閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

エネルギー

  • 製品ガイド:建築・住宅

    装飾を抑えたコンセントプレート

    ホテル用コンセントプレート「PXP-ES01M型」  スガツネ工業

     スガツネ工業は、装飾をそぎ落としたミニマルデザインのホテル用コンセントプレート「PXP-ES01M型」を2019年9月に発売した。

  • ニュース解説

    米「太陽電池関税」の影響、課税後に輸入量は逆に回復!

    モジュールはマレーシア、セルは韓国が大半を占める

     中国などからの安価な太陽電池製品の大量流入により、米国内で生産していた太陽電池メーカーは収益性が悪化し、次々と事業から撤退、または破綻に追い込まれた。国内製造業を保護するため、トランプ政権は昨年1月、結晶シリコン太陽電池 (CSPV)の輸入製品に対して4 年間にわたり関税を課すことを決定した。

  • 製品ガイド:建築・住宅

    小型の非常用蓄電システム

    POWER YIILE HEYA、POWER YIILE HEYA S  エリーパワー

     エリーパワーは、狭い空間にも設置しやすい屋内壁掛け蓄電システム「POWER YIILE HEYA(パワーイレ・ヘヤ)」の出荷を2019年7月に開始した。また、キャスター付きで移動が簡単な「POWER YIILE HEYA S」を同年8月に発売した。

  • 東京大改造

    三井グループの「Otemachi One」、三井物産の本社移転とフォーシーズンズホテルの開業時期判明

     三井物産と三井不動産が都内の大手町1丁目で進めている大規模複合開発「Otemachi One」の詳細が判明した。2020年5月に三井物産が本社をここに移転し、同年7月にはフォーシーズンズホテルが開業する。

  • ニュース解説

    ウォルマートが「重過失」と提訴、屋根上太陽光の火災頻発で

    第3者所有モデルによる急成長の裏で起きた「手抜き施工」!?

     先月、米流通最大手ウォルマートは、太陽光発電の火災に関してテスラを相手に訴訟を起こした。ウォルマートによると、テスラの設置した太陽光発電設備が、ウォルマートの7店舗で火災を起こしたという。その後、さらにアマゾンでもテスラの設置した太陽光発電設備で火災が起こったと公表するなど、テスラにとって耳の痛い…

  • 土木のあの日 過去記事週間ランキング(2018年10月7日~10月13日)

    1位は「エム・テック破綻」

     日経 xTECH土木面で、過去に公開したニュースをランキング形式でご紹介します。2018年10月7日~10月13日に読まれた記事の1~10位までを、本日10月7日~10月13日にかけて無料で読めるようにしました。

  • インタビュー

    さくらインターネット社長が語る、「電力は止まるを前提に、将来は自立したグリッドを」

    北海道胆振東部地震から1年、今こそ語るブラックアウトへの対応

    2018年9月6日の北海道胆振東部地震によって約60時間のブラックアウトを乗り越えたデータセンターがある。さくらインターネットの石狩データセンターだ。クラウド時代となった今、データセンターは生活の生命線ともいえる重要な社会インフラとなった。地震だけなく、極地的な豪雨や繰り返される台風被害など自然災害…

  • バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング

    注目の話題は「浴槽も壁紙も全部取り替えろ」

    2016年~18年:9月30日~10月6日

     9月30日~10月6日のアクセスランキング1位は、2018年が「『浴槽も壁紙も全部取り替えろ』、無理難題で利益吹っ飛ぶ」、2017年が「SANAA設計の滋賀・新生美術館が入札不落で開館延期」、2016年が「菊竹建築に国内初イコモス危機遺産警告」でした。本日10月3日から10月9日にかけて、本記事で…

  • ニュース解説

    人工知能で消費電力を分析、米エネルギーベンチャーが規模拡大

    人工知能の活用で一般家庭の電力消費量を分析、顧客エンゲージメント向上へ

     一般家庭向けに、家電製品やEV(電気自動車)などの電力負荷の消費状況を、スマートメーターからの情報だけで分析するAI(人工知能)ソリューションを開発するエネルギーベンチャーが登場し、米国でビジネスを拡大している。アグリゲーション(集約)とは逆に、全体の電力消費量から各負荷に分解することから、「ディ…

  • ニュース解説

    東電PGの「画期的な系統運用」がスタート、なぜかブレーキ踏む広域機関

    「稼働率1%の送電線は作りません」が経営判断

     東電PGが5月に公表した「画期的な系統運用」がどこまで広がるか、不透明になってきた。東電PGはまず、千葉方面で新方式に基づいた太陽光発電などの系統接続の受け付けを始めた。しかし、全国に広がるどころか、東電PGエリア内で広がるかどうかも見通せない。資源エネルギー庁や電力広域的運営推進機関がなぜか慎重…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

エネルギー

もっと見る