閉じる

エレクトロニクス機器/技術

  • CEATEC 2019

    空飛ぶクルマの飛行をVRで体験、気分はまるでハンググライダー

     まるでハンググライダーのように空を飛び回れる爽快感――。1人乗りの空飛ぶクルマ「rFlight」の飛行操縦デモをVR(Virtual Reality)で体験できる。タイコエレクトロニクスジャパンが「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)に出展。実機とほぼ同じ大きさのモ…

  • CEATEC 2019

    ディープではなくワイドなニューラルネット、富士通の説明可能AI

     富士通は、2019年10月15日に開幕した「CEATEC 2019」(18日まで、幕張メッセ)で、根拠を説明可能な人工知能(AI)技術「Wide Learning(ワイドラーニング)」の展示を実施している。顧客情報や購買履歴から見込みのある顧客を抽出するなど、構造化データの分析に適している。少量の…

  • ニュース

    一般道での「レベル3」以上の自動運転、日立が制御技術を開発

     日立オートモティブシステムズは2019年10月11日、一般道における「レベル3」以上の自動運転に対応する車両制御技術を開発したと発表した。大きな舵角で旋回する場合や急な舵角操作が求められる場合、自車の前方から車両や歩行者が急に飛び出した場合などでも、あらかじめ設定した軌道を正確に追従できるのが特徴…

  • Arm TechCon 2019

    「MCUが1GHz時代に突入」、NXPがフラッシュレス高速マイコンの新製品

     オランダNXP Semiconductorsは、1GHz動作のクロスオーバープロセッサーICの新製品「i.MX RT1170ファミリー」を発表した。同社は2年前の「Arm TechCon 2017」で、MCUとアプリケーションプロセッサーの間を埋める新種のプロセッサーとして、クロスオーバープロセッ…

  • CEATEC 2019

    働き過ぎを注意、日立がARグラスと衣服型センサーの合わせ技で提案

     日立製作所などの日立グループは、「CEATEC 2019」(2019年10月15~18日、幕張メッセ)で、ARグラスと衣服型センサーを組み合わせて作業者の状態を認知し作業指示を出すシステムを展示している。デモでは食品工場を想定し、作業者に指示を出す様子や作業負荷が大きくなった段階で休憩を取るように…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る