閉じる

IoT技術

  • Emerging Biz

    産業用IoTに版図広げるIT巨人、迎え撃つシーメンスが繰り出す2つの手

     ドイツSiemens(シーメンス)が、自社IoT(Internet of Things)基盤の強化を急ぐ。これまで産業用IoTで共存関係にあったIT企業のエッジ分野への進出に備え、この分野で確かな地位を築くためだ。同じく産業用IoTに活路を見いだす日本のメーカーにとっても、Siemensの状況は対…

  • ニュース

    LPWAで表示変えられる電柱広告、パナソニックと東電が試験導入

     パナソニックと東京電力グループで電柱広告事業を手掛ける東電タウンプランニングは2018年9月13日、LPWAの通信モジュールを内蔵した電柱広告を東京都墨田区内で試験導入した。検証期間は2019年3月末までの約半年で、機器類の耐久性や広告媒体としての価値などを検証する。

  • 電子情報通信学会から

    半導体工場そっくり?!黒字になる植物工場の作り方

    電子情報通信学会誌「植物工場のソリューションー農業技術と工業技術の融合した植物工場についてー」

     現在の人工光型大形植物工場において、最大の課題は野菜の出口すなわち販売先の確保であるが、栽培システムそのものにおいても、不均質な栽培環境、それに伴う歩留まりの低下、主に光熱費や人件費による運営コストが想定以上にかさむこと、施工・栽培ノウハウの欠如など多くの課題があり、残念ながら、多くの植物工場が赤…

  • SIGGRAPH 2018

    HMDで視野角拡大競争が激化、VRで人間並み、ARで100度超

     VRやARで用いるヘッドマウントディスプレー(HMD)の視野角(FoV)を広げる研究開発が活発化している。2018年8月に開催された「SIGGRAPH 2018」(カナダ・バンクーバー)では、200度前後と言われる人間の視野角並みのVR用HMDや、従来の約2倍に相当する100度を超えるAR用HMD…

  • ニュース解説

    オフィスにIoT座布団、リクルートの働き方改革

     リクルートグループは2018年末、本社オフィスのレイアウトを刷新する。新レイアウト設計に先立ち、執務スペースと会議室の利用実態をIoTで把握。現状より3割減らしても業務に支障がないと判明。スペースの有効活用に生かす。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る