閉じる

お知らせ

エレクトロニクス

  • デジタルヘルス・インサイド

    島根県益田市で市民の血圧や尿成分を測定するワケ

    血圧はなぜ上がるのか、解明目指す

    「IoTを活用して、血圧変動の要因を解明したい」――。そんな思いで、島根県益田市が取り組んでいるのが、「益田市スマート・ヘルスケア推進事業」である。市民のバイタルデータを測定し、血圧変動の要因解明や個人に合わせた血圧管理の実現を目指したプロジェクトだ。

  • ニュース解説

    “キャリーケース型”電池を挿入、伊ベンチャーの小型4輪EV

    電池「交換式」で稼働率向上

     電気自動車(EV)ベンチャーのイタリア・エストリマ(Estrima)は、小型4輪EV「Biro」をグローバルで展開中だ。着脱式で質量26~27kgのリチウムイオン電池パックを搭載している。女性が1人で電池を運べるように、キャリーケースのような取っ手と車輪を付けて利便性を高めている。車両後部から10…

  • デジタルヘルス・レポート

    「ヘルステック」は生活そのものになる

    フィリップス・ジャパンの堤社長

    2018年12月6日に開催した「2019年度戦略発表会」の記者会見における質疑応答を基に、フィリップス・ジャパン代表取締役社長の堤浩幸氏が考える今後の戦略を一問一答形式でまとめた。

  • ニュース解説

    トヨタがパワー半導体戦略を転換、SiCから新型IGBTへ

    2020年はSiCが足りずRC-IGBTが軸に

     トヨタ自動車におけるパワー半導体の「主役」が変わる。「プリウス」や「アクア」といったトヨタブランドの電動車両において、インバーターや昇圧コンバーターに用いるパワー半導体素子(以下、パワー素子)は、2020年ごろから、現行のSi(シリコン)製IGBTから低損失なSiCパワー素子に切り替わると目されて…

  • Hot News

    再出発の「Dynabook株式会社」、待つのは大成功か大赤字か

    鴻海から見た旧東芝PC事業の方向性

     シャープ傘下となった東芝のパソコン事業会社が2019年1月、Dynabook株式会社として再出発する。同社は2018年12月の記者会見で高い目標と、曖昧な商品サービス計画を述べた。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る