閉じる

航空・宇宙

  • ニュース解説

    空飛ぶクルマは100年に一度の大変革、その潜在性をコンサルが語る

     「モビリティーの歴史を振り返ると、鉄道に自動車、飛行機がおよそ100年ごとに生まれてきた。空飛ぶクルマも100年に1度、飛行機以来のパラダイムシフトになるはずだ」――。こう語るのは、デロイトトーマツコンサルティング IP&Cセクターマネージャーの山本晴一郎氏である。同氏は、航空宇宙分野の展示会「国…

  • ニュース解説

    スバルとホンダ「国際航空宇宙展2018東京」に出展

     2018年11月28~30日に東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催された「国際航空宇宙展2018東京」には、国内外の多くの航空宇宙産業に関わる企業などが出展、各社の製品や研究開発技術を披露した。中でも会場で大きな規模のブースを展開していたのが、日本の自動車産業とともに航空/防衛産業に関わる企業…

  • ニュース解説

    空飛ぶクルマ研究ラボ代表が語った、実現に向けた3つの課題

    慶大教授の中野氏が講演

    「空飛ぶクルマの実現には、包括的なシステムデザインが必須」――。慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授で、空飛ぶクルマ研究ラボ代表の中野冠氏はこう訴えた。同氏は、航空宇宙分野の展示会「国際航空宇宙展2018東京」(2018年11月28~30日、東京ビッグサイト)と併催し…

  • 宇宙新時代、電機の挑戦

    従来の数千倍の放射線量に耐えるカメラ、宇宙向けの技術で実現

     宇宙分野にセンサーなどを1950年代の創業当初から提供している老舗メーカーの日本航空電子工業は、新たに宇宙事業に参入したベンチャー企業への営業活動を始めるなど、民需の取り込みを進めている。「1~2年前から衛星ベンチャーに向けて営業活動を始めた」(同社 航機事業部 事業部長代理の森元誠一氏)という。

  • ニュース解説

    アウディやエアバスの「空飛ぶEV」が実現へ前進、キー技術を実証

    1/4のスケールモデルで登場モジュールの着脱を実証

     ドイツVolkswagen(VW、フォルクスワーゲン)グループのAudi(アウディ)は、同グループのデザイン企業Italdesign(イタルデザイン)やフランスAirbus(エアバス)グループと共同で開発している空飛ぶクルマ「Pop.Up Next」の試作品を、ドローン関係のイベント「Amster…

  • ニュース解説

    航空機市場は600兆円超に、空飛ぶクルマや滞空型無人機も勃興

    エアバス・ジャパンが講演

    「今、航空機業界は活況を呈している」――。航空宇宙分野の展示会「国際航空宇宙展2018東京」(2018年11月28~30日、東京ビッグサイト)の併設セミナーに登壇した、エアバス・ジャパン 日本担当コミュニケーション・ディレクターの野坂孝博氏はこう語る。同氏は講演の中で、今後20年間、航空機市場の成…

  • ニュース解説

    ドクターヘリの第一人者が語る「空飛ぶクルマ」への期待

    「コード・ブルー」医療監修の松本医師が講演

    航空宇宙分野の展示会「国際航空宇宙展2018東京」(2018年11月28~30日、東京ビッグサイト)の併設セミナー「空飛ぶクルマ・シンポジウム」で、現役医師の松本尚氏が講演し、救命救急医の立場から「空飛ぶクルマ」への期待などを語った。同氏は日本医科大学千葉北総病院救命救急センター長で、日本医科大学救…

  • ニュース解説

    日本からの「空飛ぶクルマ」参入を促したい、熱気あふれる会場で経産省のキーパーソンが講演

    「国際航空宇宙展2018東京」のシンポジウムから

     「民間企業から、『空飛ぶクルマ』という新しいものに対して『どれぐらいアクセルを踏んで取り組んでいいのか分からない』といった声が聞かれる。そこで、我々としては、将来の予見性を高め、事業者の参入を促したい」――。こう語るのは、経済産業省の海老原史明氏(製造産業局 航空機武器宇宙産業課 課長補佐)である…

  • ニュース解説

    「航空分野にAIは不可欠」「エアタクシーに期待」ボーイングが講演

     航空宇宙分野の展示会「国際航空宇宙展2018東京」(2018年11月28~30日、東京ビッグサイト)の併設セミナーで、「ボーイングが創立100年の後に考える未来の空の旅」と題し、Boeing Commercial Airplanes、Director、Product Strategy and Fu…

  • ニュース

    木質系バイオマスからバイオジェット燃料、製造技術を確立へ

    東洋エンジニアリング・MHPS・中部電力・JAXAが実証設備建設

     東洋エンジニアリングと三菱日立パワーシステムズ(本社横浜市)、中部電力、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は共同で、木質系バイオマスを原料とした純バイオジェット燃料を合成する実証設備を建設する。中部電力の新名古屋火力発電所(名古屋市)構内で着工しており、2020年度の検証運転開始を目指し、2019年…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る