閉じる

木材活用最前線

新着

  • CLTを現しで中高層の耐震壁に、竹中工務店が開発

     竹中工務店は、鉄骨造の軸組みに直交集成板(CLT)の耐震壁を組み合わせた「CLT+鉄骨ハイブリッド構造」を開発した。S造部分とCLT部分を明確に分離、中高層建築物でもCLTを現しで使える。

  • 都市木造の課題はコスト、普及には「標準」が必要

    木材活用トラック/パネルディスカッション/腰原幹雄氏(東京大学 生産技術研究所 教授)、小林道和氏(竹中工務店 木造・木質建築推進本部 副部長)、齋藤健一氏(林野庁 林政部 木材産業課 木材製品技術室長)、柳瀬拓也氏(三菱地所 住宅業務企画部 兼 新事業創造部CLTユニット 主事)

     国産材の利用拡大には、木造の実績が少ない低層非住宅や中高層建築物への進出がカギを握るとされる。先進的な試みをする各氏が、普及に向けた課題や、当面、目指すべきターゲットなどを、日経BP総研 社会インフララボ 上席研究員の小原隆の司会で議論した。

  • コスト高の要因は、耐火仕様と経験不足

    木材活用トラック/パネルディスカッション/柳瀬拓也氏(三菱地所 住宅業務企画部 兼 新事業創造部CLTユニット 主事)

     大手デベロッパーの三菱地所が、都市部の中大規模、中高層建物を中心に、木材活用の試行を重ねている。複数のプロジェクトで木造を試みた結果、実感としてつかめたメリットや課題を、同社の柳瀬拓也氏が語った。

  • 耐火集成材やCLTで都市木造に実績

    木材活用トラック/パネルディスカッション/小林道和氏(竹中工務店 木造・木質建築推進本部 副部長)

     大手ゼネコンの竹中工務店は、都市木造の実績を着実に重ねている。耐火集成材「燃エンウッド」による大型の耐火建築物をつくるほか、CLTを用いるプロトタイプも提案する。同社の小林道和氏が、最近のプロジェクトを紹介した。

  • 林野庁が見据える「成長産業」としての木材活用

    木材活用トラック/動向解説/齋藤健一(林野庁林政部木材産業課木材製品技術室長)

     国産材の利用が徐々に増える一方で、木材を供給する山では森林管理の問題が深刻化している。林野庁は、多様な需要創出などで森林が適切に管理される環境を整備し、林業と木材産業の成長産業化を目指す。

  • 「普通の木造ビル」がつくれる汎用システムを急げ、腰原幹雄氏が提言

    木材活用トラック/特別講演/腰原幹雄(東京大学生産技術研究所教授)

     近年、各地で個性的な木造建築が建てられているが、木材利用の市場として期待される都市木造はまだ少ない。多層化が必要な都市木造の普及には、「普通のビル」をつくれる汎用システムが不可欠だと指摘する。

  • ウッドデザイン賞2018の応募が始まる

     ウッドデザイン賞2018の応募受け付けが6月20日から始まった。締め切りは7月31日まで。書類による第1次審査、審査委員会による第2次審査を経て、10月下旬に受賞作品、11月下旬に最優秀賞などを発表。12月6日に「エコプロ2018」(東京ビッグサイト)で表彰式が行われる予定だ。

  • 「中高層ビルを木造に」、経済同友会が提言

     経済同友会は3月22日、国産材需要の拡大をめざす提言「地方創生に向けた“需要サイドからの”林業改革~日本の中高層ビルを木造建築に!」を発表した。会見には林業の育成に力を入れる高知県の尾﨑正直知事も同席し、「国産材需要の拡大と林業の活性化に向けた共同宣言」も行った。

  • 木造建築の技術や制度を読み解く

    東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの最後のテーマは、「木造建築の技術や制度を読み解く」。日経BP総研社会インフラ研究所上席研究員の小原隆の司会で議論を行っ…

  • 中高層建築は木材をこう使う

    東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2番目のテーマは、「中高層建築は木材をこう使う」。日経BP総研社会インフラ研究所上席研究員の小原隆の司会で議論を行った…

  • 低層非住宅を木造化するには?

    東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの最初のテーマは、「低層非住宅を木造化するには?」。日経BP総研社会インフラ研究所上席研究員の小原隆の司会で議論を行った…

  • 木造のコツは「燃え抜けない」設計

    桜設計集団代表、早稲田大学招聘研究員、NPO法人team Timberize副理事長 安井昇氏

    中大規模木造には、新しい木質材料や技術工法が次々と登場しており、また法制度の整備も進んでいる。中大規模建築の木造化・木質化について防火の観点から、桜設計集団代表の安井昇氏が解説する。

  • 都市木造は「地産都消」が不可欠

    東京大学 生産技術研究所木質構造デザイン工学 教授 腰原幹雄氏

    中大規模木造は、特別な知見や技術がなくてもつくることができる。都市で木造建築を増やす方法として、東京大学教授の腰原幹雄氏は「市場規模の大きい中層をターゲットにしたい」と言う。

  • 住宅用木材で中大規模木造はつくれる

    東京大学大学院 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 木質材料学研究室 教授 稲山正弘氏

    木造住宅には慣れていても、中大規模木造となると二の足を踏んでしまう設計事務所や工務店などは少なくない。中大規模木造をさらに普及させるためにはどうすればいいか。東京大学大学院教授の稲山正弘氏に聞いた。

  • 糸魚川を大火にした“昭和8年の木造”

    隙間の多い昭和初期の屋根瓦が飛び火に対する弱点に

    約4万m2を焼損させた糸魚川大火。2016年12月22日の火災から検証を続けてきた国土技術政策総合研究所と建築研究所は、「昭和初期の瓦屋根」と「風で舞った火の粉」が延焼範囲を拡大させたと分析する。

  • 誰もやらなかったから木に着目

    世界の木造デザイン(7)隈研吾氏に聞く「今、木を使う理由」

    今、なぜ木なのか──。隈研吾氏にその理由を聞いたインタビュー記事の一部を、書籍「世界の木造デザイン」(6月26日発売)から特別に公開する。

  • 汎用木材で幅900mmの柱、開口部の制約少なく

    大林組は、開口部などの制約を最小限に抑えつつ、汎用木材で準耐火構造用の大断面材をつくる木造技術「オメガウッド・カラムウォール」を開発した。従来の「オメガウッド」より柱の断面幅を大きくしたのが特徴で、開口部の面積を約1.5倍、広く取れるようになった。

  • 木造の最先端を切り開くスイスの構造家

    世界の木造デザイン(4)ヘルマン・ブルーマー氏インタビュー

    木造に力を入れている建築家の坂茂氏は近年、スイスの構造家、ヘルマン・ブルーマー氏と多くのプロジェクト手掛けている。「タメディア新本社」もその1つ。その実現過程に関するブルーマー氏へのインタビュー記事を、書籍「世界の木造デザイン」(6月26日発刊)から特別に公開する。

  • 次世代の高層ビルは、木でつくられる──世界各国で進む木造高層建築プロジェクト

    未来の高層ビルは、木材を使って建てられるかもしれない。最新技術との組み合わせによって、1世紀前には考えられなかった高さの建築物も立てられるようになった木材。いま世界各地では、木造の高層建築物の建設プロジェクトが進められている。

  • まるで玩具! 坂茂氏の木造7階建てビル

    世界の木造デザイン(3)スイスのタメディア新本社

    日経アーキテクチュアは6月26日、テーマブック「世界の木造デザイン」を発行した。今回、同書に収録した「タメディア新本社」(スイス・チューリヒ)のリポート記事を特別に公開する。竣工したのは4年前の2013年だが、これほど木造であることが分かりやすい高層オフィスは今でも珍しい。

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る