閉じる

クルマ

  • ニュース

    アストンマーティンがSUV、試作車で走行テスト中

     英アストンマーティン(Aston Martin)は2018年11月14日、同社初となるSUVの車名が「DBX」に決まったと発表した。DBXは、同社傘下のLagondaブランドのSt Athan工場で生産し、2019年第4四半期に発表する予定。

  • テクノ大喜利

    TSMCは今までも準独占状態、今後は輪を掛けた黄金時代が到来

    【AIも自動運転もスマホも、未来はTSMC頼り?】回答者:Grossberg 大山 聡氏

     米グローバルファウンドリーズ(GLOBALFOUNDRIES)が、7nm FinFETプロセスの開発を無期限に停止すると発表。先端プロセスによるチップの製造を託せるファウンドリーがTSMCだけになったことの波及効果について議論している今回のテクノ大喜利。4番目の回答者はGrossbergの大山 聡…

  • 日本版MaaSの現在地

    中国の自転車シェアが日本撤退、シェアリングサービス「夢と現実」

    世界のライドシェアサービス企業が脚光を浴びる中、国内でもモビリティー系シェアリングサービスの認知度が急上昇している。国内のカーシェアリング、サイクルシェアリング、そしてタクシー配車のサービスの現状分析から、MaaSの未来を占う。

  • 先端技術で木が化ける

    低価値の木材成分を使う自動車部品で世界初の試験

     スギ材から抽出した改質リグニンを樹脂の成分とするガラス繊維強化プラスチック製の自動車部品を、実際の自動車に取り付けて耐久性などを確かめる。そんな世界初の試みが、2018年10月に日本国内で始まった。産業技術総合研究所と森林総合研究所、宮城化成(宮城県栗原市)、光岡自動車(富山市)の4者が実施してい…

  • electronica 2018

    「BMWが21年に採用」、イスラエル発のメカレスLiDAR

    光源はオスラム製レーザー

     イスラエルの新興企業Innoviz Technologiesは、可動部を不要にした「メカレス」のLiDARを利用したデモを「electronica 2018」で披露した。同社説明員によれば、「2021年にドイツBMWが販売する市販車に載る予定」だという。実際、Inoovizは、パートナーのカナダM…

  • ニュース解説

    VW、EV用電池のサプライチェーン拡充、4社調達体制に

     ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)グループは2018年11月13日、韓国の電池メーカーであるSKイノベーション(SKI)から電池セルを調達すると発表した。SKIから調達した電池は、北米および欧州で販売するVWグループの電動車に搭載する予定。

  • ニュース解説

    1km先の落下物や穴を車線ごとに把握、“つながるクルマ”2019年に検証へ

    コンチネンタルが自動車メーカーと共同で

     「1km先の追い越し車線に落下物があります」――。クルマの進行先の道路状況をリアルタイムに詳しく把握する取り組みが加速している。ドイツのコンチネンタル(Continental)は、自動車メーカーと共同で2019年に“つながるクルマ”(コネクテッドカー)の効果検証を始める。

  • ニュース解説

    JARI、自動バレー駐車のシステムを都内で公開

    コストを抑えて量産車で「レベル4」を実現へ

     日本自動車研究所(JARI)は2018年11月13日、自動バレー駐車のシステムを東京・台場の商業施設で公開した。自動車メーカーなどと共同開発したもので、システムの公開に合わせ、実験車両を使ったデモを見せた。

  • electronica 2018

    これが自動運転時代のヘッドランプ、1000チップ超のLEDアレーが製品に

    OSRAM Opto Semiconductorsが披露

     ドイツOSRAM Opto Semiconductorsは、1024(32×32)ピクセル分のLEDチップをアレー状に並べたヘッドランプ向けLED「Eviyos」を「electronica 2018」に出展した。1ピクセル分のLEDチップは非常に小さいことから、車載カメラで認識した外部環境の状況に…

  • テクノ大喜利

    先端チップ製造の1社独占を軽視してはいけない、iPhoneだって進化と差異化が困難に

    【AIも自動運転もスマホも、未来はTSMC頼り?】回答者:服部コンサルティング インターナショナル 服部 毅氏

     米グローバルファウンドリーズ(GLOBALFOUNDRIES)が、7nm FinFETプロセスの開発を無期限に停止すると発表。先端プロセスによるチップの製造を託せるファウンドリーがTSMCだけになったことの波及効果について議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は服部コンサルティング インタ…

  • ニュース解説

    “つながる”技術で稼働率向上、いすゞが小型トラック「エルフ」に適用

    MaaSに向けたキー技術

     いすゞ自動車は2018年10月29日、小型トラック「エルフ」に通信端末を標準搭載し、コネクテッド機能を備えた“つながる”トラックとして発売した。部品の故障を予知して知らせる「予兆診断」と、走行経路などを記録する運行管理を組み合わせる。物流事業者が重視する車両の稼働率を高めて競合他社と差異化する。価…

  • ニュース解説

    電動で排気バルブ2度開き、シェフラーが第2世代品

    摩擦損失を低減し、リフト量にも自由度

     ドイツ・シェフラー(Schaeffler)は、2018年10月31日~11月1日に東京で開催したプライベートショー「シェフラーシンポジウム2018」において、ディーゼルエンジンの排気バルブ2度開きに使える電動の2段階可変バルブリフト機構の第2世代品を日本で初めて公開した。排気バルブ2度開きは、吸気…

  • フェルディナント・ヤマグチの走りながら考えるー日経 xTECH支店

    「タダで良くできることはたくさんある!」

    第438回 タイトヨタ・バンポー工場潜入記(続々)

    前回の記事には、トヨタのこうした細かな「見た目」へのこだわりに対して、意味がないのではというコメントが多く寄せられた(反論もたくさんありました)が、考えてみれば、天下のトヨタがそんなヌルい凝り方をするはずがない。

  • テクノ大喜利

    先端チップの製造が本当にTSMC独占になれば、半導体の発展は終焉する

    【AIも自動運転もスマホも、未来はTSMC頼り?】回答者:野村證券 和田木哲哉氏

    2018年8月27日、米グローバルファウンドリーズ(GLOBALFOUNDRIES)が、7nm FinFETプロセスの開発を無期限に停止すると発表した。今回のテクノ大喜利では、先端プロセスでのチップ生産を託せるファウンドリーがTSMCだけになってしまったことの波及効果について議論した。最初の回答者は…

  • electronica 2018

    小型EVで「テスラ」目指す独ベンチャー、2019年量産へ

    セカンドカーとコミューター市場を狙う、e.GO

     ドイツの新興企業e.GO Mobileは、エレクトロニクスの展示会「electronica 2018」(2018年11月13~16日、ドイツ・ミュンヘン)の開催前日に開かれたカンファレンス「electronica Automotive Conference」に登壇し、同社が手掛ける小型の電気自動車…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る