建設会社が生き残っていけるか不安だ。

  • バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング

    注目の話題は「悪質セクハラで賞剥奪!」など

    2016年~18年:4月22日~4月28日

     4月22日~4月28日のアクセスランキング1位は、2018年が「悪質セクハラで賞剥奪!米建築家R.マイヤー(前編)」、2017年が「習熟していない建築士に特例を与えるな!」、2016年が「耐力壁が少ない家の壊れ方」でした。本日4月25日から5月1日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読…

  • 建築単価ウオッチ

    コストは上昇したがプライスは横ばい、マンション

    コスト&プライス2019年3月期

     2019年3月期の鉄筋コンクリート造マンションは、コストの動きを示す指数が、前月比で0.1%上昇した。一方、プライスの動きを示す指数は、前月比が横ばいだった。日経 xTECH(クロステック)有料会員限定のコラム「建築単価ウオッチ」で詳しく解説する。このコラムは、一般財団法人建設物価調査会が調査・分…

  • ニュース解説:建築・住宅

    災害復旧後にも備えた家庭用蓄電システムに補助

     環境共創イニシアチブ(SII)は、災害時に活用可能な家庭用蓄電システムの導入を支援する補助金について公募要領を公開した。10kW未満の太陽光発電システムを設置している住宅などが対象だ。

  • ニュース解説:建築・住宅

    2019年建築学会賞に「ETFE×集成材」のランニング場

    日建設計の山梨知彦氏は「桐朋学園大学調布キャンパス1号館」で2度目の受賞

     2019年日本建築学会賞が発表された。作品部門では「新豊洲Brillia ランニング スタジアム」と「桐朋学園大学調布キャンパス1号館」が選ばれ、日建設計の山梨知彦氏は2度目の受賞となった。

  • 編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ

    令和の「令」の字、「秩序」は誤訳か超訳か

     建築関係者が「令和」の「令」の字を見て思い浮かべるのは「建築基準法施行令」など、「規範」や「秩序」という意味ではないでしょうか。海外メディアの多くもそう受け取ったようで、例えばBBC(英国放送協会)は、「order(秩序)and harmony(調和)」と報じました。

  • ニュース クローズアップ

    免震偽装で認定制度見直し

    国交省の有識者委員会が再発防止策を提言

     免震・制振ダンパーの検査データ改ざん問題を受け、国土交通大臣認定制度の見直し案がまとまった。性悪説に立ってメーカーのデータ保存義務を強化。設計者などの立ち合い検査を原則とする。制振構造にも一部適用する。

  • ニュース 時事

    豊洲市場でエレベーター死亡事故が発生

    「ターレ」の運転手が降下した扉に挟まれる

     豊洲市場の水産仲卸売場棟1階の荷物用エレベーターで、4月8日午前0時5分ごろ、運搬車「ターレ」を運転していた50歳の男性がエレベーターに乗り込む際に一時停止をせず、途中まで降下していた扉とターレ座席の背もたれに挟まれた。男性は頭部やあごを強く打ち、現場で蘇生措置を施された。

  • ニュース 時事

    バリアフリー客室の設計標準を見直し

    国交省が追補版を公表、事例集やチェックリストも掲載

     国土交通省は3月29日、建築設計標準の追補版「ホテル又は旅館における高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」を公表した。車椅子使用者用客室などの普及を後押しする。見直しの背景には、2020年東京五輪の開催、訪日外国人旅行者の増加、急速な高齢化の進行などがある。

  • ニュース 時事

    防火窓に木製枠や樹脂製枠を追加

    告示改正で「鉄枠+網入りガラス」以外にも選択肢が広がる

     国土交通省は3月29日、防火窓の仕様を定める告示を改正し、同日に公布・施行した。木製、樹脂製、アルミ製枠の窓を告示仕様として位置付ける。住宅の断熱性能の向上を図るうえで、木製枠や樹脂製枠の窓を使うニーズが高まっていることなどを踏まえた措置だ。

  • ニュース 時事

    ライザップ、住宅事業を高松建設に売却

    高松建設は戸建て住宅に本格参入

     戦略性を欠くM&A(合併・買収)で業績が悪化し、経営再建中のトレーニングジム大手RIZAP(ライザップ)グループは2019年3月29日、子会社のタツミプランニング(横浜市)の戸建て住宅事業とリフォーム事業を、高松建設に約15億円で売却すると発表した。

  • ニュース 技術

    「人工クモの糸」が建築材料に?

    三井住友建設がベンチャー企業のSpiberとタッグ

     三井住友建設は2019年3月25日、「人工クモの糸」の開発で有名なベンチャー企業のSpiber(スパイバー)(山形県鶴岡市)と共同で、建設分野向けの新素材開発に取り組むと発表した。三井住友建設によると、Spiberの独自技術で生産する「構造タンパク質」を建設分野向けの素材に適用する試みは初めてだ

  • ニュース 技術

    「測り忘れ」を撲滅するスマホ型計測機器

    ライカジオシステムズの注目製品がついに日本上陸

     測量・計測機器メーカーのライカジオシステムズ(東京都港区)は2019年3月から、写真を撮るだけで対象物の寸法をミリ単位で測定できるスマートフォン型の計測機器「Leica BLK3D」を日本市場に投入し始めた。

  • 職人危機本気の一手 2 今すぐ始める生産性向上策 アシストスーツで負荷軽減

    合理化に加え魅力向上を(1)

    新技術で離職食い止め、業界イメージアップ
    作業効率がじわりアップ 手軽度 ★★★

     建築の施工現場では、体に負担のかかる作業が少なくない。その支援策として注目を集めるのが、アシストスーツだ。高齢化対策としてだけでなく、若手に対する建設業のイメージアップにもつながる。

  • トピックス

    佐藤淳氏の前例なき構造

    難題呼び寄せる“大工のような構造家”

     「約80m×50mの鉄板屋根の無柱空間」「ケーブルで空中に浮遊する中層ビル」──。構造設計者の佐藤淳氏に舞い込む依頼には、前代未聞のものが少なくない。「安全確実」が前提となる構造の世界で、前例のないプロジェクトに挑み続ける理由を語る。

  • 建築巡礼 昭和モダン編1960年代

    内包された広場

    金沢工業大学本館(1968年)

     金沢工業大学は、金沢市にあった北陸電波学校を前身として1965年に大学として開学。校舎は1960年代の初めに現在の野々市市へと移転していたが、その北側に位置するブロックに敷地を取得して本格的なキャンパスづくりに取り掛かる。その第1期工事として完成したのが、今回取り上げる本館(現1号館)と、現在は建…

  • 新製品 清掃機器

    大きな窓を自動で掃除するロボット

    ウインドウメイト WMシリーズ

     永久磁石を内蔵した2つのユニット(ナビゲーションユニットとクリーニングユニット)で窓ガラスを挟み、磁力でガラス面に貼り付いて自動的に清掃する。窓に本体をセットすると、搭載したセンサーが窓のサイズを測定し清掃をスタート。クリーニングユニットから一定間隔で洗剤を噴射しながら左右にジグザクに進み、洗浄と…

  • 新製品 床材

    無垢材に顔料を重ねて擦り込む加工

    MOMENT(モーメント)

     天然のオーク材の表面に対して、道管に顔料を複数回擦り込み、削り取りながら少しずつ色味を重ねていく独自の技法「チョークドスクラッチ加工」を施した複合フローリング。無垢材のひき板の魅力である木目の味わいがより深く感じられる。価格は税別で2万6670円/m2。

  • 新製品 エクステリア

    塀の安全性高める軽い下地材

    エバーアートボード Sウォール

     芯材にアルミ柱とビーズ法発泡スチロール(EPS)を採用して軽量化を図った。ブロック塀などと比べ、災害時に事故につながる可能性を軽減できる。120mmのブロックを積んだ上に設置し、化粧建材「エバーアートボード」で仕上げる。参考小売価格は税別で5万8962円/m2。

  • 新製品 エクステリア

    アルミ形材でロートアイアン風に

    アルミス

     アルミ押し出し形材の断面をブロック状に組み合わせることで、ロートアイアン風のデザインを実現した。デザインは、ランダムスクエア柄、ダイヤ柄、七宝柄の3種類。色はブラック。参考価格は税別で、「壁付けタイプ」ダイヤ柄の幅400×高さ1560mmが23万6000円。

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る