閉じる

異業種連携

  • スポーツとイノベーション

    卓球で沖縄変える、沖縄から卓球変える Tリーグ琉球の挑戦

    琉球アスティーダ 代表取締役 早川周作氏インタビュー(前編)

    近年目覚ましい躍進を遂げている日本卓球界。これまで以上の競技の発展、そして2020年東京オリンピックでの世界一の奪還を目標に、2018年10月24日、日本初のプロ卓球リーグ「Tリーグ」が開幕した。初年度にTリーグに参加するのは男女各4チーム。その多くが大企業からの支援を受けるチーム、あるいは大都市に…

  • ニュース解説

    ビルの窓を基地局に、ドコモとAGCがスモールセル構築で提携

     NTTドコモとAGCは、窓に貼り付けられるガラスアンテナを共同開発した。両社はこの技術を活用した基地局の商用サービスを、2019年度第1四半期(4~6月期)に東京都内で開始する計画。その後、全国展開を目指し、携帯電話のサービスエリア拡充を図る。

  • 次世代福祉、コストから経済への転換

    超福祉展は「実験場」、富士通流アジャイル開発

    「超福祉展2018」 インクルーシブ・デザインの現場(3)

     東京パラリンピックの開催を契機に社会の変革を目指す「超福祉展(正式名称「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」:2018年11月7日(水)~13日(火)渋谷ヒカリエ他)が始まった。「カッコイイ」「カワイイ」「ヤバイ」をキーワードに、優れたプロダクトやデザインのちからで、障害者や高齢者などマ…

  • NEWS 技術

     「橋梁デジタルツイン」で変位解析

    約5億の自由度を持つ3Dモデルで健全度を見抜く

     阪神高速道路会社と東芝は、実在する橋梁をコンピューター上に再現し、車両荷重が橋全体に及ぼす影響度を評価する長大規模解析技術を共同で開発した。構造解析技術とセンサーデータを組み合わせて、実際の荷重による影響を把握し、橋梁の保守業務を効率化する狙いだ。

  • NEWS 時事・プロジェクト

    危機感どう伝える? 情報発信見直しへメディア企業と連携

     国土交通省は、西日本豪雨で行政が発信した災害情報が必ずしも住民の避難に結びつかなかったことを踏まえ、放送局や携帯会社、SNS(交流サイト)会社といったメディア企業と連携して危機感が伝わる情報提供について検討を始めた。メディアの関係者が一堂に会する場を設け、意見交換を通じて対応策をまとめる考えだ。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る