閉じる

設計・生産革新

  • ニュース解説

    マイナス40度の極寒で2輪車のエンジンは始動するのか、ジェイテクトがデモ

    リチウムイオンキャパシターで鉛蓄電池を代替

     ジェイテクトは、-40度という極寒の状況下で使えるリチウムイオンキャパシタ―を開発し、2019年5月から生産を始めた。温度変化に強い電解液を採用することで実現した。2輪車の鉛蓄電池を代替してエンジンの始動に使えるとして、同年7月2日に三重県伊賀市の同社試験場にて報道陣向けにデモを披露した。

  • 「中国、ゴメン」日本人設計者反省日記

    日本語が達者な中国人との「会話」に落とし穴

    第5回 通訳にも通じない日本語を知る

     日本人設計者が中国メーカーと一緒にものづくりをすると、不良品発生などのトラブルが起こってしまうことがあります。しかし、その本当の原因は中国に無理解な日本人設計者にあるのかもしれません。駐在の4年半を含めた7年間、中国でのものづくりに関わった私が、失敗経験を紹介しつつ、その理由を分かりやすく解き明か…

  • ホンダミーティング2019

    ホンダはやるの、やらないの? “空飛ぶクルマ” 社長が回答

     ホンダ社長の八郷隆弘氏は、世界で開発が進む航空機の電動化などを実現する“空飛ぶクルマ”について「研究している」と話し、開発に取り組んでいることを明かした。一方で事業化については、「まだまだ(先になる)」と時期尚早との見方を示した。

  • ニュース

    ジャガーランドローバーがEV生産に本腰、既存工場を電池工場に

     英ジャガーランドローバー(Jaguar Land Rover)は2019年7月5日、英国ウェスト・ミッドランズ州のキャッスル・ブロムウィチ工場を電動車生産工場に転換すると発表した。同社は2020年までにすべてのモデルシリーズに電動車を加えることを計画している。同工場で生産する電動車は、高級セダン「…

  • ニュース

    ブレーキ・制動機構に特化し試作開発をWeb受注

    唐沢製作所、自転車用ブレーキの蓄積を設備機械にも生かす

     自転車用ブレーキや車椅子部品などを製造する唐沢製作所(本社埼玉県草加市)は、ブレーキの試作・開発・製造を受注するWebサイト「ブレーキメーカー.com」を開設した。様々な製品の制動にかかわる部品の開発事例を掲載し、依頼を受け付ける。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る