閉じる

エレクトロニクス機器/技術

  • Hot News

    NTTがスパコン技術開発に参戦、大規模深層学習を高速化

    光通信技術の蓄積を生かしていきなり先頭ランナーに

     NTTは2019年6月にドイツで開催された高性能コンピューター(いわゆるスーパーコンピューター)技術の学会「ISC High Performance 2019」で、大規模深層学習を大幅に高速化する光インターコネクト技術を発表した。

  • 現役宇宙飛行士・星出彰彦氏、特別対談

    宇宙とラグビーに学ぶ、成功するチームの「リーダー像」

    JAXA フライトディレクタ 前田真紀氏×元ラグビー日本代表キャプテン 廣瀬俊朗氏(4)

     「宇宙とラグビー」。一見、何の関係も無いようで、実は多くの共通点がある両者の現場から、「チームビルディング」の要諦を学ぶ本連載。チームをまとめるための「リーダーシップ」を主テーマにした第2弾は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)で宇宙ステーション(ISS)補給船「こうのとり」(HTV)のフライトディ…

  • ニュース解説

    深層学習の高速化でいきなりトップに、NTTの光インターコネクト技術

     NTTは2019年6月にドイツで開催された高性能コンピューター(いわゆるスーパーコンピューター)技術の学会「ISC High Performance 2019」で、大規模深層学習を大幅に高速化する光インターコネクト技術を発表した。

  • Hot News

    imecがA4型5Ahの全固体電池、高伝導率酸化物系電解質で

    エネルギー密度は400Wh/L超、5年後に1000Wh/Lへ

     新しい全固体電池の技術が登場してきた。安価で大容量の全固体電池が、これまでの実用化シナリオを大きく前倒しして実現する可能性が出てきた。開発したのは、ベルギーの研究機関であるimec。電解質材料の開発にはパナソニックも参加した。

  • Hot News

    厚塗りで全固体電池に勝る新型、京セラが2020年にも量産へ

    8kW定置型蓄電池の原価を20万円から14万円に

     京セラは、原理的に事故の恐れが少なく、容量密度の大幅な向上が期待できる新型リチウム(Li)イオン電池の量産を2020年にも始める。既存のLiイオン電池に対して、原材料費を4割ほど安く抑えられ、製造工程を1/3に簡素化できるという。安全性向上と高密度化を両立できるとして注目を集める全固体電池よりも技…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る