閉じる

建築

  • ねっとわーく 読者から

    求む!Uターン、Iターン技術者

    松ケ野 勇(35、建設コンサルタント会社)

     出身県にUターンで戻ってきて、建設コンサルタント会社で働いている。地元の同業他社では最近になって世代交代が進み、40歳代の若手経営者が増えている。一方、新卒をはじめとする入社希望者は減っており、地元企業の間で人材を取り合っている状況だ。経営の若返りを図ったとしても、人が減り続けるのでは会社の将来に…

  • エコハウス時代の換気トラブル

    光熱費を上げる換気運転

     省エネを図れるはずの熱交換型換気設備で、その機能を十分に発揮できず、エネルギー消費量を増やしてしまうことがある。住宅会社から適切な換気の使用方法を伝える重要性が見えてくる。

  • ニュース解説:建築・住宅

    18年6月期:3カ月ぶりの減少、住宅着工戸数は7.1%減

     国土交通省によると、2018年6月の住宅着工戸数は8万1275戸で、対前年同月比は7.1%減となった。3カ月ぶりの減少だった。利用関係別にみると、前年同月比で持ち家、貸家、分譲住宅ともにマイナス成長だ。

  • ニュース解説:土木

    アジャイルな組織へシフトを、国交省若手が提言

     国土交通省の若手職員による政策立案プロジェクト「政策ベンチャー」は2030年に向けた「日本を進化させる生存戦略」をまとめ、石井啓一国交相らに報告した。国交省自身に対し、臨機応変などを意味する「アジャイル」をキーワードに組織の変革を求めている。

  • ニュース解説:建築・住宅

    六本木の路地巡りで体感、アートが発見させる街の個性

     アート作品を通じて街を眺める。それは、いつも目的地へ行くためだけに歩いているときには意識していなかった“この街ならでは”の面白みを味わうきっかけとなる。そんな可能性を、東京・六本木の夜のアートイベントを題材に探ってみる。

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る