今後公開予定の特集・長編記事

今後公開予定の特集・長編記事

日経 xTECHが今後公開を予定している特集・長編記事などを紹介します。

今後の特集

  • クルマの軽量化技術×最前線

     車体を1gでも軽くしたい──。多くの国・地域の燃費規制の強化が進む中、クルマの軽量化は自動車業界にとって最重要課題の1つとなっている。今、クルマの設計者は軽量化をもたらすアイデアを渇望している。このニーズが開発を促し、新しい軽量化技術が続々と誕生している。クルマの軽量化を支える最新技術を紹介してい…

  • 透湿防水シートの死角

     外壁の通気工法は既に一般的な工法になってきた。ところが、その性能の要である透湿防水シートが思わぬトラブルを招いている。トラブル事例を参考にしながら、透湿防水シートの正しい使い方を伝える。

  • 死亡事故はなぜ起きた

     建設業界が活況の裏で進む人手不足は今後、死亡者をさらに増やす恐れがある。昨年は夏場に墜落事故が続発。まるで安全意識が抜け落ちたかのような死亡事故が後を絶たない。

  • 日本流の自動化---人手不足解消だけでは戦えない

     人手不足解消のために省人化や無人化を狙って自動化を検討するケースが増えています。しかし、単に人を置き換えるために設備やロボットを導入しても、同じように自動化した企業同士では差が付かないのではないのではないでしょうか。こうした問題意識を持つ日本のものづくり企業が省人化を超える“競争力を生む自動化”に…

  • その名も「セルロースナノファイバー」、実用開発が加速するワケ

     植物の主成分であるセルロースから抽出した繊維状の材料「セルロースナノファイバー(CNF)」。この新材料の開発が、実用化に向けて加速している。クルマの現行の材料を徹底して置き換える開発や、これまでにない新たな機能を追求する開発、そして高付加価値商品の開発が活発なのだ。課題ばかりが強調されがちな新材料…

  • 技術が観光を変える

     観光立国の切り札として「技術」に注目が集まっている。日本の産業や工業を支えてきた「技術」そのものが、国内外の人を引き付ける魅力的なコンテンツとなるからだ。最先端の技術を駆使して建設したインフラやビルといった施設自体が見学対象となるものから、画期的な発想を取り入れて実現した自動車など施設内に鎮座する…

  • 住宅会社のイマドキ育成術

     住宅会社の若手育成が、従来のスパルタ式からゆとり型へと急転換している。急成長による即戦力化を求めるのではなく、教育にしっかりと投資を行ったうえで本人の成長をじっくりと待つようになってきたのだ。住宅会社の必死の取り組みを紹介していく。

  • 商用車クライシス

     このままでは物流・人流が止まる――。トラックやバスを使ってサービスを提供する業界から悲鳴が上がっている。Eコマース(電子商取引)の普及による宅配便の急増に運転者の不足。表面化してきた“商用車クライシス”の解決が急務になってきた。

  • 中国最新家電の衝撃

     中国企業が手がける家電製品がすさまじい勢いで進化している。安かろう悪かろうは今は昔。自動運転車に使われるLiDARやSLAMといった最新技術を搭載したロボット掃除機が驚きの2万円台で販売されており、日本や米国の先行者をあっという間にキャッチアップするようになりつつある。最新のロボット掃除機などの実…

  • 非破壊戦隊コワサンジャーが行く!

     従来のコア抜きや引張試験など、構造物に少なからず損傷を与えていたインフラの健全度の評価法に取って代わり、「非破壊」で検査が可能な技術の開発が進んでいる。「見えない劣化を壊さずに知る」という考え方は、これからのインフラ検査の潮流になりそうだ。

  • SEが転職を決断するとき

     IT業界で働く人材の流動化がここ最近、活発化している。SEが転職するきっかけや理由は何なのか。独自アンケートで、転職組の本音を暴く。

  • パナソニック 101年目の挑戦

     パナソニックは2018年3月7日に創業100周年を迎えた。次の100年に向けて、パナソニックは重点事業領域の見直しと新領域への進出準備にまい進している。

  • デジタル医療 最前線

     米国では2017年にFDAが発表したアクションプランにより、Google社やApple社といった大手IT系企業が2018年以降に医療領域に本格参入することが予想されている。スマホアプリが、医療機器・医薬品に次ぐ第3の治療選択肢になる時代は、米国だけでなく国内にもやってくる。数年前にはまだ“未来”だ…