閉じる

ものづくり

  • 目利きが薦める名著・近刊

    建築の真髄は「空間」に宿る─今月のテーマ「ゲーム」1冊目

    「名建築は体験が9割」(ロバート・マッカーター著、百合田香織訳 2018年)

     2025年に開催される大阪万博は、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を取り入れたゲーム性の高いイベントが目白押しとなりそうだ。イベントだけでなく、「ゲーム」の持つ特性がSNSに組み込まれていたり、実社会でも活用されている昨今。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、今月は「ゲーム…

  • レクサスLSの開発

    身を削る

    第5回 130項目の要求

     100を超えるアイデアの中から選ばれた、次期「レクサス LS」向け8速自動変速機(AT)の基本構造。それは、遊星歯車機構の数が6ATと同じ3セットを維持し、ブレーキやクラッチの数に関してはそれより少なくて済むものだった。そのシンプルな構造は、6ATとほぼ同じコンパクトさという果実をもたらした。

  • 設計力の魂

    「真のニーズ」を設計仕様に置き換えられているか?

    第45回 収束しない検査不正を設計面から考える

     検査不正がなくならない。出荷検査の目標値を満足できないことも少なくないようだ。私の仕事柄の経験だが、「品質不具合とは何か?」と問い掛けると、多くの場合、壊れるとか壊れないなどの故障モード(状態)を示す表現が返ってくる。だが、私が設計者として期待する回答は、「目標値を満足しなくなる」だ。

  • クルマのプロが徹底調査、間違いだらけの自動車予測

    CO2対策に無責任なドイツ勢、ZEVとNEV規制の背景に政治的思惑

    第2章 環境課題への対応(その2)---元トヨタ技術者の藤村俊夫氏の分析

     100年、いや130年に1度の変革期を迎えたと言われる自動車業界。二酸化炭素の削減にまい進してきたこれまでの流れに今、大きな変化が起きている。米国がパリ協定から離脱し、欧州も規制を緩めようとする動きがあるのだ。日本の自動車業界はこの動きをどう見るべきか。

  • 日本企業を元気にする「知財戦略論」

    日本の先進性を示す国際指標を作れないか

    第25回 公益資本主義への移行

     会社は誰のものか。よく言われるフレーズであるが、その定説は「株主」となっている。そして、「会社は株主のもの」という定説は、現在の日本国会社法とも整合する結論である。

  • ニュース

    ミノムシの糸から脱・石油に貢献するバイオ素材

    興和と農研機構、長繊維を樹脂と複合させて強度向上

     興和と農業・食品産業技術総合研究機構は、ミノムシの糸を産業化できる技術を開発したと発表した。ミノムシから1本の長い糸を採取する基本技術を考案。それを発展させ、高効率に糸を採れる方法を確立できたとする。

  • ニュース

    CNFと再生プラで強度を上げた複合材料

    GSアライアンス、使用済みパレットなどから生成した廃プラを再利用

     GSアライアンスは、産業廃棄物プラスチックから生成した再生プラスチックペレットを、セルロースナノファイバー(CNF)と複合させて引っ張り強度などの機械的強度を高めることに成功した。劣化したプラスチックの強度を再び高めて使えれば、リサイクルの促進が期待できる。

  • ニュース解説

    東北大VC、2号ファンドは80億円規模に、東北6県と北海道や新潟も対象へ

     東北大学ベンチャーパートナーズ(THVP、仙台市)は、2018年8月末時点の第1号ファンド(THVP-1号ファンド)の投資実績を明らかにした。東北大学発ベンチャー企業13社に対して総額31.8億円を投資済み。THVPは東北大学の100%子会社で、第1号ファンドは設定後、丸3年が経過した。

  • ニュース解説

    また日産が完成検査不正、ノートやリーフなど15万台をリコール

     日産自動車は2018年12月7日、新たに完成検査における不正が見つかったと発表した。この不正を受けて2018年12月13日、約15万台のリコールを国土交通省に届け出る。検査不正の発覚は2017年9月に始まり、今回で4回目。同社は既に実施している再発防止策に加えて、検査ラインに新たにカメラを設置する…

  • ニュース

    マグナ、中国・蘇州にメカトロニクスの研究開発センターを開設

     カナダ・マグナ(Magna International)は2018年12月5日、中国の江蘇省蘇州に新たなメカトロニクス・エンジニアリングセンターを開設したと発表した。同センターは、電動ドアや電動リフトゲートなどメカトロニクス製品に特化して開発、設計する。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る