閉じる

土木

  • 鉄とコンクリートを超えろ 汎用材だって負けていない

    「高強度」への飽くなき挑戦

    大成建設、三井住友建設など

     新しい材料が台頭する一方で、汎用材である鉄やコンクリートも日々、進化を遂げている。高強度を追い求めたり、省資源にしてコストを下げたり──。長年の実績と信頼を強みとする汎用材だって負けてはいない。

  • 鉄とコンクリートを超えろ 材料技術の最新トレンド

    建設材料の開発にITや生物の力を

     材料業界の分野では、ここ数年で次々と新しいトレンドが誕生し、定着している。建設業界ではまだなじみが薄いかもしれないが、いずれは仕事に直結する可能性が高い。先取りして、新しい波に乗り遅れないようにしよう。

  • 鉄とコンクリートを超えろ

    「廃プラ問題」は建設にお任せ

     ペットボトルやレジ袋などの廃棄物が地球を汚染する「廃プラスチック問題」。建設業界にとって、決して対岸の火事ではない。現場にはプラスチック建材があふれており、脱化石燃料を実現する材料開発は急務だ。

  • 鉄とコンクリートを超えろ 爆発的普及の繊維強化樹脂

    アラミドで30年の耐久性を実証

    三井住友建設

     腐食しないアラミド繊維強化プラスチック(AFRP)のロッド材を橋の緊張材として長年、研究している三井住友建設(写真1)。今から約30年も前、重量トレーラーが通る環境下にAFRPロッドを緊張材とする中空プレテン単純桁を架設した。

  • 鉄とコンクリートを超えろ 爆発的普及の繊維強化樹脂

    石から採れるバサルトに再注目

    アルテクロス、金沢工業大学、鉄道総研など

     「中国から購入するバサルトの糸の量は、例年1tに満たなかった。しかし、2019年は他社への供給が増え、一気に30倍になった」。こう明かすのは、福島市に本社のあるアルテクロス開発営業部の鴇巣(とうのす)健治部長代理だ。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る