編集部 一押しの特集

編集部 一押しの特集

既に公開されている特集の中から、日経 xTECH編集部が一押しする特集を紹介します。まだお読みいただいていない記事がありましたら、ぜひご一読ください。

編集部の一押し

  • 重大事故・トラブルの教訓

     笹子トンネルの天井板崩落事故、姉歯事件、品質データ偽装、新幹線台車亀裂問題、コインチェック不正流出問題・・・。ものづくり、建設、ITの各業界において世間を大きく騒がせた大事故やトラブルを受け、企業の取り組みや規制の制度がいかに変わり、そしてその教訓はどう生かされているのか、専門記者が徹底的に掘り下…

  • 動かないコンピュータ

     システム導入の失敗事例の真相に切り込み、リスク回避のノウハウを紹介する。日経コンピュータ創刊以来の人気コラム。

  • 東京大改造

     2020年東京五輪に向けて大変貌を遂げる東京と周辺の街を、建築・鉄道・道路など多面的な視点で展望する。

  • ゲーム産業、イノベーションのルーツを探る

     ほぼ40年前の話である。登場する技術キーワードや企業の名前だけを見れば、今やほとんど伝説の時代の話に感じるかもしれない。だが、任天堂が1983年に世に送りだした家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」によるイノベーションには時代を超えた普遍性がある。家庭用ゲーム機、携帯型ゲーム機、スマホゲーム、A…

これまでの人気特集

  • 電池「交換式」モビリティー、成功の条件

     「充電中の待ち時間が長すぎる」――。電気自動車(EV)利用者の多くが抱えるこの不満を解決する、電池「交換式」モビリティーが続々と登場している。まるで乾電池を入れ替えるように、使用済みと充電済みの電池パックを交換して載せる。

  • 苦境の富士通 復活シナリオ

     国内最大のIT企業、富士通が苦境に立っている。田中達也社長は自らが就任1年目の2015年に掲げた「営業利益率10%」「海外売上比率50%」という経営目標のうち後者を撤回。前者は社内外での認識より2年先送りの2022年度の達成とした。田中社長は社長就任後の3年半をどう省み、どう反転攻勢に出るのか。

  • CIで変える 脱・トロいIT現場

     IT現場がビジネススピードに追従できなければ、「トロい」と指摘される。ユーザー要求に迅速に応える開発には、CIを中心とする開発手法の抜本的な見直しが求められる。

  • 検証 平成建築史

     バブル絶頂期に幕を開けた「平成」が、残り3カ月を切った。この30年、建築界はバブル崩壊や度重なる大災害、重大事故、人口減少などに苦しんだ。しかし、そうした葛藤の中にこそ、次代の変革のカギはある。平成の幕開けと同時期に頭角を現し、土木や災害復興にも関わってきた内藤廣氏とともに、平成の教訓を読み解く。

  • 通信ネットワーク 実力診断クイズ

     ネット時代になり、ITエンジニアには通信ネットワークの知識が求められるようになった。そこで、ネットワークの設計や構築、トラブル対応、セキュリティーといったテーマについて、実務的なスキルを備えているかどうかを試せる問題を用意した。クイズ感覚で実力を診断してほしい。

  • 捨てたもんじゃないニッポンAI

     「捨てたもんじゃない」日本のAI勢の戦略に迫る。

  • 資格で若手を強くする

     第一線に立つ40歳前後の中堅が少ない。受発注者を問わず、多くの組織が抱える問題だ。そこで、期待されるのが20~30代の若手技術者。自ら工夫して勉強したり、上司が熱く指導したり。資格を切り口に若手を強くする13の事例を追った。

  • DX先進12社の研究

     2019年は本当の意味で「DX元年」となりそうだ。DXはデジタルトランスフォーメーション。デジタル技術で商品やサービス、業務、組織、文化を変革し、新事業を生み出す取り組み全体を指す。昨年までは試行錯誤が中心だったが、今年が勝負だ。DXの本質に迫るこの特集を手に、今こそデジタル変革の旅に出よう。

  • キーボードとマウスの選び方

     キーボードとタッチパッドを搭載するノートPCが主流になってもなお、周辺機器売り場では多数のキーボードとマウスが売られている。形状や使い勝手は様々で、自分に合ったものを選べば作業の効率をぐっと高められる。外付けキーボードとマウスの選び方のポイントを解説する。