閉じる

ものづくり

  • ニュース解説

    クルマ技術を結集、Boschが狙う電動アシスト自転車「1000万台」市場

    ドイツ・ボッシュ(Bosch)が電動アシスト自転車「eバイク」の領域で躍進している。クルマや電動工具で培った技術を結集し、モーターや電池などで構成する駆動モジュールを開発。2011年ごろから自転車メーカーに供給を始め、現在では4社が採用する。2018年春には各社を通じて日本市場に進出し、ヤマハ発動機…

  • ものづくり基礎から徹底コラム編

    使い勝手の抜群な炭素鋼、SPC材とSS材をサクッと理解

    第60回 易しく材料を学ぶコツ8

     鉄鋼材料は大きく[1]炭素鋼と[2]合金鋼、[3]鋳鉄の3つに分かれます。炭素鋼は最も一般的な汎用材で、安価でどの材料商社でも扱っており、即日配達や翌日配達といった短納期対応が可能です。さまざまな形状がそろっており、丸形状や角形状、板形状、L形状、C形状、H形状があります。また、それぞれ寸法のバリ…

  • ニュース解説

    エンジン燃費改善に大排気量化の新潮流、スバルとスズキが刷新

    普及の課題は排気量税制

     ガソリンエンジンの燃費性能を高める手段として、排気量を大きくする“アップサイジング”に日系自動車メーカーが舵を切る。大排気量化は、かねて出力向上の手段にするのが一般的だった。燃費改善につなげる新しい潮流が始まる背景には、実走行中の燃費値に近づけた新測定法の導入がある。一方で、排気量に応じて増える自…

  • ニュース解説

    ソニー公式「aiboの抱き方」、150体のフレンズと聞いた

    aiboオーナーイベント体験記(前編)

     ソニーは2018年7月20~22日、犬型エンターテインメントロボット「aibo」オーナー向けのイベントをソニーストア 銀座で開催した。会場では、複数のaiboを専用エリアで自由に遊ばせる「aibo run」や開発者による個別相談会が開かれ、3日間で約150体のaiboとオーナーが集まった。

  • ニュース解説

    工場自動化、国内企業の現場展開は遅れ気味、独自調査速報値

    「生産ラインの自動化」調査の中間結果を先行公開

     生産効率の追求はもちろん、昨今は人手不足解消の切り札として期待が高まる生産ラインの自動化。ところが、国内企業の工場の現場では必ずしも推進に積極的ではない―ー。こんな実態が、日経ものづくりが実施した「生産ラインの自動化」に関するアンケート調査で浮き彫りになった。

  • できるリーダーになるための「仕事の道具箱」

    技術者にもオススメ、話が弾む「相づち」の打ち方

    第28回 雑談力で好感度アップ

     たまたま上司と駅まで一緒に歩くことになった。取引先の人と偶然同じ電車に乗り合わせた。客先で天気の話や最近のニュースなどの話になった。こうしたとき、とりあえず話し始めたものの話が弾まないという経験がありますよね? 「もう少し会話が弾むように話せたらいいのにな」と思ったことは1度や2度ではないはずです…

  • ニュース

    山形カシオ、デジタル腕時計を自動で組み立て

    生産効率は3倍、生産コストは1/2に

     カシオ計算機は、時計や電卓などの生産拠点である山形カシオ(本社山形県東根市)において、腕時計の自動組み立てラインを2018年8月下旬から稼働させると発表した。普及価格帯のデジタル腕時計「A159WA」シリーズについて、時計内部のモジュールの組み立てから時計本体の組み立てまでを自動化する。これにより…

  • 私の駆け出し時代

    カーンの教えを九州芸工大キャンパスで実践─香山壽夫氏

    香山壽夫氏、その2〔ブレークスルー編〕

     ルイス・カーンが教べんをとるペンシルベニア大学大学院に進学した香山壽夫氏は、冷たい物体ではなく、人間を包み込むような空間について学び、建築への考え方が大きく変わった。留学後、その学びを実践する機会に恵まれ、苦労しながらも、最初のプロジェクトである「九州芸術工科大学」を完成させる。(全3回のうちの第…

  • ニュース

    MRで大型機械導入時にレイアウトの問題点を確認

    真生印刷・デジタル総合印刷、HMDを使った設備導入シミュレーション

     真生印刷(本社大阪府堺市)とデジタル総合印刷(本社大阪市)は、日本マイクロソフトの透過型ヘッドマウントディスプレー(HMD)「Microsoft HoloLens」(マイクロソフトホロレンズ)を用いて大型機械・設備の導入の効率化を図るアプリケーション「MR設備導入シミュレーション」を開発した。

  • ニュース

    エー・アンド・デイ、IP69K適合の耐水計量台

    高温・高圧洗浄に対応、フレーム構造を工夫し細部まで洗いやすく

     エー・アンド・デイは、ドイツ工業規格が定める耐水構造「IP69K」に適合する防塵・防水構造を備えた計量台「SB-SW」シリーズを発売した。同社製のインジケーターと組み合わせて使う。汚れを洗い流せるため、特に衛生面への配慮が必要な用途に向く。

  • ニュース

    アマダHD、プレス加工自動化装置のオリイメックを買収

    プレス加工機と搬送ロボットを一体化、自動車部品の加工ライン向け

     アマダホールディングス(HD)は、プレス加工自動化装置などを手がけるオリイメック(本社神奈川県伊勢原市)を買収し、完全子会社化する。主に自動車部品の加工ライン向けに、アマダグループの金属プレス加工機とオリイメックの搬送ロボットなど周辺装置を一体化させた自動化ソリューションを提供する。

  • ニュース

    カネカ、米国でプリプレグ製造設備を新設

    航空・宇宙分野向けにベンゾオキサジン樹脂を用いたプリプレグを供給

     カネカは、米国のグループ会社であるカネカエアロスペース(Kaneka Aerospace、以下KAE)にプリプレグの製造設備を新設する。航空・宇宙分野向け部材について配合樹脂からプリプレグまで一貫した生産体制を築くことで、高機能複合材事業の拡大を図る。

  • ニュース

    村田製作所、中国子会社でLIBセルの新生産棟

    モバイル機器向け需要の増大に対応

     村田製作所は、中国の生産子会社である村田新能源(無錫)で4棟目の生産棟が竣工したと発表した。村田新能源は、リチウムイオン2次電池(LIB)のセルとモジュール、パックを製造しており、生産能力の増強により、主にモバイル機器向けLIBの需要の増加に対応する。

  • ニュース

    新日鉄住金、インドネシアの合弁会社で開所式

    冷延鋼板製造用の連続焼鈍ラインと溶融亜鉛めっきラインを一体化

     新日鉄住金とインドネシアのPTクラカタウスチール〔PT KRAKATAU STEEL〕の合弁会社で、自動車用鋼板を製造・販売するPT KRAKATAU NIPPON STEEL SUMIKINは、開所式を実施した。KNSSは2017年7月から営業運転し、インドネシア市場に製品を供給している。

  • ニュース

    住友ゴム、南アでトラック・バス用タイヤを生産

    現地生産でアフリカ市場に安定供給

     住友ゴム工業は、南アフリカ工場(Sumitomo Rubber South Africa)にトラック・バス用タイヤの生産設備を新設し、生産を開始した。これまでアフリカ市場では、トラック・バス用タイヤを輸入販売していたが、同工場で生産することで現地での安定供給を図る。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

もっと見る