閉じる

車載部品

  • ニュース解説

    スズキ、軽自動車の自動ブレーキを夜間歩行者に対応

    日立の新型ステレオカメラを搭載

    スズキは、軽自動車の自動ブレーキを夜間の歩行者に対応させた。同ブレーキを装備する軽商用車「エブリイ」と軽乗用車「エブリイワゴン」の部分改良車を、2019年6月17日に発売した。日経 xTECH

  • COMPUTEX TAIPEI 2019速報

    2輪車向けアフターマーケットを狙う

    大原雄介のCOMPUTEX TAIPEI 2019レポート(2):自動車/ネットワーク/学校編

     台湾の自動車産業は盛んとは言い切れない。国瑞汽車/裕隆汽車/中華汽車/福特六和汽車がそれぞれトヨタ自動車と日野自動車/日産自動車/三菱自動車/米Ford MotorのOEM(相手先ブランドによる生産)供給をし、裕隆汽車が高級車ブランドの「納智捷」を展開している程度で、市場はそれほど大きくない。この…日経 xTECH

  • ミシュラン「Movin’On Summit 2019」

    3Dプリンティングでアルミ外板を造形、中国ベンチャーがシャシーに適用

     中国のモビリティーベンチャーであるピクスムービング(PixMoving)は、3Dプリンティングの技術を使って外板をアルミニウム(Al)で造形した試作シャシーを開発した。100時間以内で造形でき、顧客が求める車両の形状に柔軟に対応できる。価格は約4万3000ドル(1ドル=109円換算で約470万円)…日経 xTECH

  • ニュース解説

    ホンダがAWS活用事例を披露、走行データが導く社会変革

     ホンダは2019年6月14日、ネットにつながった自動車(コネクテッドカー)から集めたデータを使った技術開発や活用事例の取り組みを披露した。AWSを活用してクルマの移動経路や移動時間といったデータを収集、分析し、道路の混雑状況の把握などに役立てる。日経 xTECH

  • ニュース解説

    日産悲願の可変圧縮比エンジン、実現支えたベンチャーの技術

     「機構のコンセプトはずっと前からあった」(日産自動車の説明員)。だが、長いこと量産車向けには実現できずにいたのが、日産の可変圧縮比(Variable Compression、VC)ターボエンジン「VCターボ(VC-T)」だ。同社は、同エンジンをついに量産車向けとして世界で初めて実現、同社の高級車ブ…日経 xTECH

  • ニュース

    GMの大型ピックアップが好調、1億5000万ドルを投資して生産拡大

     米GM(General Motors)は2019年6月12日、大型ピックアップトラックの生産を拡大するため、ミシガン州フリントにあるトラック組立工場に1億5000万ドルを投資すると発表した。新型「Chevrolet Silverado」と「GMC Sierra」の生産を増やす。日経 xTECH

  • ニュース解説

    バスを「30mm」精度で自動幅寄せ、トヨタグループ・いすゞが熟練運転者の技術搭載へ

    2020年に実用化

     トヨタグループといすゞ自動車は2020年をめどに、バス停に自動で幅寄せする技術「自動正着」を路線バスに搭載する。トヨタグループの日野自動車と、いすゞが共同で開発し、日野が生産してトヨタが販売する燃料電池(FC)バスや、日野といすゞが共同で生産する路線バスに適用していく。熟練の運転者の水準まで車両が…日経 xTECH

  • ニュース解説

    トヨタ、20年に超小型EVを発売 

     トヨタ自動車は、軽自動車よりも小さい、超小型電気自動車(EV)を2020年に発売する。まずは国内専用のモデルとして事業化に踏み切る。EVはコストが課題としてあるが、小容量の電池でも使える近距離移動用の車両とすることで、事業性を成立させる。日経 xTECH

  • ニュース解説

    マイクロン広島工場に新棟完成、「日本に数十億ドル規模の投資続ける」

     米マイクロンテクノロジー(Micron Technology)は、マイクロンメモリ ジャパン(旧エルピーダメモリ)の広島工場(Fab15)に新棟となる「B棟」を増設した。同工場では10年ぶりの新設で、マイクロンテクノロジーの中で最大のDRAM工場となったという。4階建ての建物で、3階に約70m×1…日経 xTECH

  • ニュース解説

    ホンダが世界最高水準のエンジン効率47%、20年代目標

    プレチャンバー採用、F1技術の転用へ

     ホンダが開発中のガソリンエンジンの試作機で、最高熱効率が47.2%に達した。F1などの競技車で採用が広がるプレチャンバー(副燃焼室)技術を活用し、超希薄燃焼(スーパーリーンバーン)を実現する。2020年代の実用化を目指す。日経 xTECH

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る