閉じる

お知らせ

生産革新

  • 「よく分かる」海洋マイクロプラスチック問題

    ストロー廃止で問題が解決するのか

    [第1回]

     最近の新聞、テレビ番組ではマイクロプラスチックに関連するニュースがひんぱんに報じられている。その発端の1つは、ウミガメの鼻にプラスチックストローが刺さった映像がSNSやネットで拡散されたことであろう。プラスチックごみが海洋生物を害すると危惧する視点からの情報であったようだ。しかし、この視点はマイク…

  • ニュース解説

    リチウムイオン電池の新型3輪EVで狙う巨大市場インド、“日の丸ベンチャー”の挑戦

    テラモーターズ(東京・渋谷)

     2輪や3輪の電気自動車(EV)を手がけるテラモーターズ(東京・渋谷)は、主力市場のインドで車両ラインアップを増やす。1充電あたりの航続距離を従来モデルから10~20%伸ばした新型の3輪EVを開発し、2019年にも試作車を公開する。2020年以降にインド市場に投入し、ゆくゆくはアフリカ市場に供給を広…

  • ニュース解説

    “からくりロボ”で安価に現場改善、アクチュエーター1つで片腕を制御

    カルソニックカンセイが「ロボがっちゃん」で生産性向上

     カルソニックカンセイ(本社さいたま市)は、生産ラインでワークの投入・排出を担うからくり「ロボがっちゃん」を「からくり改善くふう展」(2018年10月25〜26日、主催:日本プラントメンテナンス協会)で披露した。

  • 工場力強化の達人 古谷賢一の強い工場の育て方

    品質データ偽装が発覚! 人を叱責する工場の末路

    第49回 トラブルを憎んで個人を憎まず

     「何やってるんだ! もっと気を付けないとダメじゃないか」。作業ミスを叱責する声が響く生産現場がある。日々、多忙な中で操業をしている工場では、さまざまなトラブルが発生する。問題が発生すれば当然、工場の関係者は対策に乗り出す。だが、トラブルを発生させた人を叱責し、ペナルティーを与えて、その人の責任を追…

  • ニュース

    HOYA、予知保全システムの構築サービス

    センサーの選定からモニタリングシステムの開発まで一括支援

     HOYAデジタルソリューションズ(本社東京)は、設備機器メーカーに向けて予知保全システムの構築サービスを提供する。適用技術の選定から人工知能(AI)による予知精度の向上、モニタリングシステムの開発まで、予知保全を一括して支援する。

  • ニュース解説

    リードタイム1/6、生産効率3倍に、安川電機の次世代スマートファクトリー

    ロボット30台、サーボモーター1000台、AGV18台にAIも駆使

     安川電機は、工場IoT(Internet of Things)を駆使したスマート工場「安川ソリューションファクトリ」(埼玉県入間市)を報道陣に公開した。IoTによる見える化・データ利用に加えて、人工知能(AI)やロボット、自動搬送機(AGV)などを活用し、自動化・省力化を追求。従来工場に比べて生産…

  • ニュース

    高速領域でのクレーター摩耗を抑制

    三菱マテリアル、ラジアスカッター「WJX」シリーズの刃先交換チップにCVDコーティング材種を追加設定

     三菱マテリアルは刃先交換式ラジアスカッター「WJX」シリーズの刃先交換チップに、鋼・ステンレス鋼の転削加工向けCVD(化学蒸着)コーティング超硬材種「MC7020」を設定した。高速領域で発生するクレーター摩耗を抑えるため、高能率加工でも安定して加工できるという。

  • ニュース

    微粒バインダーでクラックの進展を抑制

    三菱マテリアル、高硬度鋼旋削用のcBN材種シリーズ

     三菱マテリアルは、高硬度鋼の旋削加工に向く立方晶窒化ホウ素(cBN)材種「MB8100」シリーズの販売を開始した。従来のバインダーに比べて粒子が小さい「超微粒バインダー」を採用。突発的な欠損を防ぐとともに、安定した切削を可能にした。

  • 快進撃ダイキンが世界で勝てる理由

    AI人材には人間性が必要、ダイキン井上会長

    ダイキン工業 取締役会長 兼 グローバルグループ代表執行役員 井上 礼之 氏 (下)

     ダイキン工業は社内に「大学」を作り、AIやIoTを使いこなせる人材を育成し始めた。井上礼之会長はあらゆる現場に、AIやIoTが分かり、ビジネスや外部との架け橋になる「ブリッジパーソン」を置きたいと語る。

  • ニュース

    スマホを搭載してICタグを読み取るリーダー/ライター

    東北システムズ・サポート、既存の端末を活用できるセパレート型

     東北システムズ・サポート(本社仙台市)は、スマートフォンやノート形パソコンと通信しながらRFタグ(ICタグ)を読み取るセパレート型UHF帯RFIDリーダー/ライター「DOTR」シリーズの新機種として、本体上部にモバイル端末を搭載できる「同3000」シリーズを発売した。AndroidやiOS、Win…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る