閉じる

クルマ技術/動向

  • ニュース解説

    日産がリカバリープラン、ゴーン流の拡大路線と決別

    販売台数や売上高の目標を下方修正、収益性の改善に全力

    日産自動車は2019年5月14日に開催した2018年度通期(2018年4月~2019年3月)の連結決算会見で、2022年度までの中期経営計画を見直すことを明かした。同社元会長のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)氏が推し進めた薄利多売の拡大路線を見直し、収益性の改善を急ぐ。

  • ニュース解説

    陸海空をAIで制す、ヤマハ発動機が約15億円の戦略投資

    DMPに出資、2021年の製品投入を目指す

     陸海空の製品群をAI(人工知能)技術で高度化していく――。ヤマハ発動機は2019年5月10日、IPコアプロパイダーのディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)との資本業務提携を発表した。DMPに、約15億円を出資する。同社のAI技術を適用した製品を、早ければ2021年に市場投入したい考えだ。既…

  • 電動化は魔法の箒

    天駆ける救急車、空から患者のすぐそばに

    「コード・ブルー」医療監修の松本医師が講演

     航空宇宙分野の展示会「国際航空宇宙展2018東京」(2018年11月28~30日、東京ビッグサイト)の併設セミナー「空飛ぶクルマ・シンポジウム」で、現役医師の松本尚氏が講演し、救命救急医の立場から「空飛ぶクルマ」への期待などを語った。同氏はドクターヘリの第一人者で、人気ドラマ「コード・ブルー」シリ…

  • ニュース解説

    いまだ希少のテスラ「モデル3」、試乗で驚いた二つの工夫

     米テスラ(Tesla)の日本法人テスラモーターズジャパンが日本に4番目となるサービス拠点を東京・東雲に設け、2019年5月10日から営業を始めた。その前日に見学も兼ねてテスラの量販電気自動車(EV)「モデル3」に同乗試乗してきた。

  • ソニーXperia「Z」の源流

    こんなやつらと仕事ができるのか

    最終回 反撃はこれからだ

     Xperia Zの製造は佳境を迎えつつあった。極め付けの悩みの種は背面パネルの加工である。一方、ソフトウエアではソニーとの一体開発を目指す取り組みが始まっていた。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

もっと見る