閉じる

生産革新

  • ニュース

    製造実行システムが医療機器生産に役立つ理由

    シーメンスPLMソフトウェア、2014年買収の「CAMSTAR」をメーカーへ供給

     「MES(製造実行システム)を導入する欧米の医療機器メーカーが増えている」。米Siemens PLM Software社Medical Device & Pharmaceuticals産業担当DirectorのJames Zb. Thompson氏は2018年7月、同社が東京都内で開催したイベント…

  • ニュース解説

    GE、ホンダの航空機エンジン事業の金属3Dプリンター活用を支援

     GEアディティブは2018年7月17日、本田技術研究所の航空機エンジンR&Dセンターと、金属3Dプリンターの導入・活用などに関するコンサルティング・サービス「AddWorks」を提供する契約を締結したと発表した。AddWorksの提供は日本国内で初めてとなる。

  • ニュース

    アマダHD、米国ノースカロライナ州にベンディングマシン新工場

    北米東部地域で製品供給力を強化

     アマダホールディングス(HD)は、米国のノースカロライナ州にベンディングマシンの工場と技術サービス拠点「テクニカルセンター」を新設する。新工場は2020年1月から、テクニカルセンターは同年4月から、それぞれ稼働する予定だ。

  • ニュース

    日立ハイテク、タイでシェア工場事業を本格展開

    現地工業団地開発大手と合弁、IoT技術を導入し“日本品質”を実現

     日立ハイテクノロジーズ(以下、日立ハイテク)の100%子会社である日立ハイテクノロジーズシンガポール〔Hitachi High-Technologies(Singapore)、以下HTS〕は、タイの工業団地開発最大手のアマタコーポレーション(Amata Corporation、以下アマタ)と合弁会…

  • ものづくり基礎から徹底コラム編

    赤さびと黒さび、どっちが悪くてどっちが良いか?

    第58回 易しく材料を学ぶコツ6

     化学的性質の代表例に「さび」があります。街中でも看板や放置自転車がさびているのをよく目にします。さびによる社会的損失は数兆円と報じた記事もあります。しかし、金属がさびることは至って自然であり、本来の姿です。例えば、鉄の原材料である鉄鉱石は安定した酸化物として自然界に存在しています。この鉄鉱石から無…

  • 世界が驚く日本の微細加工技術

    0.02mmのワイヤーと0.03mmのエンドミルで金型内製

    日本の微細加工サプライヤー(20)hakkai株式会社[第57回]

     hakkaiは、新潟県南魚沼市に本社・工場を置く樹脂成形のサプライヤーです。超小型・精密な樹脂成形を得意とし、その樹脂成形に用いられる金型も社内で内製します。同社の代表的なサンプルワークである“樹脂の雪の結晶”の金型は、0.02mmのワイヤーを用いた放電加工と、0.03mmのエンドミルによる直彫り…

  • ニュース

    VWの新型SUV「T-Cross」、スペインのNavarra工場で生産へ

     ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)は2018年7月12日、スペインのNavarra工場で新しい小型SUV「T-Cross」を生産すると発表した。同工場では1987年から「Polo」を生産しており、初めて2番目のモデルが投入されることになる。T-CrossはPoloと「MQBプラット…

  • ニュース

    ARで保守メンテナンスの作業効率を向上

    明電舎・明電エンジニアリング、PTCのAR技術を採用

     明電舎と同社の100%子会社である明電エンジニアリング(本社東京)は、明電エジニアリングが請け負う保守メンテナンスにAR(拡張現実)を導入する。PTCジャパン(本社東京)のAR技術を用いる。ARの活用により、保守作業の効率化や確実性の確保、ノウハウの継承を目指す。

  • ニュース

    緊急インシデントを現場作業者のモバイル端末に通知

    シーイーシー、設備・機器のダウンタイム短縮と迅速な復旧を支援するシステム

     シーイーシーは、スマートウォッチやモバイル端末に対応する工場向け作業支援システム「SmartFollow」(スマートフォロー)の提供を開始した。工作機械やロボット、PLC(Programmable Logic Controller) など工場内にある設備・機器の稼働情報と、モバイル端末・ウエラブル…

  • ニュース

    三菱重工航空エンジン、品質予測モデルでAIを活用

    SASのIoTデータ・アナリティクス・プラットフォームを導入

    三菱重工航空エンジン(本社愛知県小牧市)は、SAS Institute Japan(本社東京、以下SAS)のAI(人工知能)技術を活用したIoT(Internet of Things)データ・アナリティクス・プラットフォームを導入した。2018年7月10日、SASが発表した。

  • ニュース

    工場設備の非稼働要因を見える化

    村田製作所、20以上の拠点で利用するソフトをソリューション化し外販

     村田製作所は、工場設備の稼働データを収集して非稼動要因を見える化するソリューション「m-FLIP」(Murata Factory Line Integration Platform)を2018年9月1日から提供する。チョコ停や段取り、点検、故障、休憩など設備停止の理由を見える化。改善できる粒度まで…

  • ニュース解説

    生産能力を3倍に、エプソンのプリントヘッド部品の新工場

     セイコーエプソンは2018年7月9日、同社広丘事業所で新工場の竣工式を開いた。新工場では、インクジェットプリンターのプリントヘッドを構成するコアモジュールを開発・製造する。投資金額は約255億円。今後、生産設備を設置するなどして2019年3月までに稼働を開始する予定だ。

  • トヨタに迫れ!検図の極意

    ポンチ絵が描けない設計者に未来はない

    第25回 図面の基本に立ち戻る

    前回(第24回)からの続きでもありますが、図面を描く時間を皆さんはどのように設定していますか。これまでのコラムでも説明した通り、図面を描くにはさまざまな情報が必要です。設計書やDRBFM(FMEA)、技術基準など、全ての情報を頭に叩き込まなければなりません。

  • 2018年7月列島縦断豪雨

    「2日分」の部品は確保、三菱ふそうが操業再開

    3日目以降に不安は残る

    ついに部品が届いた――。西日本を中心に大きな被害をもたらした列島縦断豪雨の影響によって二つの工場で操業を止めていた三菱ふそうトラック・バスは、2018年7月11日の朝から操業を再開した。

  • ニュース

    キヤノン、スマート工場実現へ画像技術とSCADAを連携

    英アヴィバと協業しソリューションを提供

     キヤノンは、FA(Factory Automation)分野で英アヴィバ(AVIVA Group)と協業する。ネットワークカメラや画像処理技術といったキヤノンのイメージング技術とアヴィバのSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)システムを連携さ…

  • ニュース

    ギークプラス、SLAM方式で自律走行する自動搬送ロボット

    アパレル通販代行のアッカ・インターナショナルに納入

     物流ロボットの製造・販売を手がけるギークプラス(本社千葉県印西市)は、自動搬送ロボット「EVE」シリーズの新製品として、人との共存が可能な「同 SLAM型」を発売した。ロボットが周囲の状況を確認して最適なルートを算出しながら走行するSLAM(Simultaneous Localization an…

  • ニュース

    アマダ、北陸に初の技術提案拠点

    金属部品工場が集積、地域に密着し生産性向上を支援

     アマダ(本社神奈川県伊勢原市)は金沢市に、板金加工技術を提案する拠点「北陸サテライトセンター」を開設した。同社が北陸地方にサテライトセンターを設置するのは初めて。これまでより「迅速かつきめ細かな提案とサポートが可能になる」という。

  • ニュース解説

    「壊れないタイヤの実現へ」、ミシュランが日本で目指すこと

    東中 一之(日本ミシュランタイヤ取締役副社長兼研究開発本部本部長)

    群馬県太田市。SUBARU(スバル)が主力工場を構えるこの街に、タイヤ世界大手のフランス・ミシュラン(Michelin)もまた、日本での研究開発拠点を置いている。騒音や冬用タイヤの研究開発をリードし、世界に技術を発信する重要拠点だ。日本人として初めて同拠点のトップに就任した副社長の東中一之氏は、「壊…

  • ニュース

    日立、原子炉用安全保護系コントローラーの開発にCadenceの形式検証を活用

     米Cadence Design Systems社の発表によると、日立製作所が(以下日立)、英国向け改良型沸騰水型原子炉用安全保護系コントローラー「νCOSS S-zero(ニューコス エスゼロ)」の開発において、Cadenceのフォーマル検証ツール「JasperGoldプラットフォーム」を活用した…

  • 世界が驚く日本の微細加工技術

    精密ミニチュアで高精度加工技術を分かりやすく訴求

    日本の微細加工サプライヤー(19)株式会社キャステム[第56回]

     キャステムは広島県福山市に本社工場を置き、ロストワックス精密鋳造とメタルインジェクション(MIM)による精密金属部品メーカーです。工作機器や産業用自動機、半導体関連、医療機器などあらゆる産業の金属部品を製造する一方、ミニチュア工具セット名刺入れなどのミニチュアも製作しています。ハサミやノギスなどの…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る