閉じる

お知らせ

エレクトロニクス

  • ニュース解説

    どうなるジャパンディスプレイ、18年度も「黒字化は困難」

     ジャパンディスプレイ(JDI)は、2019年3月期の連結業績予想を下方修正した。2018年11月12日に発表していた営業利益率1~2%の予想を、営業損失200億円超へ修正した。同時に、2018年度通期の親会社株主に帰属する当期純利益の黒字化達成目標は困難と判断した。

  • テクノ大喜利

    半導体内製によるEMS事業の強化は一見合理的、だがシナジーは机上の空論

    [鴻海の半導体内製のインパクト] 回答者:野村證券 和田木哲哉氏

    台湾の鴻海精密工業グループが、マカオに隣接する中国広東省珠海市に大規模な半導体工場を新設する計画を進めていることが明らかになった。そこで今回のテクノ大喜利では、鴻海の半導体事業の行方を考えるうえでの視点を抽出した。最初の回答者は野村証券の和田木哲哉氏である。同氏は、EMSビジネスと半導体ビジネスの注…

  • ニュース解説

    LEDヘッドランプを“1000ピクセル”できめ細かく配光制御、ヴァレオ

    小糸製作所は少ない光源をミラーで高分解能に

     対向車や歩行者などがまぶしくないように配光を制御する、「ADB(Adaptive Driving Beam)」機能を備えたヘッドランプの開発が加速している。どうコストを抑え、きめ細かく制御できるようにするか。フランス・ヴァレオ(Valeo)や小糸製作所など、ヘッドランプ大手が新方式を提案した。

  • ニュース

    ストレス臭をケア、資生堂が新製品発表

    疲労や混乱など心理的な影響を及ぼす“嫌な臭い”に策

     緊張やストレスを感じる状況にいると、体内から硫黄化合物系の独特な臭いが発せられる――。化粧品大手の資生堂は、そんな「ストレス臭」を発見したと2018年10月に発表した。そして2019年2月中旬、ストレス臭をケアできるデオドラント製品を発売する。

  • パワーデバイスを安心・安全に使う勘所

    空間位置情報サービスの進化を予測

    開発最前線 #2

     知り合いの弁護士先生がうれしそうです。何でも、我が国初の事案の裁判で勝ったそうで、それも国を相手にした裁判ということです。

  • 大山聡の勝手にコンサル

    電機8社の決算から、米中貿易摩擦の影響を読み解く

     2019年は年初から景気の先行きを懸念するニュースが目に付く。世界の株式市場は2018年末から停滞気味で、何らかの上昇のキッカケが欲しいところだが、どちらかと言えば不安材料の方が多いのが現状のようだ。

  • スタートアップ×大手

    わずか9カ月で出荷、超短期開発のカギはコミュニケーション

    東大発ベンチャー×ソニーから分離したVAIO(3)

     シーリングライトにプロジェクターとスピーカーを組み合わせ、 “世界初の3in1スマートライト”をうたう「popIn Aladdin」(ポップインアラジン)。その最終組み立てと出荷前検査は、2014年にソニーのパソコン事業部門が分離・独立し、パソコン製造およびEMSのメーカーとなったVAIOが担当し…

  • 応用物理学会から

    鉄系強磁性半導体の創製とデバイス応用

    応用物理「鉄系強磁性半導体の創製とデバイス応用」

     半導体と強磁性体は情報化社会を支える材料として不可欠かつ重要な役割を果たしている。半導体は、トランジスタ・集積回路や発光・受光素子などのさまざまなデバイスに応用されている。

  • CES 2019

    音声認識、カメラ活用で“車内の空気”読む

    自動車向けにNuance Communicationsが開発

     音声認識システム大手の米ニュアンス・コミュニケーションズ(Nuance Communications)が、音声認識の使い勝手を高める手段として車室内に搭載するカメラに目を付けた。カメラで運転者の感情や視線を推定することで、“空気”を読んだ音声案内の実現を目指す。

  • 3種のセンサーで高度化する自動運転

    クルマと人と自転車をLIDARで識別する

    自動運転の要となる、LIDARを用いた周辺環境認識(前編)

     自動運転の鍵を握るのが周辺環境認識である。前回までに、その実現技術である車載センサーについて、代表的な方式を紹介するとともに、利害得失や活用のためのポイントを解説した。今回は、最近特に注目度が増しているLIDAR を用いた周辺環境認識について、筆者が実践している取り組みを紹介する。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

エネルギー

もっと見る