閉じる

クルマ

  • Display Innovation

    JDIが上海の自動車展に出展、車載ディスプレーの未来像を示す

    ディスプレー展から自動車展へ、産業の川下へ打って出る

     ジャパンディスプレイ(JDI)は、中国の上海虹橋地区の国家会展中心で2018年10月15日から17日まで開催されている自動車関連製品の展示会「中国国際自動車商品交易会(CIAPE:China International Auto Products Expo)」に出展し、未来の車載ディスプレーのコン…

  • 新車レポート:Audi「A8」

    “伝えたくて震える”、アウディの新世代HMI

    システム供給は日本メーカーのアルパインが獲得

     積極的に震わせる──。ドイツ・アウディ(Audi)がクルマのHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)に新しい伝達手段を加えた。着目したのが手への触覚だ。これまでは視覚と聴覚に訴えてきた。Audiは、2018年9月に日本導入を発表した新型セダン「A8」と「A7」に触覚フィードバック機能を備えた…

  • 佐野正弘が斬る!ニュースなアプリの裏側

    驚きのトヨタ・ソフトバンク提携、KDDIやNTTを選ばなかった理由

     ソフトバンクとトヨタ自動車は2018年10月4日に緊急会見を開き、新しいモビリティサービスの構築に向け提携し、合弁会社「MONET Technologies」を設立して共同で事業展開していくことを明らかにした。なぜトヨタ自動車は、モビリティサービスに関する提携相手として、既に提携関係にあるKDDI…

  • クルマのプロが徹底調査、間違いだらけの自動車予測

    EVが今後の主流になる? 技術的な根拠を示せ

    序章 自動車のプロが感じた疑問---元トヨタ技術者の藤村俊夫氏が分析

     世の中の予測は間違いだらけ──。100年、いや130年に1度の変革期を迎えたと言われる自動車業界。自動車業界の将来予測は花盛りだ。ところが、「なぜそう予測できるのか、根拠が薄いものが実に多い」と指摘するのが、元トヨタ自動車の技術者で愛知工業大学工学部客員教授の藤村俊夫氏である。自動車を知り尽くす同…

  • ニュース解説

    スバル、「XV」などに車両の停止保持機能を追加

     SUBARU(スバル)は小型SUV(多目的スポーツ車)「XV」と中型車「インプレッサ」に、車両の停止保持機能を追加する。XVは2018年10月19日に発売する部分改良車に、インプレッサは同年11月2日に発売する部分改良車に搭載する。

  • ニュース解説

    ドイツ自動車メーカー2社それぞれに、NECが1000ノード以上のHPCシステムを納入

    インテル デベロッパー・カンファレンス 2018で講演

     NECは、米インテル(Intel)社の工場で組み立てたサーバーをベースにNECが構築したHPC(High Performance Computing)システムに関して、2018年10月10日に東京で開催の「インテル デベロッパー・カンファレンス 2018」で講演した。登壇したNECの陶 理恵氏(グ…

  • 商用車ショー「IAA 2018」リポート

    量産予定の大型EVトラック、技術の中身をダイムラーが明かす

    航続距離は200km、モーターは2個載せる

    ドイツ・ダイムラー(Daimler)は、2021年をめどに大型の電気自動車(EV)トラックを量産する。世界有数の商用車のモーターショー「IAA商用車ショー(IAA Commercial Vehicles show)」(一般公開2018年9月20~27日、ドイツ・ハノーバー)で、電池やモーター、インバ…

  • ニュース解説

    VolvoがNVIDIAの車載AIコンピューターを採用

    2020年代初頭にレベル2+

     米エヌビディア(NVIDIA)は2018年10月10日、スウェーデン・ボルボ(Volvo)が2020年代初頭に生産する「レベル2+」の自動運転車に、NVIDIAの車載AIコンピューター「DRIVE AGX Xavier」を採用したと発表した。同日に開催されたNVIDIA主催の開発者会議「GTC E…

  • ニュース

    ボルグワーナー、中国・武漢に電動車部品の新工場

     米ボルグワーナー(BorgWarner)は2018年10月8日、中国・武漢の蔡甸(さいでん)経済開発区に建設中だった新工場を、正式にオープンしたと発表した。中国の電動車需要の増加を支援するため、駆動用モーター、P2モーター、ベルト・オルタネーター・スターター・システム、その他の電気駆動関連部品を生…

  • Automotive Report

    英アストンマーティン初のEV、「Rapide E」にF1技術

     英アストンマーティン(Aston Martin)は2018年9月、同社初の電気自動車(EV)となる「Rapide E」に関して、パワートレーンの技術詳細を発表した。Rapide Eは生産台数を155台に限定した高性能EVで、St. Athan工場で生産し、納車は2019年第4四半期ごろに始まる予定…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る