閉じる

設計・生産革新

  • ニュース解説

    AIは製造業を無人化するか? 三菱電機の研究所所長に聞いた(後編)

    機器知らずの企業に「製造業で使えるAI開発は難しい」

     ブームに乗ってさまざまな用途開発が進む人工知能(AI)。だが、ユーザーから見ると、本当に業務に役立つのか、採算が取れるのか、AI開発企業間の差異は何なのかといった疑問がある。どこまでAIに期待でき、どこからそれができないのか。三菱電機でAIの研究開発を手掛ける同社情報技術総合研究所所長の楠和浩氏と…

  • 知財が見せる5年先のミライ

    世界の特許で探るフィンテックの可能性、新興企業に勝機が残る

    第5回 少ない日本の出願、目覚ましい中国の台頭

     フィンテック(FinTech)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語だが、日本ではまだ金融機関主体の開発が続いており、特許出願件数も少ない。一方、海外に目を転じると海外勢の特許出願はハイスピードで増加しており、アジア勢、特に中国企業の台頭が目覚ましい。ただ各国…

  • ニュース解説

    徹底分解で判明、新型HMD「Oculus Quest」の強固な設計

     「これは未来だ。子供の頃に映画で見た世界のようだ」。米Oculus VRが2019年5月21日に発売したスタンドアローン型VR(Virtual Reality)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「Oculus Quest」を初めて体験したHMD技術者は、ある機能で大いに興奮した様子を見せた。

  • エレクトロニクス実装学会から

    創薬支援向けのミニ肝臓、ナノインプリントが培養のカギに

    エレクトロニクス実装学会誌「大面積ナノインプリント技術とその応用」 -

     ナノインプリントは簡便に微細な構造を形成できるナノテクノロジーとして1995 年にChou 氏が報告して以来、急激に発展し、現在ではナノインプリント用の装置や樹脂、モールドを購入できる市場環境が日米欧韓などで整備されるに至った。

  • クルマが開く未来

    バイワイヤー化の開発進む、ステアリングやクラッチ

     運転支援システム関連では特に、操舵(そうだ)支援の技術が目立った。加速や減速は電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)がさらに普及する予測もあり、制御が簡単なこともあって電動パワートレーンが利用されているケースが多く、目新しい技術は少なかった。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る