閉じる

ものづくり

  • CEATEC JAPAN 2018

    PFU、ホチキス針を抜く全自動スキャナーと会議室の空気読むセンサーを出展

     PFUは、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、幕張メッセ)に、ホチキス針(ステープル)の自動除去機構を備えた大型の全自動スキャナーと、会議室の状況を把握し活用率を高めるためのスマートセンサーを出展する。いずれも開発品で、今回が初めての公開になるとする。

  • ニュース解説

    食材の栄養とおいしさを保ったまま、短時間で大量に調理

     エースシステム(大阪府和泉市)と大阪府立大学は、過熱水蒸気の持つ凝縮熱を利用した新しい調理システムによるデモンストレーションを、大量調理向けの食の専門展示会「フードシステムソリューション2018」(2018年9月26~28日、東京ビッグサイト)で披露した。大阪府立大の学生が、学校給食や病院給食を想…

  • ものづくり基礎から徹底コラム編

    ユニークな銅の性質、強度よりも導電性と熱伝導性を生かす

    第64回 易しく材料を学ぶコツ12

     前回は非鉄金属の代表選手としてアルミニウム合金材料を紹介しました。今回は銅材料を見てみましょう。銅がユニークなのは、工業製品だけではなく工芸品にも多く使われている点です。金属材料の中で金以外では唯一、黄金色の材料です。この特徴を生かして、神社仏閣でもよく目にします。これらは雨風にさらされる過酷な環…

  • 齊田興哉の宇宙ビジネス通信

    ANAとJAXA、「瞬間移動手段」開発で連携

    2018年9月1日~2018年9月30日

     2018年9月の宇宙ビジネス通信をお届けします。9月も国内外で新しい取り組みが見られました。日本の宇宙ベンチャー、ispaceの月ミッションに向けた米SpaceXとの契約の話題や、米アストロボティック(Astrobotic)のCubeRoverやRIS4Eに関する話題などもありましたが、ここでは以…

  • クルマのプロが徹底調査、間違いだらけの自動車予測

    EVが今後の主流になる? 技術的な根拠を示せ

    序章 自動車のプロが感じた疑問---元トヨタ技術者の藤村俊夫氏が分析

     世の中の予測は間違いだらけ──。100年、いや130年に1度の変革期を迎えたと言われる自動車業界。自動車業界の将来予測は花盛りだ。ところが、「なぜそう予測できるのか、根拠が薄いものが実に多い」と指摘するのが、元トヨタ自動車の技術者で愛知工業大学工学部客員教授の藤村俊夫氏である。自動車を知り尽くす同…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る