閉じる

IT経営

  • フォーカス

    アマゾン宇宙を目指す re:MARS現地リポート

     米アマゾン・ドット・コムが宇宙事業に本気を見せた。2019年6月上旬に開催したイベント「Amazon re:MARS」で、ジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)が宇宙への思いを熱弁。まずは3000基以上の小型人工衛星を使った通信事業に全力を注ぐ。配送ドローンなどを含むアマゾンの最新技術動向を伝える…

  • 極言正論リターンズ

    ドローンに見るイノベーションの本質、日本企業の強みは骨抜きにされた

     ドローンはデジタルイノベーションの1つの象徴だ。最近、人口密集地での無許可飛行で逮捕者が出たことで、普及に対して懸念の声が上がっている。一方で、橋りょうなど社会インフラの保守業務や物流への活用といった具合に、ビジネスでの活用範囲は大きく広がろうとしている。

  • Oracle DBの高コスト問題に挑む

    「実質値上げ」に苦しむOracle DBユーザー、継続か乗り換えか?

     日本企業の情報システム部門にとって、「Oracle Database(DB)」を使った既存システムのコスト削減が課題になっている。Oracle Cloudの東京リージョンが登場するなどOracle DBを取り巻く環境は大きく変わっている。選択肢が増える今、Oracle DBに関するコスト削減策を解…

  • テクノ大喜利

    実は「非親中」のテリー・ゴウ、対米FTAが台湾の競争力を増す

    [テリー・ゴウ総統の破壊力と創造力]TMR台北科技 大槻智洋氏

     今回のテクノ大喜利では、電子産業のど真ん中にいる企業のカリスマが、ハイテク覇権を競う両大国がせめぎ合う戦場の最前線に位置にあるナイーブな地域の重要ポストに就くことで何が起こり得るのか議論した。最初の回答者は、日本では未知の存在だった時代から鴻海と郭台銘氏に注目し、その実像とインパクトを伝え続けてき…

  • ニュース解説

    生保大手3社に14万台導入、富士通が営業端末の商談に強い理由

     生命保険業界の営業職員向け端末市場で、富士通が攻勢をかけている。日本生命保険と明治安田生命保険が富士通製タブレット端末を導入済み、または導入を計画中。第一生命保険を含めた大手3社の受注・導入済みの台数は計14万5000台に達する。

ホワイトペーパー

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る