閉じる

お知らせ

自動運転/ADAS

  • 3種のセンサーで高度化する自動運転

    カルマンフィルターでクルマの運動状態を推定する

    自動運転の要となる、LIDARを用いた周辺環境認識(後編)

     自動運転の鍵を握る周辺環境認識。前回に続いて、最近特に注目度が増しているLIDARを用いた周辺環境認識について、筆者が実践している取り組みを紹介する。移動体追跡の課題や、運動状態の推定、移動体追跡の精度を高める手法を解説する。

  • クルマのうんテク

    日産・ルノーの行方は? 手放し運転が実用化?

    2019年の自動車業界を占う

     年初コラムは、二つのテーマを取り上げたい。一つめは、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が有価証券報告書の虚偽記載で逮捕された事件の今後。もう1つは、自動運転に関してだ。

  • 3種のセンサーで高度化する自動運転

    クルマと人と自転車をLIDARで識別する

    自動運転の要となる、LIDARを用いた周辺環境認識(前編)

     自動運転の鍵を握るのが周辺環境認識である。前回までに、その実現技術である車載センサーについて、代表的な方式を紹介するとともに、利害得失や活用のためのポイントを解説した。今回は、最近特に注目度が増しているLIDAR を用いた周辺環境認識について、筆者が実践している取り組みを紹介する。

  • ニュース解説

    3大車載センサーの良いとこ取り、三菱が高精度認識技術を開発

     三菱電機は、カメラ、LiDAR(Light Detection and Ranging)、ミリ波レーダーの3種類の車載センサーによる情報から、信頼性の高い情報を取捨選択して、周辺環境の認識精度を高める技術を開発した。濃霧や豪雨などの環境においても、正確に認識し自動ブレーキを作動できることを実験で確…

  • 3種のセンサーで高度化する自動運転

    LIDAR、レーダー、カメラの得意・不得意

    自動運転に必要な5つの技術と、車載センサーの特徴を理解する(後編)

     急速に進歩するクルマの自動運転技術の中で、LIDARがセンサー技術のトレンドの1つになりつつある。LIDARによって実現できることや、自動運転はどのように進化するのかを考えつつ、LIDARを含めたさまざまな車載センサーの利害得失や活用のためのポイントについて、最近の話題や応用例を含めて俯瞰する。

  • 識者が指南、スキルアップの勘所

    加速するAI活用、成功する企業と失敗する企業

    岐阜大学 工学部 電気電子・情報工学科 教授、知能科学研究センター センター長 速水 悟氏に聞く

     人工知能(AI)の応用開発が本格化している。大手企業を中心にAIの導入・試行段階を終えて、目に見える成果を出す企業も現れ始めた。一方で、AIには「万能」のイメージが流布していることや、難解な技術という印象があり、AIで置き換えられる業務を見極めることが難しい。どうすればAIを業務でうまく活用できる…

  • ニュース

    スバル、新型「レガシィ」をシカゴモーターショーで発表

     SUBARU(スバル)は2019年2月8日、米国で開幕した「シカゴオートショー」(一般公開日:2019年2月9~18日)で、全面改良した新型「レガシィ」セダンを発表した。1989年に発売したレガシィはデビュー30周年を迎え、今回の全面改良で7代目となる。米国仕様は、米国生産拠点Subaru of …

  • 3種のセンサーで高度化する自動運転

    自動運転のキホンは移動ロボット

    自動運転に必要な5つの技術と、車載センサーの特徴を理解する(前編)

     急速に進歩するクルマの自動運転技術の中で、LIDARがセンサー技術のトレンドの1つになりつつある。LIDARによって実現できることや、自動運転はどのように進化するのかを考えつつ、LIDARを含めたさまざまな車載センサーの利害得失や活用のためのポイントについて、最近の話題や応用例を含めて俯瞰する。

  • インタビュー

    「MaaSに向けたタイヤ開発が重要に」、ミシュラン日本法人副社長

    取締役副社長の東中一之氏に聞く

     個人が所有するのではなく移動サービスとしてクルマを使う「MaaS(マース)」。自動車業界の勢力図を変えかねないこの動きを見据えて、古くからのタイヤメーカーも動く。MaaSで変わるタイヤへの要求性能とは――。フランス・ミシュラン(Michelin)日本法人の技術トップである東中一之氏に聞いた。

  • ニュース解説

    トヨタ友山副社長とソフトバンク孫社長、対グーグルの勝算

     トヨタ自動車で移動サービス事業を統括する副社長の友山茂樹氏は、米グーグル(Google)系企業が自動運転車の配車事業をいち早く商用化したことに対して、「100台規模と1万台規模で走らせることは、全く道筋が異なる」とけん制した。小さく始めて一気に規模を拡大するIT業界の勝利の方程式は、自動車という“…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

エネルギー

もっと見る