閉じる

エレクトロニクス

  • インタビュー

    意識のアップロードの実現、20年後も夢ではない

    『脳の意識 機械の意識』の著者が起業へ

     「人間の意識を機械に移植することは、はるか彼方の夢と述べたが、その夢が実現する日は意外にも早く来るのではないか」。東京大学大学院工学系研究科 准教授の渡辺正峰氏が夢を現実にするため動き出した。大学発ベンチャーを近々立ち上げる計画である。狙いや展望を同氏に聞いた。

  • ニュース

    遠くの人と同じ視点で共同作業、東大と慶大が "二人羽織ロボット"開発

     東京大学と慶應義塾大学の研究グループは、複数人での動作や技能を共有するための遠隔共同作業システム「Fusion」を開発した。特徴は、遠く離れた場所にいる人と視点を共有しながら、身体動作を伴う共同作業ができること。ウエアラブルロボットを用いることで、遠隔地から他者の身体に働きかけ、「二人羽織」のよう…

  • ニュース

    「金属が半導体に化ける可能性」、京都大学が発見

    白金を超薄膜にすることで、トランジスタ特性を発揮

     京都大学は、三重大学と共同で、白金(Pt)を極めて薄い膜にしたとき、シリコン(Si)などの半導体で実現されるトランジスタ特性(材料の抵抗を外部電圧で制御する特性)が現れることを発見したと発表した。

  • ニュース

    3GPPが5G NRのセキュリティーを概説、ローミングの有無で異なる信頼モデル

     移動通信の標準化団体である3GPP (Third Generation Partnership Project)は2018年8月6日、同Security Working Group(SA3)がまとめているNSA(Non-Standalone)、/SA(Standalone)5G NR向けセキュリテ…

  • ニュース

    ホームからの転落を既設の監視カメラで検知、東急電鉄が実運用を開始

     東京急行電鉄は、駅構内に設置済みの監視カメラを利用して、ホームから線路へ転落したヒトを自動的に検知して通知するシステムを構築し、2018年8月8日から田園都市線鷺沼駅上りホームで運用を開始した。このシステムは2017年11月から鷺沼駅で実証実験を行っていた。その期間中、さまざまな状況下で落下物を適…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

もっと見る