閉じる

新産業

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    パナソニック、スタジアムのエンタメ化に学ぶ「コトづくりの肝」

    いよいよ今日、サッカー日本代表が「2018FIFAワールドカップ ロシア」で初戦のコロンビア戦を迎える。今回は本番直前の監督交代もあり、戦前の評価は高くないが、さすがに4年に1度のW杯だけあって注目度は高い。

  • ニュース

    とがった物でもなんでもつかめる膜袋型ロボットハンド

     東北大学らの研究グループは、とがった物体や複雑形状物、脆弱物体など多様な物体をつかむことができるロボットハンドを開発した。ハンドの袋の素材に柔軟な防刃生地を使用することで耐切創性・耐久性・柔軟性を兼ね備え、つかむ対象だけでなくハンド自身も傷つけずに作業を行うことができるという。内閣府総合科学技術・…

  • 研究員の眼

    だからヒットは生まれない

    地方発の商品開発が陥る作り手目線の罠

     地方発の商品開発の事例が最近増えている。東京のコンビニチェーンであるナチュラルローソンで発売された「美活の出雲ハーブクッキー」。島根県出雲地方で古くから薬草として知られるアカメガシワやハトムギなどを練り込んで、美容健康意識の高い都市部の働く女性に向けた商品になっている。2016年9月に発売した「食…

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    データ駆使してケガ減らす、サッカーで証明「GPSデバイス」の価値

     世界レベルのサッカー選手が一堂に会する、4年に1度のスポーツの祭典「FIFAワールドカップ(W杯)」。その舞台裏ではいまや、選手やボールを追跡して動きをデータ化するトラッキングシステムなどさまざまな先進テクノロジーが導入され、チームの強化や選手のスキルアップなどに活用され始めている。

  • Emerging Tech

    超高出力モーターで垂直離陸、「空の電動化」をウーバーが主導

    「2018 Elevate Summit」から見えた5年後の商用サービス技術

     電動の垂直離着陸(VTOL)機による「空のライドシェア」。米Uber Technologiesが、米運輸長官など行政当局や欧米の大手航空機メーカーを巻き込み、実用化に向けた動きを加速させている。関係者を一堂に集めたUber主催のイベントでは、超高出力モーターや離着陸用建物など電動航空機技術が競演し…

  • インタビュー

    スキャンダルと無縁のVTuberが企業の新たな“広告塔”になる

    自らもVTuberとして活動するエクシヴィ代表取締役社長の近藤“GOROman”義仁氏が語る

    急成長を続ける「バーチャルYouTuber(VTuber)」。その人数は半年間で3000人を超え、日本の観光大使にも任命されるなど、活躍の場を広げている。自らVTuberとして活動し、VTuber配信ツールを手掛け、最初期からアドバイザーとしてもVTuberに携わるエクシヴィ 代表取締役社長の近藤“…

  • 宇宙ビジネス 日本の逆襲

    宇宙を誰もが参加できる場に、ビジネス「民主化」で反転攻勢に転じる日本

     「国と国とが競い合う『国家プロジェクト』だった宇宙産業は、今や民間が参入するビジネス領域のフロンティアとなった。今後5年間で、官民合わせて1000億円規模のリスクマネーを宇宙ビジネスに投入する」――。政府は国を挙げて、日本の宇宙産業の“民主化”に乗り出した。冒頭は2018年3月20日に内閣府が開催…

  • ニュース

    東大IPC、3Dプリンター義足などを手掛けるプレベンチャーなど3社に資金提供

     東京大学が全額出資するベンチャー事業支援会社東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC、東京・文京)は6月11日に「第2回東大IPC起業支援プログラム」による支援先プレベンチャー3社を公表した。

  • デジタルヘルス事例

    AIで創薬の大幅な生産性向上へ、エクサウィザーズ

    多くの期間と費用を要するリード化合物の探索と最適化を支援

    エクサウィザーズは、創薬の大幅な生産性向上を目指したAI技術を開発した。化合物活性予測・可視化・化合物生成を網羅した技術である。製薬企業において多くの期間と費用を要しているリード化合物の探索と最適化を支援する。デジタルヘルス領域では、「AI×介護」「AI×人事」などに関する取り組みを進めてきた同社と…

  • インタビュー

    お笑いの吉本で学んだ“ツカミ”、介護に生かす

    石田竜生氏 日本介護エンターテイメント協会 代表

    漫才やコント、落語。日本の“お笑い”文化は、もはや伝統文化といえるだろう。そんな“笑い”を、リハビリテーションなどを通じて高齢者に届ける――。こうした取り組みを進めているのが、日本介護エンターテイメント協会 代表の石田竜生氏だ。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る