閉じる

車載部品

  • ニュース解説

    スズキが大型2輪車の“象徴”を復活、不振の欧州・日本で巻き返しへ

     「象徴として重要な車両だ」――。スズキの関係者が声をそろえるのは、大型2輪車の「カタナ」に関してだ。約19年ぶりに復活させる。2019年5月までに欧州市場で発売。2019年中には日本市場への投入を目指す。スズキの持つ先端技術を積み上げて先代モデルに比べて35kg軽い215kgとした。1割以上軽くす…日経 xTECH

  • ニュース解説

    「手応えと切れがある押し心地」だが静かなタクトスイッチ

     アルプスアルパインは、新しい操作感を付加したタクトスイッチを開発した。自動車メーカーが、ブランドに合わせてユーザーインターフェースの操作感を統一する傾向が強まっていることに対応した。開発品は、「手応えと切れがある押し心地」という。日経 xTECH

  • セミナー

    採用広がる車載Ethernet、自動運転やコネクテッドの要

    車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向などについて、大手自動車メーカーや車載部品メーカーなど、国内外から第一線で活躍する講師を招聘、2日間にわたって開催します。日経 xTECH

  • ニュース解説

    日本のクルマも樹脂配管で軽量化を

    ダイセル・エボニック、網干工場に多層樹脂チューブ押し出し機導入

     ダイセル・エボニック(本社東京)は、網干工場に樹脂の多層チューブを製造する押し出し成形機を導入した。量産と同等レベルの生産能力を持つ。メーカーの樹脂チューブ開発をサポートし、日本での自動車における樹脂チューブ部品の採用を促す狙いがある。日経 xTECH

  • ニュース解説

    大型トラックに可変配光ヘッドランプ、日野が日本初

    「プロフィア」を安全技術の旗艦車に

     商用車で国内首位の日野自動車は、大型トラック「プロフィア」を部分改良して2019年4月1日に発売した。可変配光機能「ADB(Adaptive Driving Beam)」を備えたヘッドランプを、日本の大型トラックとしては「初めて」(同社)搭載したのが特徴である。安全性を向上した旗艦車として他社と差…日経 xTECH

  • ニュース解説

    日本電産、車載事業の相乗効果狙いオムロン子会社を1000億円で買収

     日本電産は2019年4月16日、オムロンオートモーティブエレクトロニクス(小牧市)の株式取得などにかかわる譲渡契約を、オムロンと締結した。オムロンが所有するオムロンオートモーティブエレクトロニクスの全株式(異動後所有株式が10万株、議決権数が10万個、議決所有割合は100%)を日本電産が取得する。…日経 xTECH

  • 新車レポート:トヨタ「RAV4」

    新型RAV4、新開発4WDユニットに世界初のディスコネクト機構

    燃費を改善しつつ安定性や走破性を高める

     トヨタ自動車が全面改良を施し、日本で2019年4月10日に発売した中型SUV(多目的スポーツ車)「RAV4」。5代目となる新型車では、SUVの“ワクドキ”(ワクワクやドキドキ)の復活を目指し、ガソリン車向けの4輪駆動(4WD)ユニットの1つとなる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を新たに開発…日経 xTECH

  • 上海モーターショー2019

    VWが3列シートEVを上海で公開、EV基盤外販の試金石に

    中国メーカーを顧客にできるか

     ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)は2019年4月14日、大型SUV(多目的スポーツ車)タイプの電気自動車(EV)「ID. ROOMZZ」を2021年に中国で発売すると発表した。日経 xTECH

  • ニュース解説

    日本電産、一体型EVモーターで中国市場の席巻を狙う

     「我々は、走る、曲がる、止まるのキーコンポーネントをついに手に入れた。今後は電動化と自動走行といったハードウエアに密着した様々な技術に注力する。電気自動車(EV)のプラットフォーム事業も手掛けたい」。日本電産専務執行役員の早舩一弥氏は新製品発表会で、こう熱く語った。日経 xTECH

  • 電池「交換式」モビリティー、成功の条件

    EVバイクを買うのは妥協でしかなかった

    Part6 台湾バイクの雄、日本勢の脅威に

     「航続距離が短く価格も高い。電気自動車(EV)バイクを買うことは妥協でしかない。しかし、これは従来までの話だ。利便性を高める電池交換の仕組みで常識を変える」――。こう意気込むのは、台湾のガソリンバイク首位、キムコ(KYMCO)グループ会長のAllen Ko氏だ。自社で電池交換プラットフォーム(PF…日経 xTECH

  • ニュース

    VWの次世代EV、EBのHMI開発環境を採用

     ドイツ・エレクトロビット(Elektrobit、EB)は2019年4月11日(ドイツ時間)、ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)が次世代電気自動車(EV)「ID.ファミリー」にEBのHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)開発環境を採用したと発表した。日経 xTECH

  • クルマのうんテク

    土砂降りでも走れる自動運転、三菱電機が可能に

     自動運転車は雨や霧に弱い。これはセンサーが働きにくくなるためだ。三菱電機は「悪天候に対応可能な車載向けセンシング技術」を開発した。豪雨や濃霧でも、新技術を使うと自動ブレーキを作動させることができたという。日経ビジネス

  • ニュース解説

    MaaS車両の信頼性を評価、部品メーカー支える施設が伊勢に

    UL Japanが「信頼性試験ラボ」を開設

     クルマの電子・電動化が進む中で、車両システムの信頼性評価が自動車メーカーや部品メーカーの喫緊の課題になってきた。評価する部品は多岐にわたり、試験項目も多い。メーカー社内では、専門知識を持つ評価人材が不足しているという。解決策の1つが、外部の評価機関に委託することである。日経 xTECH

  • ニュース解説

    ヤマハ発動機、3輪車で目指した4輪車の“乗り味”

    LMW機構を採用した新型車を発売

     ヤマハ発動機は、「リーニング・マルチ・ホイール(LMW)機構」を採用した新型3輪車を開発し、2019年3月から受注生産を始めた。名称は「NIKEN(ナイケン)」。排気量は845ccで、前2輪後ろ1輪の後輪駆動車である。同社の大型2輪車「MT09」をベースに前輪部分を改造した。従来のLMW機構に比べ…日経 xTECH

  • 新車レポート:トヨタ「RAV4」

    新型「RAV4」、SUVの“ワクドキ”の復活目指す

     トヨタ自動車は、グローバルで年間約85万台を販売する中型SUV(多目的スポーツ車)「RAV4」を全面改良し、5代目となる新型車を2019年4月10日に発売した。4代目は日本市場への投入を見送ったが、5代目は再び日本市場でも販売する。日経 xTECH

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

もっと見る