編集部 一押しの特集

編集部 一押しの特集

既に公開されている特集の中から、日経 xTECH編集部が一押しする特集を紹介します。まだお読みいただいていない記事がありましたら、ぜひご一読ください。

編集部の一押し

  • 重大事故・トラブルの教訓

     笹子トンネルの天井板崩落事故、姉歯事件、品質データ偽装、新幹線台車亀裂問題、コインチェック不正流出問題・・・。ものづくり、建設、ITの各業界において世間を大きく騒がせた大事故やトラブルを受け、企業の取り組みや規制の制度がいかに変わり、そしてその教訓はどう生かされているのか、専門記者が徹底的に掘り下…

  • 動かないコンピュータ

     システム導入の失敗事例の真相に切り込み、リスク回避のノウハウを紹介する。日経コンピュータ創刊以来の人気コラム。

  • 東京大改造

     2020年東京五輪に向けて大変貌を遂げる東京と周辺の街を、建築・鉄道・道路など多面的な視点で展望する。

  • ゲーム産業、イノベーションのルーツを探る

     ほぼ40年前の話である。登場する技術キーワードや企業の名前だけを見れば、今やほとんど伝説の時代の話に感じるかもしれない。だが、任天堂が1983年に世に送りだした家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」によるイノベーションには時代を超えた普遍性がある。家庭用ゲーム機、携帯型ゲーム機、スマホゲーム、A…

これまでの人気特集

  • 到来!建設3Dプリンター時代

     建設用の3Dプリンターを用いて橋や住宅を建てる――。海外ではそんな事例が散見され始めた。3Dプリンターは、建設現場を工場に変える力を持つだけでなく、これまで施工が難しかった新しい構造や形状を具現化できる可能性も秘める。海外に比べて周回遅れの日本でも、技術導入や開発の動きが現れてきた。現状と展望に迫…

  • 打ち出の小槌になる生成AI

     写真と見まがう画像や本人そっくりの音声などを作り出す「生成AI」は、これまでの分類や識別に用いていた人工知能(AI)に対して、次世代AIとも呼ばれる。識別用AI向け教師データを量産できるほか、アニメの描画、商業デザイン、VR(Virtual Reality)用映像の制作コストを大幅に引き下げそうだ…

  • Python開発、はじめの一歩

     今はやりのAI(人工知能)や機械学習、データ分析のシステム構築には、プログラミング言語「Python」の活用が欠かせない。Pythonを使ったシステム開発には、デファクトスタンダードと呼べるライブラリー群やコーディング規約が存在する。

  • Pythonを使って学ぶ高校数学の基礎

     機械学習やブロックチェーンなど、数学理論に裏打ちされたシステムが脚光を浴びています。数学が苦手なままでやってこられたSEの皆さんも、いよいよ避けては通れない状況です。話題のPythonを使って数学を学び直しましょう。

  • 勃発、受発注革命

     企業が受発注に利用するEDI(電子データ交換)の革命が始まった。次世代のEDIと呼ばれる「中小企業共通EDI」の利用が広がっている。大企業が中心の業界別EDIとは異なり、どのEDIも共通データ形式に変換して扱える。

  • 部下のやる気アップ術

     やる気が出ないことを上司や会社のせいにしても始まらない。自分のやる気は自分でマネジメントする。部下や後輩のやる気もアップするように働きかける。その方法を紹介する。

  • 覚醒の日立

     2008年度に製造業で過去最大規模の赤字を計上した日立製作所が覚醒し始めている。構造改革を断行し、連結営業利益は2期連続で過去最高を更新した。けん引役は「マル情」と呼ばれるIT関連の部隊だ。データを価値に変える「Lumada」を旗印に、全社を挙げたデジタル改革で成長を下支えする。

  • さよならADSL

     ソフトバンクがADSLサービスを2024年3月末で終了すると発表した。NTT東西も2023年1月のサービス終了を発表済みだ。日本のブロードバンドの発展を支えたADSLの現状と、サービス終了に至った背景などを明らかにする。

  • ZEH時代の省エネ攻略法

     住宅のエネルギー収支を実質ゼロにする「ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」。政府が普及を進めるなか、大手住宅会社を中心に建設棟数が増加。設計の選択肢も増えてきた。2019年5月に成立した改正建築物省エネ法では、建築士による省エネ性能の説明義務化が盛り込まれた。ワンランク上の性能を…

  • 日立改革の真相

     2008年度に製造業で過去最大規模の赤字を計上した日立製作所が覚醒し始めている。構造改革を断行し、連結営業利益は2期連続で過去最高を更新した。けん引役は「マル情」と呼ばれるIT関連の部隊だ。データを価値に変える「Lumada」を旗印に、全社を挙げたデジタル改革で成長を下支えする。