今後公開予定の特集・長編記事

今後公開予定の特集・長編記事

日経 xTECHが今後公開を予定している特集・長編記事などを紹介します。

今後の特集

  • 土の崩壊メカニズムを探れ!

     斜面の崩壊や地盤の沈下、土砂災害など、土質や基礎に関するトラブルを中心にクイズ形式で取り上げる。原因と対策を考えてみよう。

  • 住宅の新リスク、カビの恐怖

     住宅の高断熱高気密化が進むなか、床下や壁内など見えない場所でカビ汚染が進展している。医師や研究者が、カビを原因とするアレルギー性疾患の増加に警鐘を鳴らし始めた。住宅のカビ問題を実際のトラブル事例からひも解くとともに、対応策を探ってみた。

  • マイカー利用半減、MaaSの衝撃

     トヨタ自動車社長の豊田章男氏は、「自動車業界は100年に一度の大変革の時代に入った。『生きるか死ぬか』の戦いが始まっている」と危機感を露わにする。自動車メーカーはMaaS時代にどう備えるのか。最新動向を解説する。

  • もうやめませんか、無償の補修

     住宅が完成した際に建て主が無償での補修を求める事例がある。そんな無償での対応に際限なく応じていると、住宅会社の利益はあっという間に吹っ飛ぶ。かといって、対応を誤れば、インターネットなどで悪評を流されかねない。無償補修に悩まされないための処方箋を探る。

  • 土木現場の失敗学

     設計や施工の現場で起こるさまざまな事故やトラブル。実際に起こった失敗事例をひもとくことで、未然に防ぐためには何に注意すればよいのか、教訓を考える。

  • 快進撃ダイキンが世界で勝てる理由

     2000年以降、急成長を見せるダイキン工業。過去17年で売上高を4倍以上に伸ばし、利益率も順調に高めてきた。事業の柱は「ローテク」と同社ですら呼ぶ空調機(エアコン)だ。

  • 透湿防水シートの死角

     外壁の通気工法は既に一般的な工法になってきた。ところが、その性能の要である透湿防水シートが思わぬトラブルを招いている。トラブル事例を参考にしながら、透湿防水シートの正しい使い方を伝える。

  • 死亡事故はなぜ起きた

     建設業界が活況の裏で進む人手不足は今後、死亡者をさらに増やす恐れがある。昨年は夏場に墜落事故が続発。まるで安全意識が抜け落ちたかのような死亡事故が後を絶たない。

  • 技術が観光を変える

     観光立国の切り札として「技術」に注目が集まっている。日本の産業や工業を支えてきた「技術」そのものが、国内外の人を引き付ける魅力的なコンテンツとなるからだ。最先端の技術を駆使して建設したインフラやビルといった施設自体が見学対象となるものから、画期的な発想を取り入れて実現した自動車など施設内に鎮座する…

  • 住宅会社のイマドキ育成術

     住宅会社の若手育成が、従来のスパルタ式からゆとり型へと急転換している。急成長による即戦力化を求めるのではなく、教育にしっかりと投資を行ったうえで本人の成長をじっくりと待つようになってきたのだ。住宅会社の必死の取り組みを紹介していく。

  • 商用車クライシス

     このままでは物流・人流が止まる――。トラックやバスを使ってサービスを提供する業界から悲鳴が上がっている。Eコマース(電子商取引)の普及による宅配便の急増に運転者の不足。表面化してきた“商用車クライシス”の解決が急務になってきた。

  • 非破壊戦隊コワサンジャーが行く!

     従来のコア抜きや引張試験など、構造物に少なからず損傷を与えていたインフラの健全度の評価法に取って代わり、「非破壊」で検査が可能な技術の開発が進んでいる。「見えない劣化を壊さずに知る」という考え方は、これからのインフラ検査の潮流になりそうだ。

  • SEが転職を決断するとき

     IT業界で働く人材の流動化がここ最近、活発化している。SEが転職するきっかけや理由は何なのか。独自アンケートで、転職組の本音を暴く。

  • パナソニック 101年目の挑戦

     パナソニックは2018年3月7日に創業100周年を迎えた。次の100年に向けて、パナソニックは重点事業領域の見直しと新領域への進出準備にまい進している。

  • デジタル医療 最前線

     米国では2017年にFDAが発表したアクションプランにより、Google社やApple社といった大手IT系企業が2018年以降に医療領域に本格参入することが予想されている。スマホアプリが、医療機器・医薬品に次ぐ第3の治療選択肢になる時代は、米国だけでなく国内にもやってくる。数年前にはまだ“未来”だ…