閉じる

建築

  • 3分でわかる必修ワード 建築・住宅

    3分でわかる IR

     国際競争力の高い滞在型観光の切り札として脚光を浴びるIR。シンガポールなど海外のIRを参考に定めた施設基準では、超巨大ホテルと会議場併設が条件となる。

  • 製品ガイド:建築・住宅

    天然石の風合いを再現したシート状の外壁材

    101ClassArtStone(クラスアートストーン)   凸版印刷

     凸版印刷は、天然石の風合いを再現した外壁シート「101ClassArtStone(クラスアートストーン)」を2019年4月に発売した。

  • ニュース解説:土木

    防災重点ため池が6万カ所超、新基準で5倍に

     農林水産省は2019年6月11日、決壊すると人的被害を及ぼす恐れのある「防災重点ため池」を新たな基準で再選定した結果、これまでの5倍を超える約6万4000カ所になったと発表した。豪雨によるため池の決壊が相次ぐなか、防災重点ため池への指定漏れを防ぐため、農水省が18年11月に全国一律の基準を新たに設…

  • ニュース解説:建築・住宅

    改修住宅のモデルハウスに都が補助金

     東京都は、既存住宅の流通促進や空き家の発生抑制などを目的に「東京リフォームモデルハウス事業」を実施する。既存住宅をリフォームし、モデルハウスとして公開する事業者を募集。認定を受けた事業者に対して、都はモデルハウスの運営費用の一部を補助する。応募受付は2019年5月30日にスタートしており、期限は1…

  • ニュース解説

    イノベーション拠点に500億円、IoTやロボットに挑む清水建設の決意とは

     清水建設は500億円を投じて東京都江東区に大規模イノベーションセンターを建設する計画を発表した。オープンイノベーションでIoTやAI、ロボットなどの先端技術を社内に取り込む。国内市場の先細りが予見される現在、建設業に寄りかかる経営体制を改め、新しいビジネスの芽を探る動きが熱を帯びている。

  • ニュース解説:建築・住宅

    押して歩くだけでAIが床面のひび割れを検出

     イクシス(川崎市)は、床面ひび割れ検知ロボット「Floor Doctor(フロアドクター)」を開発した。点検者が、このロボットを押して歩くだけで、撮影した床面の画像から人工知能(AI)がひび割れを検出する。

  • ニュース解説:建築・住宅

    構造界の巨匠逝く、川口衞氏が挑んだ五輪と万博

    「国立代々木競技場」や「お祭り広場大屋根」などを手掛ける

     川口衞(まもる)構造設計事務所代表の川口衞氏が2019年5月29日、病気のため死去した。86歳だった。1964年東京五輪で「国立代々木競技場」の構造設計を手掛けるなど、日本を代表する構造家だった。

  • ドボクイズ

    Q.滋賀・草津川の“廃川”跡地をどう活用した?

     滋賀県草津市の市街地を抜けて琵琶湖へと注ぐ草津川は、河床が周辺の土地よりも5mほど高い位置にある典型的な天井川でした。幅の広い新しい河道が完成したことで、旧河道は2002年に“廃川”となりました。市は旧河道の一部を県から買い取り、市民のために利用することにしました。どのような用途に再生させたでしょ…

  • ねっとわーく 読者から

    官民で業界のテレビCMを

    金沢 吉彦(57、建設コンサルタント会社)

     建設業界はPRが下手だと言われる。最近の動向を見ていても、改善は感じられない。いくら日経コンストラクションのような専門雑誌に取り上げられても、一般の人に届かなければ、業界の存在価値について世間の認知度は上がらないと思う。

  • ニュース解説:建築・住宅

    わずか1年でAI事業立ち上げ、構造物検査会社の野望

     年間3000棟以上もの構造物の調査・診断業務を手掛けるジャスト(横浜市)は、人工知能(AI)を活用したサービスを次々にリリースしている。開発した技術を一体化し、様々な目的に応じた画像診断プラットフォームの構築を目指す。

  • これで解決! 建築の音トラブル

    「空気は遮音・吸音」「固体は防振」でトラブル防ぐ

     建物では、音の伝わり方を理解して設計・施工すれば、効果的な騒音対策が施せる。基本的な対策は、空気伝播音が「遮音・吸音」、固体伝播音が「防振」だ。建物で実際に生じた音トラブルを紹介し、その原因と対策を解説する。

  • 土木のあの日 過去記事週間ランキング(2018年6月17日~6月23日)

    1位は「リベンジ成功」

     日経 xTECH土木面で、過去に公開したニュースをランキング形式でご紹介します。2018年6月17日~6月23日に読まれた記事の1位~10位までを、本日6月17日~6月23日にかけて無料で読めるようにしました。

  • ニュース i-Construction

    都市部でもドローンの目視外飛行を可能に

     政府は2022年度をめどに、操縦者の目視の範囲外にドローン(小型無人機)を飛ばすことを、地上に第三者がいる場所で解禁する考えだ。都市部の橋や建物などの点検にドローンを活用しやすくなる。

  • アラップ・トータルデザインの舞台ウラ

    ガラス箱を積み上げる、OMAによるコペンハーゲン新名所「BLOX」

    アラップ・トータルデザインの舞台ウラ(70)

    デンマーク・コペンハーゲンの観光名所、人魚姫像から、入り江沿いを数キロメートル。新しい名所「BLOX」が2018年にオープンした。BLOXは、OMAの設計による延べ面積2万8000m2の複合施設だ。講堂、展示スペース、オフィス、デンマーク建築センター、都市計画事務所「BLOXHUB」のオフィス、カフ…

  • 技術のプチ歴史を学ぶ

    瞬く間に普及した省力化の急先鋒――木造プレカット

    木造プレカット、その1〔技術の原点編〕

     調査データによれば、木造軸組み構法におけるプレカット材の利用率は、2015年に9割を上回った。今や木造住宅の主流となったプレカットだが、それほど古い歴史があるわけではない。この30~40年ほどの間に急速に普及した技術だ。木造や木材利用のコンサルティングなどを担う木構造振興の原田浩司客員研究員にその…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築・住宅

もっと見る