閉じる

異業種連携

  • スポーツとイノベーション

    25歳でサッカークラブ社長に就任、東大出身Jリーガーの挑戦

    おこしやす京都AC・添田隆司社長に聞く(前編)

     サッカー界に新しい風が吹こうとしている。関西サッカーリーグ1部に所属し、将来のJリーグ入りを目指す「おこしやす京都AC」の新社長に、東京大学サッカー部やJ3藤枝MYFCなどでプレーした添田隆司氏が就任することになった。

  • ニュース解説

    東北大VC、2号ファンドは80億円規模に、東北6県と北海道や新潟も対象へ

     東北大学ベンチャーパートナーズ(THVP、仙台市)は、2018年8月末時点の第1号ファンド(THVP-1号ファンド)の投資実績を明らかにした。東北大学発ベンチャー企業13社に対して総額31.8億円を投資済み。THVPは東北大学の100%子会社で、第1号ファンドは設定後、丸3年が経過した。

  • 応用物理学会から

    農業・水産・食品分野での利用が進む「高電圧・プラズマ」

    応用物理「高電圧・プラズマの農業・水産・食品分野への利用」

     高電場や放電が植物の生育に及ぼす影響は、科学技術が発達する前から経験的に知られており、系統的な研究も18世紀より行われてきた。近年、従来の電気泳動や細胞融合、電気穿孔(せんこう)法などによる品種改良(育種)、農薬の静電散布などの農業関連の技術に加え、植物の発芽や生長の制御、担子菌(きのこなど)での…

  • スポーツIT革命の衝撃

    後ろ姿でもプロ野球の選手名が分かるAI、富士フイルム子会社がAzureで開発

     日本マイクロソフトは2018年11月26日、同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」上で開発したAIを日本野球機構(NPB)が採用したと発表した。NPBが運営するプロ野球向け写真管理サービス「NPB CIC(Contents Images Center)」で利用する。

  • NEWS 技術

    業界初、積算ミスをAIが検知

    過去の類似工事と見比べて計上漏れや不要計上を推定

     富士通は公共工事の積算支援ソフトウエア「FUJITSU 公共ソリューション SuperCALS ESTIMA V6」(以下、ESTIMA)に、人工知能(AI)で積算ミスを自動検知する機能を追加した。過去の積算データで構築した学習モデルに基づき、類似する工事との比較から積算の誤りを検出する。同社によ…

  • ニュース解説

    化粧品業界に流れ込むAI・AR、「ビューティーテック」が美容を変える

    既存データでは差異化できない、「現場ニュアンス」のデータ化で勝負

     ビューティテックに関するシンポジウムが、化粧品や健康食品など美容・健康に関する総合展示会「第17回 ダイエット&ビューティーフェア 2018」(2018年9月10~12日、東京ビッグサイト)の中で「第1回ビューティテック シンポジウム」として、2018年9月12日に開催された。美容に関する購買体験…

  • スポーツとイノベーション

    「プレー経験ゼロ」、元経営者のJFA幹部が描く日本サッカーの未来

    JFA専務理事・須原清貴氏インタビュー(前編)

     人事部長の公募、ライセンスビジネスの積極推進など、近年、日本サッカー協会(JFA)がさまざまな改革に取り組んでいる。その旗振り役の一人が2018年3月に専務理事に就任した須原清貴氏だ。これまで「プロ経営者」としてキンコーズ・ジャパンやドミノ・ピザ ジャパンなどでらつ腕を奮ってきた須原氏は、なぜ新た…

  • ニュース解説

    製品デザインの新潮流、シンクルーシブ・デザインを「超福祉」に見た

    「超福祉展2018」をシンポジウムから読み解く(1)

     「カッコイイ」「カワイイ」「ヤバイ」をキーワードに、優れたプロダクトやデザインの⼒で、障害者や⾼齢者などマイノリティーとマジョリティーとの間にある“意識のバリア”を乗り越え、福祉のあり⽅を変える・・・。2020年の東京パラリンピックの開催を契機に社会の変⾰を目指す「超福祉展(正式名称:「2020年…

  • ニュース解説

    美容業界にARの波、対面販売だからこそデジタルミラーを採用

    「SUQQU」基礎化粧品の販売をパワーアップ

     ユーザーの顔や体を映すだけでなく、様々な情報を提供する「デジタルミラー」の利用が、じわじわと広がりつつある。中でも、店舗などで元々置いていた鏡をデジタルミラーに置き換え、顧客に向けた情報伝達に利用する用途に期待が集まっている。

  • スポーツIT革命の衝撃

    スポーツ後の疲労緩和、オムロン ヘルスケアが低周波治療器

    オムロン ヘルスケアは、スポーツ後の筋肉の疲労や筋肉痛を緩和する低周波治療器「HV-F601T」を2018年11月20日に発売した。健康のためにスポーツに取り組む人が増えており、翌日に疲労を残したくないビジネスパーソンなどの需要を見込む。発売後1年間で6000台の販売を目指す。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る