閉じる

パワーエレクトロニクス

  • パワーデバイスを安心・安全に使う勘所

    インタフェース伝送の基礎を理解しよう!

    半導体テスト技術者検定2級問題[応用と品質5]

     今回はパワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)が主催する「半導体テスト技術者検定2級」の「応用と品質」分野の問題を紹介する。(本コラムの詳細はこちら、PDEAについてはこちら、半導体テスト技術者検定の教科書についてはこちら、検定の問題集についてはこちら)。

  • 新車レポート:ホンダ「クラリティPHEV」

    ホンダのクラリティPHEV、日米価格差200万円の謎

     ホンダが日本で発売したプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」。販売価格は約588万円(税込み)で、米国で販売する車両に比べて200万円近く高い価格に設定した。地域によって価格を変えるのは普通だが、日本の消費者から見ると納得しにくい大きな差である。北米では、利益を高めるよりも販売台数を重視し…

  • パワーデバイスを安心・安全に使う勘所

    「自己発振試験」って何なの?

    半導体テスト技術者検定問題【問題22】

     今回は1年ぶりにパワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)が主催する「半導体テスト技術者検定」3級の過去問題を紹介する。今回紹介するのは、自己発振試験に関する問題である。自己発振試験はPLL(Phase Locked Loop、位相同期回路)などの自己発振機能を持つデバイスに対してAC特性を試…

  • ニュース解説

    「世界初」の空飛ぶスポーツカー 予想外の価格に驚き

    サムソンスカイが「EAA AirVenture Oshkosh」に出展

     米Samson Sky(サムソンスカイ)は、地上走行と飛行が可能なモビリティー「Switchblade」を、2018年7月23~29日(米国ウィスコン州オシュコシュ、現地時間)まで開催される世界最大級の航空機ショー「EAA AirVenture Oshkosh」に出展した。地上走行時の時速が最大2…

  • ニュース解説

    空飛ぶクルマはいくらで買える?世界最大級の航空ショーで明らかに

    テラフュージアが「EAA AirVenture Oshkosh」で発表

     路上を走行するだけでなく、空中も移動できる「空飛ぶクルマ」の製品化がいよいよ見えてきた。米国の新興企業Terrafugia(テレフュージア)は、2018年7月23〜29日(米国ウィスコン州オシュコシュ、現地時間)まで開催される世界最大級の航空機ショー「EAA AirVenture Oshkosh」…

  • ニュース解説

    攻める日本電産、ロボット主力部品・減速機の生産能力を40倍に

    株主総会から

     「減速機はロボットのキーパーツ。ロボット市場が拡大するのに合わせて、減速機市場は今後大きくのびていく。ロボット向け減速機には旺盛な需要があり、既に需給がひっ迫している。現在、生産能力を急ピッチで増強しており、従来の約40倍にする」――。日本電産会長 兼 最高経営責任者(CEO)の永守重信氏は、20…

  • ニュース解説

    フォルクスワーゲンが2025年までに全固体電池を実用化へ

    米企業に110億円出資

    ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン:VW)は、米QuantumScape(クアンタムスケープ)と提携し、QuantumScapeが開発中の全固体電池を2025年までに実用化することを目指すと発表した。

  • ニュース解説

    「今はホワイト企業の代表」、日本電産株主総会で「永守節」全開

     日本電産は2018年6月20日、京都市で第45期定時株主総会を開催した。同社の創業者である永守重信氏が登壇し、今後の事業計画などを解説。同日に、取締役会での決議を経て、吉本浩之氏が代表取締役社長 兼 最高執行責任者(COO)に就任。この結果、永守氏は社長から退き、会長 兼 最高経営責任者(CEO)…

  • パワーデバイスを安心・安全に使う勘所

    究極のIoT時代がやって来る

    パワーデバイスの未来を描く思考回路III #5

     究極のIoTは、政府機関や地方自治体における行政サービスとして利活用するのが、最もふさわしいのではないでしょうか。ある北欧の小国が、行政サービスのほとんどをインターネット上で提供するようになったと聞きました。

  • PCIM Europe 2018

    「日立陣営vs三菱陣営」、産業用パワーモジュールの勢力図に変化

    三菱陣営にCreeと富士電機が加わる

     産業機器や鉄道、再生可能エネルギーなどに向けた産業用高出力パワーモジュールの新世代品を舞台に、パワーデバイスの大手企業が激しい主導権争いを繰り広げている。パッケージの種類によって、陣営は大きく2つに分かれる。ドイツInfineon Technologiesと三菱電機を中心としたグループと、スイスA…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

もっと見る