閉じる

クルマ技術/動向

  • テクノ大喜利

    レベル3対応車は明らかに危険、市場投入見送りを決断したボルボは賢明

    [改めて問う、レベル3自動運転の意義]服部コンサルティング インターナショナル 服部 毅氏

     レベル3対応自動運転車の存在意義と実現に向けた課題とその解決に向けた方策などを議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は服部コンサルティング インターナショナルの服部 毅氏である。同氏は、レベル3対応車が、極めて危険なクルマであることを指摘。たとえレベル3相当のクルマを開発できたとしても、あ…

  • テクノ大喜利

    自動運転レベル3は単なるプロダクトアウト的目標、社会的な意義には乏しい

    [改めて問う、レベル3自動運転の意義]アーサー・ディ・リトル・ジャパン 三ツ谷翔太氏

    今回のテクノ大喜利では、レベル3対応自動運転車の存在意義と実現に向けた課題とその解決に向けた方策などを議論した。最初の回答者はアーサー・ディ・リトル・ジャパンの三ツ谷翔太氏である。同氏は、気を抜いたドライバーに運転責任を引き継ぐことには、自動運転技術そのもののとは質が異なるレベル3固有の技術的な難し…

  • 御堀直嗣の注目新車インプレッション

    シトロエン「C5エアクロス」、見栄えはいいが取り回しや乗り心地に課題

     フランス・グループPSA(Groupe PSA)のシトロエン(Citroen)ブランドは、初のSUV(多目的スポーツ車)として「C5エアクロス(C5 Aircross)」を発売した。

  • 未来の道路

    知っておくべきモビリティー入門

     「CASE」「MaaS」「ADAS」──。横文字ばかりで取っつきにくい印象があるかもしれないが、いずれも自動運転を軸とする先進的なモビリティーの技術動向を知るうえで欠かせないキーワードだ。未来の道路を見通すために、必要な知識を整理しておこう。

  • 未来の道路

    次世代道路の原型が続々と

     未来の道路はもはや単なる移動用の空間ではない。近い将来に起こり得る様々な社会状況の変化を見据え、道路の変革に挑む最先端の取り組みを見ていこう。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る