閉じる

クルマ技術/動向

  • シリコンバレーNextレポート

    フェイスブックが「ビジネスVR」に本腰、2019年秋から

    フォードやウォルマートなどと試験運用開始

     米フェイスブック(Facebook)は、 B to B用途でのVR事業、いわゆる「ビジネスVR」に本格的に乗り出す。同社のVR用HMDと、B to B向けソフトウエアなど一緒にしたビジネスVRのサービス基盤(プラットフォーム)「Oculus for Business」を2019年秋から一般販売を始…

  • Hot News

    Teslaが「完全自動運転化」うたう車載コンピューター、異を唱えるNVIDIA

    ロボットタクシーやカーシェアへ

     「このハードウエアを搭載したTesla(テスラ)車はすべて、ソフトウエアのアップデートで完全自動運転になる」-。米Tesla CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は2019年4月22日、同社がアナリスト向けに開催した自動運転機能などに関する発表会で、こうぶち上げた。

  • ニュース解説

    ホンダ、20年投入のグローバルモデルから新アーキテクチャー

    小型の2モーターハイブリッドシステムを新型フィットから適用

     「来年(2020年)に投入する新しいグローバルモデルから(同社の新アーキテクチャーとなる)『ホンダアーキテクチャー』を採用する」――。ホンダ社長の八郷隆弘氏は2019年5月8日に開いた事業方針説明会でこう説明した。

  • 電動化は魔法の箒

    経産省と国交省が“編隊飛行”、日本の空で移動革命

    「2019年に試験飛行、2023年に事業開始」

     将来のモビリティー(移動手段)として注目を集める「空飛ぶクルマ」実現に向けた動きが、日本でもにわかに活発になってきた。経済産業省と国土交通省は2018年8月24日、官民の関係者が一堂に会する「空の移動革命に向けた官民協議会」を立ち上げた。

  • ソニー Xperia「Z」の源流

    全面ガラス素材?冗談だろう

    第2回 リスクが大き過ぎないか

     一枚板のようなスマートフォン─。1人のデザイナーが思い描いた製品の企画がついに始動した。風変わりな素材や構造に懸念の声が噴出する。デザインの後を継いだ設計も苦労の連続に見舞われた。

  • ニュース解説

    打倒グーグル、トヨタ・パナソニック連合で“街づくり”

     米グーグル(Google)の軍門に下るわけにはいかない――。そんな思いがにじむ決断である。街づくり事業に関する合弁会社の設立を決めたトヨタ自動車とパナソニック。この領域ではGoogleをはじめとするIT企業が大きく先行しており、日本を代表する2社は手を組んで対抗する。

  • ニュース解説

    N-BOXが首位を独走、2019年4月の新車販売ランキング

    日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2019年5月10日に発表した2019年4月の車名別新車販売台数によると、ホンダの軽自動車「N-BOX」が20カ月連続で首位となった。

  • ニュース解説

    「トップの責任は2016年当時よりも重い」、スズキ会長

    「全ての関係者に多大な迷惑をかけたことを、心からおわび申し上げる。全社一丸となって再発防止策に徹底的に取り組み、信頼回復に全力を挙げる」。スズキが2019年5月10日に開催した2018年度通期(2018年4月~2019年3月)の連結決算会見は、完成検査の不正に対する同社会長の鈴木修氏の謝罪で始まった…

  • ニュース解説

    「群馬製作所のフル操業は考えていない」、スバル社長

     「1台でも多くクルマを造るという方針を見直した。群馬製作所でフル操業することは考えていない」。SUBARU(スバル)社長の中村知美氏は、2019年5月10日に開いた2018年度通期(2018年4月~2019年3月)の連結決算会見で、同製作所の今後の操業に言及した。

  • ニュース

    ヤマハ発動機がDMPに出資、自動運転の技術開発を加速

    約15億円を投じて筆頭株主に

     ヤマハ発動機は、IPコアプロバイダーのディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)に出資する。自動運転技術などの開発に向けて、DMPが持つGPUコア資産や人工知能(AI)に関する知見を活用する。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

もっと見る