閉じる

土木

  • 令和を担う若手技術者 持ち前の提案力で頭角現す

    社外へ飛び出し公園の魅力を再発見

    島 瑞穂氏(29歳) 大日本コンサルタント大阪支社技術部地域交通計画室

     「Park-PFIでポテンシャルを引き出し、今よりも人が集う魅力的な公園にしたかった」。こう語るのは、大日本コンサルタントの島瑞穂氏だ。

  • 令和を担う若手技術者 やりたい仕事に突き進む

    念願かない自動化施工で新たな挑戦

    菅井 貴洋氏(36歳) 鹿島機械部自動化施工推進室課長代理

     「この年齢になって初心者向けの解説書を会社で読むのは、少し恥ずかしいかな」。こう照れながら話すのは、鹿島機械部自動化施工推進室の菅井貴洋氏だ。

  • 令和を担う若手技術者 やりたい仕事に突き進む

    途上国の想定外を乗り切り楽しむ

    山田 修栄氏(29歳) 日本工営コンサルタント海外事業本部交通・都市事業部

     日本工営コンサルタント海外事業本部の山田修栄氏が大切にしている1本のボールペン。軸には中米ニカラグアの首都マナグアのロゴが入っている。入社3年目で担当した都市マスタープラン策定業務の完了時に、同市の市長と副市長からチーム全員が食事に招かれ、直接手渡された。

  • 令和を担う若手技術者 やりたい仕事に突き進む

    自身の手でごみに触れデータ集める

    米田 将基氏(34歳) 八千代エンジニヤリング環境施設部主任

     紙類、プラスチック包装、生ごみ、紙おむつ──。ごみ収集車が集めてきたごみ袋を開け、中身を1つひとつ仕分けて重さを量る。廃棄物処理施設の整備方針などの策定に必要な、ごみの組成調査だ。

  • 令和を担う若手技術者 企画力で社会に発信

    「若手の会」で地域の未来像を探究

    山本 佳和氏(33歳) 建設コンサルタンツ協会東北支部若手の会委員長

     建設コンサルタンツ協会(建コン協)東北支部に「若手の会」を創設した山本佳和氏は、復建技術コンサルタントで道路設計の技術者として働きながら会の委員長を務める。

  • 令和を担う若手技術者 企画力で社会に発信

    NEXCO東の“顔”担った渋滞予報士

    外山 敬祐氏(34歳) 東日本高速道路会社関東支社5代目渋滞予報士

     東日本高速道路会社の外山敬祐氏は2019年5月末までの3年間、関東支社「渋滞予報士」の肩書でマスメディアやインターネットの動画などにたびたび登場した。まだ30代前半の一般社員でありながら、同社の“顔”の1人として活躍した。

  • 令和を担う若手技術者 企画力で社会に発信

    土木のとりこにするゲームを生む

    光安 皓氏(33歳) パシフィックコンサルタンツ社会イノベーション事業本部交通政策部

     「しまった、土砂崩れで高速道路が壊れた」「堤防で対策したから洪水が来ても平気だ!」

  • TOPICS 土砂災害対策

    技術と体制で初動の失敗防ぐ

     2019年10月の台風19号による土砂災害の件数は、国土交通省が集計を始めた04年以降で最多となった。全国の土砂災害警戒区域は推計で約67万カ所に及ぶ。予防と同様に重要な災害への初動対応。最新の取り組みを追った。

  • カウントダウン2020

    五輪待つ巨大団地 BRTアクセス整備へ

    晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業

     2020年東京五輪を約半年後に控え、東京都中央区晴海に次々と建ち上がった選手村の宿泊棟。日没後、内装工事が進む部屋から明かりが漏れる。写真手前は晴海埠頭のバスターミナル。東京駅から銀座を経由して到着する路線バスもあるが、終点の晴海埠頭までの乗客は少ない。

  • 新製品・新サービス 現場写真整理サービス

    カエレル

    経験豊富なベテランが管理
    撮り忘れを速やかに通報

     小田島組は、全国の土木工事を対象に現場写真整理サービス「カエレル」の提供を開始した。写真の整理・管理から出来形データの入力、電子納品データの作成まで引き受ける。

  • ねっとわーく

    催し物案内

     地盤工学会と土木学会が共催。台風19号と10月末の豪雨について、東北・関東地方や千曲川流域に赴いた調査団が報告する。斜面と堤防の被災分析の解説も。定員200人程度(定員になり次第締め切り) ■ 無料

  • ねっとわーく

    読者から

     熊本で造園業を営んでいる。労働力不足と従業員の高齢化が深刻なので、2019年度にミャンマーから3人の技能実習生を受け入れた。

  • 記者の眼

    1%の「当たり」より99%の「はずれ」を直視せよ

     2019年10月の台風19号では、実際の浸水範囲が浸水想定区域図とほぼ一致したケースが数多く見られた。この結果から、浸水は予測されたものだとして、避難せずに被害に遭った人に対し、自己責任だと断じる声も聞かれる。

  • ニュース解説:建築・住宅

    「ロボット目線」で建設現場を変える、機械が作業しやすい鉄骨の溶接工法

    四隅の溶接もロボットで、竹中工務店が開発

     竹中工務店は、角形鉄骨柱の継ぎ目のディテールを工夫し、ロボットが溶接しやすいようにした。これまで人手に頼っていた四隅の溶接も、ロボットが自動でこなせるようになる。同社は開発した新工法について、特許を出願済みだ。

  • みら☆どぼ

    かさばる図面にサヨナラ、現場写真に書類データをひも付け

    現場の電子化(3)ペーパーレス管理

     屋外での肉体労働のイメージが強い建設業界。実は、それと同じくらい重労働で、現場の職員を困らせる作業がある。事務手続きや資料作成だ。工事の入札や契約の書類、施工関係図書、検査や点検の記録――。いまだに大半の現場では、紙でこれらをやり取りしている。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る