閉じる

人とくるまのテクノロジー展2018

新着情報

  • クルマの樹脂活用最前線、塗装レスや熱可塑性

     素材メーカーの三菱ケミカルは、植物由来のバイオエンプラ素材であるバイオポリカーボネートである「DURABIO」(デュラビオ)を使用した部品群を展示した。日経 xTECH

  • 電動パワートレーンの提案相次ぐ、欧州大手部品メーカー

     2018年5月末に開催された「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」では、海外の大手部品メーカーやエンジニアリング会社が相次いで、電動パワートレーンを展示した。日経 xTECH

  • カメラだけで脈拍数を算出、運転者の“顔色”から

    旭化成が開発、運転の快適性と安全性向上に

     旭化成は、近赤外線カメラの映像から運転者の脈拍を算出する技術を開発した。脈拍数から運転者の体調を推定。体調に合わせて空調を制御したり、居眠りの危険がある場合には警告音を鳴らしたりする。運転時の快適性と安全性の向上に貢献できる技術として、「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23~2…日経 xTECH

  • HUDの映像、より大きく、より立体的に

    日本精機が提案、運転時の安全性向上へ

    車載計器大手の日本精機は、映像を大きく立体的に表示できるHUD(ヘッド・アップ・ディスプレー)を試作し「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)でデモを披露した。映像の下部を手前に、上部を奥に表示し、奥行きを表現する。日経 xTECH

  • TPR、2mmと長尺のカーボンナノチューブを製造

    リチウムイオン2次電池の電極などの応用を探る

     TPRは、長尺タイプのカーボンナノチューブ(CNT)の製造法を確立し、その生産ラインで造ったサンプルを「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23~25日、会場はパシフィコ横浜)に出展した。長い分、絡みやすいなどの成形上の利点を生かした用途を探る。日経 xTECH

  • ボッシュ、シート下に収納できる48V電池パックを開発

    高さを90mmに抑えたコンパクト設計

     ドイツ・ボッシュ(Bosch)は、コンパクトな48V電池パックを開発、「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23~25日、会場はパシフィコ横浜)に出展した(図)。いわゆるマイルドハイブリッド車向け。高さを90mmと薄くして車両への搭載性を高めた。例えば、シートの下や、荷室空間を邪魔…日経 xTECH

  • 急カーブで身体を支えるシート、アイシン精機

    交通状況に応じて振動も

     アイシン精機は、道路の状況に応じて運転者を支援するシートのコンセプトモデル「ナビ連携ニューマチックシート」を「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)に展示した。日経 xTECH

  • 光ファイバーを織り込んだ布、トヨタ紡織が高級車向けに

    2020年の実用化を目指す

    トヨタ紡織は光ファイバーを織り込んだ布を開発し「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)で披露した。ドアトリムやルーフに使えば、夜間に鮮やかに光る内装を実現できる。2020年の実用化を目標に、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」や欧州の高級車ブランドに向…日経 xTECH

  • 日本精機、厚さ10mmのメーターでインパネ設計の自由度向上

    2023年の実用化を目指す

    車載機器大手の日本精機は、厚さ約10mmのメータークラスターを試作し「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)で披露した。従来のメーターを代替して機器の容積を小さくし、インストルメントパネル(インパネ)設計の自由度を高める狙いだ。2023年の実用化を目指す。日経 xTECH

  • 車線なしの車道も認識、ディープラーニング適用で

    ボッシュが車載カメラを2019年に量産

     独ボッシュ(Bosch)はディープラーニング技術を用いた前方監視用の車載カメラを開発し、「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜)に世界初出展した(図1)。ディープラーニング技術を用いることで、車道の認識能力を高めたのが特徴だ。2019年に量産する予…日経 xTECH

一覧を見る

人とくるまのテクノロジー展2017より

  • 独Mubea社、VW社XL1用カーボンモノコックを展示

    ドイツに本拠地を置くMubea社のブースは2017年5月末に開催した「人とくるまのテクノロジー展」で、サスペンションやエンジン部品などを展示した。日経テクノロジーオンライン

  • Magna社、GETRAG社製ハイブリッドDCT、リアモーターユニット

    ISG一体型電動ターボ、プロペラシャフト分離装置などを展示

    カナダMagna社は2017年5月末に開催された「人とくるまのテクノロジー展」で、近年買収したGETRAG社のDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を組み込んだハイブリッド変速機などを展示した。このDCTは、間もなく登場するRenault社の「Alpine」に搭載されるものだというが、ハイ…日経テクノロジーオンライン

  • 伊Brembo社、EBSは自動運転まで対応可能なモジュール型のバイワイヤー式

    伊Brembo社は2017年5月末に開催された「人とくるまのテクノロジー展」で、バイワイヤーの電動ブレーキシステム(EBS)を出展した。日経テクノロジーオンライン

  • ピエルブルグ&ミクニの可変容量オイルポンプ&ウオーターポンプ

    エンジンの駆動損失低減のために、電動ウオーターポンプやオンデマンド型のオイルポンプの採用が進んでいる。独ピエルブルグとミクニの合弁会社であるピエルブルグ&ミクニは2017年5月末に開催した「人とくるまのテクノロジー展」で、電動ウォーターポンプや、可変容量タイプのオイルポンプ・ウォーターポンプを展示し…日経テクノロジーオンライン

  • Schaeffler、48VマイルドHEVシステムを進化

    ドイツSchaeffler社は2017年5月末に横浜市で開催された「人とくるまのテクノロジー展」で、開発中のハイブリッドシステム2種類を展示した。日経テクノロジーオンライン

  • 「社長に癒しを」、ニッパツが“VIP”向け座席を開発

    脈波連動マッサージを搭載

    クルマ用の座席やサスペンションばねなどを手掛けるニッパツは、貴賓(VIP)向けの座席を開発し、「人とくるまのテクノロジー展2017」(パシフィコ横浜、2017年5月24~26日)で公開した。量産に向けて自動車メーカーに提案を進めている。日経テクノロジーオンライン

  • 真夏の車内が涼しくなるか、トヨタ紡織の赤外線反射内装

    内装の表面温度を8℃低く

    トヨタ紡織は近赤外線を反射させて部品の表面温度の上昇を抑える技術を開発し、「人とくるまのテクノロジー展2017」(パシフィコ横浜、2017年5月24~26日)で公開した。日経テクノロジーオンライン

  • 三菱電機、自車位置を1.5mの誤差で割り出せるロケーター

    車載向けとして「世界一」の高精度を実現

     三菱電機は、自動運転や先進運転支援システム(ADAS)向けにクルマ(自車)の位置を高い精度で割り出すことができるロケーターを開発、「人とくるまのテクノロジー展2017」(2017年5月24~26日、会場はパシフィコ横浜)に出展した(図)。絶対位置を測定する衛星測位システムを複数使う「マルチGNSS…日経テクノロジーオンライン

  • HUDでAR表示、業界最大手の日本精機も参戦

    2025年の実用化を目指す

    日本精機はAR(拡張現実)表示ができるHUD(ヘッド・アップ・ディスプレー)を開発し、「人とくるまのテクノロジー展2017」(パシフィコ横浜、2017年5月24~26日)でデモを披露した。2025年までに実用化を目指す。日経テクノロジーオンライン

  • 運転に集中させて――“空気を読む”クルマのHMI

    エスディーテックが開発

    車載用システムの開発などを手掛けるエスディーテックは、運転者の余裕度を検出するシステムを開発した。運転者に余裕が無いと判断した場合には、クルマのHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)が”空気を読み”、カー・ナビゲーション・システムやインストルメントパネルに表示する内容を減らしたり音声を小さく…日経テクノロジーオンライン

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る