閉じる

電動化

  • ニュース解説

    3割小さいEVパワトレ、ボルグワーナーが中国2社に供給

    乗用車から商用車まで対応

    自動車部品大手の米ボルグワーナー(BorgWarner)が車両の電動化を商機に攻勢をかけている。同社はモーターとギアボックスを統合した小型の電気自動車(EV)パワートレーンを開発し、2017年から中国現地資本のEVメーカー2社に供給を始めた。従来品比で3割小さい。小型ながら、乗用EVと商用EVで共用…

  • ニュース解説

    パナソニックがホンダに電池供給、「交換式」で2輪も4輪も

    インドネシアで電池シェアの実証実験

    パナソニックはホンダに車載用のリチウムイオン電池セルを供給する(図1)。セルを組み合わせて「交換式」の電池パックとし、ホンダが手掛けるスクータータイプの電気自動2輪車(EVバイク)や、小型の4輪電気自動車(EV)に搭載する。2018年7月13日に両社が共同で発表した。まずは同年12月からインドネシア…

  • ニュース

    MINI、2019年発売のEVの部品スケッチを公開

     ドイツBMWのMINIブランドは2018年7月12日、2019年に発売する予定の電気自動車(EV)のフロントグリルとホイールのスケッチを発表した。この部品を「MINI Electric Concept」に装備して7月12日から開催中の「Goodwood Festival of Speed 2018…

  • ニュース

    Hyundai CRADLE、固体ポリマー電池の開発を進めるIonic Materialsに投資

     韓国・現代自動車グループ(Hyundai Motor Group)の投資会社であるHyundai CRADLEは2018年7月10日、車載用全固体電池の開発を進めるため、電池開発会社の米イオニックマテリアルズ(Ionic Materials)への戦略的な投資を行うと発表した。

  • ニュース解説

    電動化で水平対向エンジン以外に含み、スバル新社長

     スバルで新しく社長に就任した中村知美氏は、今後のパワートレーン開発について「今は水平対向エンジンを基にした電動化を進める」と、現状維持の方針を語った。ただし「今は」の言葉を強調し、将来は別形式のエンジンを検討することに含みを持たせた。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

もっと見る