閉じる

エレクトロニクス

  • 破壊と創造をもたらす超高速マシン

    仮想通貨マイニングの超高速マシンが主役交代を引き起こす

    第1部:7nm半導体需要のけん引役に

     仮想通貨マイニング(採掘)やAI(人工知能)解析などのために、超高速データ演算マシンの需要が高まっている。超高速マシン特需は、半導体の先端プロセス開発を促し、高効率な放熱(熱拡散)技術の出番をもたらしそうだ。

  • Emerging Tech

    新潮流「説明できるAI」が医療現場や製造業へ、ブラックボックス解消

    なぜそう推定したのか

     AI(人工知能)に新たな潮流が生まれている。推定結果だけではなく、「なぜそう推定したのか」という根拠も示す「説明可能なAI」への関心が高まっているのだ。米国防高等研究計画局(DARPA)など世界の研究機関が開発に乗り出したほか、製品として供給する企業も出てきた。

  • Hot News

    JDIがスマートヘルメット、BtoCビジネスへ本腰

    ヘルメットメーカーに全否定されながらHUD搭載

     ジャパンディスプレイ(JDI)は、車載用HUD(ヘッドアップディスプレー)を利用したディスプレー機能を備えるヘルメット、いわゆるスマートヘルメット「XHD-01 スパルタ」を試作し、同社の戦略説明会で公開した(図1)。

  • Challenger

    複数ロボットを統合制御、賛成されなくてもやる

    村松 啓且氏(ヤマハ発動機 先進技術本部 研究開発統括部長)

     「ロボットごとにコントローラーが必要」という従来の常識を覆し、1台のコントローラーで複数のロボットを制御する「統合制御」を実現したヤマハ発動機の新型ロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」。工場のスマート化を急ぐ自動車メーカーなどから、多くの引…

  • Hot News

    半導体メーカーになるGoogle、エッジ向け深層学習チップ外販

    IoTのエッジ機器で推論を実行

     米Googleは2018年7月25日、自社開発のディープラーニング(深層学習)専用チップ「Edge TPU(Tensor Processing Unit)」を発表した。これまでのTPUは同社の社内サーバーでのみ利用していた。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

もっと見る