閉じる

新車レポート

  • マツダ「アテンザ」

    新型アテンザ、低重心を強く打ち出すデザインに

     マツダが大幅改良して2018年6月に発売するセダン/ステーションワゴン「アテンザ」。外観は、フロントとリアに限定しての改良にとどまったが、躍動感を表現した従来車に対して、セダン/ワゴンらしい低重心を強く打ち出すデザインに大きく生まれ変わっている。それを可能としたのが、前後方向の軸を感じさせるデザイ…

  • マツダ「アテンザ」

    新型アテンザ、2012年以来で最大の商品改良

     マツダは、大幅に改良したセダン/ステーションワゴン「アテンザ」を2018年6月に発売する。旗艦モデルとしてデザインや質感、乗り心地、静粛性にこだわって開発した。外観は、フロントとリアに限定しての改良だが、躍動感を表現した従来車に対して、セダン/ワゴンらしい低重心を強く打ち出すデザインに大きく生まれ…

  • 御堀直嗣の注目新車インプレッション

    ジャガー小型SUV「E-PACE」、ステアは俊敏だがアクセル応答は遅め

     英国JaguarのコンパクトSUVが、E-PACEである。先に発売されたF-PACEに次ぐ小型のSUVであり、日本の道路事情によりあった大きさになる。とはいえ、車体全幅は1.9mに達する。路地などでのすれ違いや、駐車場では、幅が気になるところだ。

  • マツダ「CX-3」

    新開発の1.8Lディーゼルエンジン、NOx低減と燃費向上を両立

    ピエゾインジェクターを採用

     マツダは小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「CX-3」の部分改良車に、新開発のディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」を搭載した。排気量を従来の1.5Lから1.8Lに増やすことで、高負荷領域で発生する窒素酸化物(NOx)の排出量を低減しつつ、燃費を向上させた。

  • ニュース解説

    アウディ、次期EVに異例の誘導モーター 中国リスク回避

    2025年にEV・PHEV販売で合計80万台目標

     アウディ(Audi)は、2018年内に量産するEVの駆動モーターに、永久磁石を使わない新開発の誘導モーターを採用する。EVやHEVでは、小さく高トルクにしやすい永久磁石式モーターを使うのが一般的で、誘導モーターの採用は珍しい。中国に偏る磁石材料の調達リスクを避けた。走行中にモーターを停止するときの…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る