閉じる

新車レポート

  • 上海モーターショー2019

    AセグEVで「世界最長の航続距離」、北京汽車の「EX3」

    “安売りブランド”脱却に向けた一手

     中国・北京汽車(BAIC)傘下の電気自動車(EV)ブランドである北汽新能源汽車(BJEV)は、小型の新型EV「EX3」を発売した。A0セグメント車でありながら、500kmを超える航続距離を確保したのが特徴である。電動車両への補助金を差し引いた価格は、12万3900元(1元=17円換算で約211万円…

  • ニュース解説

    アウディ、小型スポーツ車「TT」を部分改良

    エントリーモデルの動力性能を高める

    ドイツ・アウディ(Audi)の日本法人であるアウディジャパンは2019年4月24日、小型スポーツ車「Audi TT」の部分改良車を日本で発売すると発表した。

  • 上海モーターショー2019

    レベル4自動運転の「Audi AI:ME」は都市交通向けEV

     自動運転が普及した未来には、クルマのラインアップはセグメントごとではなく用途ごとの製品になると、同社は考える。2017年から同社が発表したコンセプトカーは、「AIcon」がレベル5の自動運転機能を搭載した長距離ドライブを主用途とし、「PB18 e-tron」はサーキットで思い切りレース走行を楽しむ…

  • 上海モーターショー2019

    ゴーン氏“肝いり”のEV、2019年内に中国で量産へ

    Renaultの「City K-ZE」

     カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)氏の肝いりで開発を進めてきた電気自動車(EV)が量産体制に入った。フランス・ルノー(Renault)が2019年内に中国で量産を開始する小型EV「City K-ZE」だ。

  • 上海モーターショー2019

    Audi、2車種目の量産EVは最小SUV「Q2」に

    中国専用車として2019年夏に供給開始へ

     ドイツ・アウディ(Audi)は、電気自動車(EV)の量産車として第2弾となる「Q2 L e-tron」を発表した。中国専用車で、現地生産して2019年夏に一部顧客に納入を始める。「上海モーターショー2019(Auto Shanghai 2019)」(開催期間:2019年4月16~25日)で車両を披…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

もっと見る