閉じる

木材活用最前線

ピックアップ

連載・解説ほか

新着記事

  • 木材活用 最前線

    ウッドデザイン賞2018の応募が始まる

     ウッドデザイン賞2018の応募受け付けが6月20日から始まった。締め切りは7月31日まで。書類による第1次審査、審査委員会による第2次審査を経て、10月下旬に受賞作品、11月下旬に最優秀賞などを発表。12月6日に「エコプロ2018」(東京ビッグサイト)で表彰式が行われる予定だ。

  • 木材活用 最前線

    「中高層ビルを木造に」、経済同友会が提言

     経済同友会は3月22日、国産材需要の拡大をめざす提言「地方創生に向けた“需要サイドからの”林業改革~日本の中高層ビルを木造建築に!」を発表した。会見には林業の育成に力を入れる高知県の尾﨑正直知事も同席し、「国産材需要の拡大と林業の活性化に向けた共同宣言」も行った。

  • 木材活用 最前線

    木造建築の技術や制度を読み解く

    東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの最後のテーマは、「木造建築の技術や制度を読み解く」。日経BP総研社会インフラ研究所上席研究員の小原隆の司会で議論を行っ…

  • 木材活用 最前線

    中高層建築は木材をこう使う

    東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2番目のテーマは、「中高層建築は木材をこう使う」。日経BP総研社会インフラ研究所上席研究員の小原隆の司会で議論を行った…

  • 木材活用 最前線

    低層非住宅を木造化するには?

    東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの最初のテーマは、「低層非住宅を木造化するには?」。日経BP総研社会インフラ研究所上席研究員の小原隆の司会で議論を行った…

  • 木材活用 最前線

    木造のコツは「燃え抜けない」設計

    桜設計集団代表、早稲田大学招聘研究員、NPO法人team Timberize副理事長 安井昇氏

    中大規模木造には、新しい木質材料や技術工法が次々と登場しており、また法制度の整備も進んでいる。中大規模建築の木造化・木質化について防火の観点から、桜設計集団代表の安井昇氏が解説する。

  • 木材活用 最前線

    都市木造は「地産都消」が不可欠

    東京大学 生産技術研究所木質構造デザイン工学 教授 腰原幹雄氏

    中大規模木造は、特別な知見や技術がなくてもつくることができる。都市で木造建築を増やす方法として、東京大学教授の腰原幹雄氏は「市場規模の大きい中層をターゲットにしたい」と言う。

  • 木材活用 最前線

    住宅用木材で中大規模木造はつくれる

    東京大学大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 木質材料学研究室 教授 稲山正弘氏

    木造住宅には慣れていても、中大規模木造となると二の足を踏んでしまう設計事務所や工務店などは少なくない。中大規模木造をさらに普及させるためにはどうすればいいか。東京大学大学院教授の稲山正弘氏に聞いた。

  • 糸魚川を大火にした“昭和8年の木造”

    隙間の多い昭和初期の屋根瓦が飛び火に対する弱点に

    約4万m2を焼損させた糸魚川大火。2016年12月22日の火災から検証を続けてきた国土技術政策総合研究所と建築研究所は、「昭和初期の瓦屋根」と「風で舞った火の粉」が延焼範囲を拡大させたと分析する。

  • 誰もやらなかったから木に着目

    世界の木造デザイン(7)隈研吾氏に聞く「今、木を使う理由」

    今、なぜ木なのか──。隈研吾氏にその理由を聞いたインタビュー記事の一部を、書籍「世界の木造デザイン」(6月26日発売)から特別に公開する。

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築・住宅

もっと見る