閉じる

JIMTOF 2018

新着情報

  • 振動データから軸受けの欠陥を見つけるシステム

    日本精工、多チャンネル対応の診断器を開発へ

     日本精工(NSK)は第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」に、軸受け診断技術「ACOUS NAVI」を出展した。センサーで振動データを取得して正常時のデータと比較することで、軸受けの欠陥を判定する。日経 xTECH

  • シチズンマシナリー、摩擦接合で残材を削減する旋盤機を参考出展

     シチズンマシナリーは、旋盤加工後に残る残材を大幅に削減できる「摩擦接合技術」を開発。同技術を搭載した自動旋盤機を、第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018の自社ブースで参考出展した。日経 xTECH

  • マルチビーム加工ヘッドで薄膜・均一な金属コーティングを実現

    村谷機械製作所、2019年4月に発売へ

     村谷機械製作所(本社石川県金沢市)は、高精度なレーザークラッディング(肉盛溶接)を実現する「ALPION」を「第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(東京ビッグサイト、2018年11月1~6日)」で初出展した。レーザー照射による加工部への熱影響を抑えるため、独自開発したマルチビーム加…日経 xTECH

  • 金属AM対応のCAMの開発が本格化、JIMTOFで複数社が出展

    オークマは加工サンプルも展示

     金属によるAM(Additive Manufacturing、付加製造)/3Dプリンティングに対応するCAMの開発が本格化している。第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)では、切削加工での工具径路と、付加製造でのノズル径路の両方を算出…日経 xTECH

  • カメラで手元を拡大表示できる手持ち型レーザー肉盛り溶接ツール

     テクノコート(本社静岡県藤枝市)は、手持ち型のファイバーレーザー肉盛り溶接ツールに小型のカメラを装着し、溶接点をディスプレイやヘッドマウントディスプレー(HMD)で拡大表示しながら作業できる「スマートトーチ」を「JIMTOF 2018」で展示した。作業エリアで実演者が微小な領域の肉盛り溶接を実行す…日経 xTECH

  • DMG森精機、トポロジー最適化で軽量化した工作機械を試作

     DMG森精機は、トポロジー最適化技術を利用して軽量化を図ったマシニングセンターの構造部の試作品を「JIMTOF 2018」に出展した。動物の骨組みのような外観で、既存機種と同等の剛性などを確保しながら、大幅な軽量化を図れる可能性があるという。日経 xTECH

  • ヤマザキマザック、世界初の青色半導体レーザーを搭載したAMハイブリッド機

     ヤマザキマザックは、世界で初めて高輝度青色半導体レーザーによるAM(Additive Manufacturing、付加製造)機能を搭載したハイブリッド加工機「VARIAXIS j-600/5X AM(以下、VARIAXI」を「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2018)」に出展した。日経 xTECH

  • 耐熱合金を切削熱で軟らかくして加工

    三菱マテリアルのセラミックス製エンドミル、経済性向上などを検討

     三菱マテリアルは第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」に、セラミックス製のソリッドエンドミル「CERAMICラジアスエンドミル」を出展した。難削材とされるニッケル(Ni)基耐熱合金の荒加工に向くもので、硬度(HRC)が45のInconel718を加工したときの能率は、超硬合金製エ…日経 xTECH

  • 直交2軸テーブルでフープを回す

    NSK、隠れた機構を表に出して技術力アピール

     日本精工(NSK)は第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」に、工作機械のテーブルの動きを利用してフープを回す「NSK HOOP」を出展した。技術象徴展示」として披露するもので、普段は工作機械内部に隠れている機構を表に出して技術力をアピールする狙いだ日経 xTECH

  • 内蔵センサーで締付トルクを管理できる治具

    イマオコーポレーション、RFIDで位置を認識するモデルも出展

     イマオコーポレーションは第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」に、センサーによってクランプ状態を見える化する治具「S」「R」シリーズを参考出展した。締付トルクを表示したり作業手順を指示したりすることで、熟練者でなくても確実にクランプ作業ができるようにした。日経 xTECH

  • AIがチャックへの切りくずのかみ込みを検知

    シチズンマシナリー、ワークの全数検査を不要にするNC旋盤向け技術

     シチズンマシナリーは第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」に、AI(人工知能)を活用してチャックへの切りくずのかみ込みを検出する技術を参考出展した。切りくずの打痕による外観不良や、切りくずをかみ込んでワークが傾くことによる加工不良を防げる。日経 xTECH

  • 回転中の工具の刃振れを測定して調整

    大昭和精機、撮像式測定器と調整機構搭載ホルダーを組み合わせたシステム

     大昭和精機は第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」に、工具の振れ精度を高めて加工面粗さを向上させるシステム「Dyna ZERO SYSTEM」(ダイナゼロシステム)を参考出展した。日経 xTECH

  • オークマ、主軸の故障をAIで事前に察知

     オークマは、人工知能(AI)を使って工作機械の主軸の損傷を予知する機能を開発し、第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展した。損傷する前に不具合の兆候を検出して通知するため計画的な主軸交換が可能となるとしている。日経 xTECH

  • タンガロイ、金属3Dプリンターで工具を製作

    特殊形状の溝や穴を造り込む

     タンガロイ(本社福島県いわき市)は第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に、金属3Dプリンターで製作した工具を参考出展した。通常の造り方に比べて価格が「数十倍」(同社)となるため実用段階とは言い難いが、オーダー品の製造方法として提案で…日経 xTECH

  • 協働ロボットで検査装置を高付加価値化するデモ

     第一測範製作所(本社新潟県小千谷市)はタップ穴自動検査装置「Bee-1」とファナック製の協働ロボット「CR-7ia/L」を組み合わせたシステムを「第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(東京ビッグサイト、2018年11月1~6日)」で参考出展し、動作を実演した。日経 xTECH

  • 中村留、剛性高めて1クラス上の重切削を可能にした複合旋盤

     中村留精密工業(本社石川県白山市)は、チャックサイズが6インチながら、8インチ機並みのワーク(被切削物)を切削できる小型複合旋盤「SC-100」を第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展した。日経 xTECH

  • 84社参加をアピール、アプリも26本をリスト、ファナックのFIELD system

     ファナックは、同社が進めるオープンな工場IoT基盤「FIELD system」を第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(東京ビッグサイト、2018年11月1~6日)で大々的にアピールした。JIMTOFに出展した84社がFIELD systemを導入し、294台の工作機械を同システムに…日経 xTECH

  • 会場内300台の稼働状況を一望、72社が参加したJIMTOF主催者展示

     日本工作機械工業会は、第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(東京ビッグサイト、2018年11月1~6日)で、会場内約300台の工作機械などの稼働状況を一覧するデモを実施している。日経 xTECH

  • 18社の工作機械をつないだEdgecross、シーメンスとの相互接続もアピール

     オープンな工場IoT基盤「Edgecross」を開発しているEdgecrossコンソーシアム(東京都港区)は第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(東京ビッグサイト、2018年11月1~6日)で、Edgecrossの技術を使い、工作機械メーカー18社の機械の稼働状態を一括監視できるダ…日経 xTECH

  • 東芝機械、クイルでワークへの接近性を高めた大型マシニングセンター

    耐熱合金を想定したターニングセンターも

     東芝機械は、クイル繰り出し機構を主軸に搭載した横型マシニングセンター「BM-1000Q」を第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展した。入り組んだワークでも工具突き出しを短く保っての加工が可能。クイルの中を通して加工点冷却用のクー…日経 xTECH

  • ジェイテクト、歯車作成の6工程を1台に集約

    DDモーターによる砥石軸で精度を高めたクランクシャフト研削盤も

     ジェイテクトは、「ギヤスカイビングセンタ GS200H5」で6工程の歯車製作工程を1台に集約する展示を第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)で実施した。はすば歯車状の専用工具とワークを傾けて同期回転させ、相対的にワーク軸方向(歯溝に平…日経 xTECH

  • DMG森、高速主軸搭載のガントリータイプ大型5軸加工機を日本初披露

     DMG森精機は、大型5軸加工機「DMU 200 Gantry」「同 340 Gantry」を第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展した。日本では初披露となる。日経 xTECH

  • アマダ、9kWの高出力ファイバーレーザー加工機、25mm以上の鋼板も切断

     アマダは9kWと高出力のレーザー発振器を搭載したファイバーレーザー加工機「ENSIS 3015 AJ」を第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展、厚さ25㎜の軟鋼材を切断するデモなどを実施した。加工サンプルは参考として、仕様外であ…日経 xTECH

  • ファナックの大型ロボット、今回はエアバスのエンジンを持ち上げる

     「今回は重さ約900kgのジェットエンジンカバー」(説明員)。ファナックの展示ブース名物になった大型ロボットは今回、エアバスA380のジェットエンジンのカバーを高さ6.3mまで持ち上げ、自在に動かして見せている。第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(東京ビッグサイト、2018年11…日経 xTECH

  • 操作盤にiPadを搭載、キタムラ機械の小型5軸マシニングセンター

    ターゲットは医療用部品などの加工

     キタムラ機械は、横幅1200mm、奥行き2000mmと省スペースの立型5軸マシニングセンター(MC)「MedCenter 5AX」を第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」に出展した。医療用部品加工や精密部品加工など「複雑形状の1品もの小型ワークの加工」(同社)を想定している。日経 xTECH

  • 牧野フライス、ARで段取りを支援する技術を参考出展

     牧野フライス製作所は、加工機内を撮影した画像にワークのCADデータを重ね合わせるAR(拡張現実)表示により段取り作業を支援する「ビジョンシステム」を開発した。第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に参考出展している。日経 xTECH

  • 松浦機械、直径700mmまで加工できる立型5軸MC「MAM72-70V」

     松浦機械製作所は、5軸立型マシニングセンターの新製品「MAM72-70V」を第29回 日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展した。従来機「同-63V」に比べて最大ワークサイズを拡大した他、軸構成を変更してワークへの接近性を高め、段取り作…日経 xTECH

  • 50人が集う記者会見をVRで、出展企業の工作機械を3Dでデモ

     会場に集まった約50人の記者や企業関係者が、VR用HMDをかぶって記者会見に臨む。第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に併せて、台湾貿易センター(TAITRA)が開催した「台湾スマートものづくり VR特別記者会見」の様子である。日経 xTECH

  • ヤマザキマザック、歯切り加工から機内計測まで1台で完結する複合加工機を出展

     ヤマザキマザックは、同時5軸複合加工機に歯車加工専用機を融合したハイブリッド複合加工機「INTEGREX AG(Auto Gear)シリーズ」を第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」に出展した。歯切り加工から機内計測、補正追加工まで全加工を1台で完結できるのが特徴。生産リードタイ…日経 xTECH

  • カネテック、自動バルブエアチャック2種をJIMTOFでデモ

     磁気式チャック(固定治具)などを手掛けるカネテック(長野県上田市)はグリッド式、オートバルブ式のエアチャックを、第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(東京ビッグサイト、2018年11月1~6日)の自社ブースでデモ展示した。日経 xTECH

  • カネテック、磁気方式の切粉搬送装置で2回曲げと防水に対応

     磁気式チャック(固定治具)などを手掛けるカネテック(長野県上田市)は、磁気を使い、切削屑(切粉)を搬送する「スパイラルマグネットコンベア」で、「2回曲げ」と「耐水」の2つの新しい仕様を追加した。第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(東京ビッグサイト、2018年11月1~6日)の自社…日経 xTECH

  • 多関節ロボットにぴったりスーツ、ナベルが開発、協働ロボットの販売も

     蛇腹専業メーカーのナベル(三重県伊賀市)は、稼働中の多関節ロボットに装着できるスーツ「Robot-Flex」を開発。東京ビッグサイトで開催中の第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(2018年11月1~6日)に出展した(写真)。日経 xTECH

  • 東洋機械製作所、加工精度3μmの横型マシニングセンター発売へ

     東洋機械製作所(本社静岡市)は3μm程度の精度で加工できる横型3軸マシニングセンター「Th100LP」を開発、第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)で出展した。開発がほぼ終わり、近く発売する見込み。加工精度を高めつつ、工作機械の大きさ…日経 xTECH

  • セイコーインスツル、空圧駆動で油圧並みの推力を得るシリンダーユニット

    油圧配管なし、空圧ホースのみで1400kgf

     セイコーインスツルは空圧駆動で油圧並みの高推力を得られるシリンダーユニットの実現技術「エアハイドロ技術」を第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に参考出展した。油圧用の配管が必要なく、手軽に引き回せる空圧用のホースのみで1000kgf…日経 xTECH

  • “見るだけ”で測定結果を自動記録するノギス

    MR対応ゴーグルを使ったアプリをミツトヨが開発

     ミツトヨは、ノギスマイクロメーターで測定した結果やメタ情報を“見るだけ”で自動記録できる測定結果管理システムを、「JIMTOF 2018」に参考出品した。米Microsoft社のMR(複合現実)対応ヘッドマウントディスプレー「HoloLens」向けに、ミツトヨがアプリを開発してシステムを実現した。…日経 xTECH

  • 工場内を自律走行する搬送ロボット、DMG森精機が参考展示

     DMG森精機は「第29回日本国際工作機械見本市 JIMTOF 2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に、自律走行型の搬送ロボット「RV3」を参考出品した。AGV(無人搬送車)と協働ロボットを組み合わせたもので、ワークの着脱や工場内の物流を自動化できる。日経 xTECH

  • 今度は外付け、オークマの工作機械向けロボットシステム

    ティーチングレスで自動化を実現

     オークマは、工作機械向けの外付けタイプのロボットシステム「STANDROID」を第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF 2018)」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展した。最大の特徴は「操作性のイノベーション。工作機械と同様の操作性で扱える」(同社取締役副社長の家城 淳氏)…日経 xTECH

  • ヤマザキマザックがシスコと協業、工作機械のIoTクラウドサービスを来春開始

     工作機器大手のヤマザキマザックは2018年11月2日、同社の工作機械に向けたIoT(インターネット・オブ・シングズ)クラウドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月に始めると発表した。機械の稼働状況や操作データをクラウド上で管理・分析し、故障の予兆や部品交換のタイミングを通知する。日経 xTECH

  • JIMTOF2018、工場設備の「つながる」はもう当たり前

     2018年11月1日、「JIMTOF 2018」(第29回 日本国際工作機械見本市)が始まった。会期は11月6日まで。出展社数は過去最高の1085社と前回2016年よりも100社以上増えた。会期中に15万人以上の来場者を見込んでおり、初日の来場者は2万7000人弱と前回よりも1000人以上多かった…日経 xTECH

  • 安田工業、テーブルをDDモーターで駆動する5軸加工機を参考出展

     安田工業(本社岡山県・里庄町)は、ワークを載せるテーブルの回転動作にダイレクトドライブモーターを使用する5軸マシニングセンター「YBMVi40 Ver.II」を第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF 2018(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展した。B軸とC軸(それぞれY軸、Z…日経 xTECH

一覧を見る

JIMTOF2016から

  • ヤマザキマザック、材料や板厚が異なるワークの接合もできるMC

    2種類の摩擦撹拌接合用工具を自動で切り替え

     ヤマザキマザック(本社愛知県・大口町)は、切削も接合もできる工作機械「VTC-530/20 FSW」の接合機能を高め、「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17日~22日、東京ビッグサイト)に出展した(図1)。厚さの異なるワークを、ベースとなるワークに対して接…日経テクノロジーオンライン

  • シチズンマシナリー、異種材料接合もできる自動旋盤

    別々に旋削したワークをレーザーで溶接し、仕上げ旋削もできる

     シチズンマシナリー(本社長野県・御代田町)は、異種材料製ワーク同士の接合ができる自動旋盤「MC20 III」を開発、「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17日~22日、東京ビッグサイト)に出展した(図1)。レーザー溶接機能を搭載しており、旋削と溶接を1台でこ…日経テクノロジーオンライン

  • 軸受やボールねじの故障を予知する技術を2社が展示

    工作機械に使われる軸受やボールねじが故障する前に、予兆を検出する技術をシチズンマシナリー(本社長野県・御代田町)とNSKが「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17日~22日、東京ビッグサイト)に出展した。早めに軸受を交換することで、予期しないタイミングでの工作…日経テクノロジーオンライン

  • ヤマザキマザック、光源にファイバーレーザーを使ったレーザー加工機

    銅や真ちゅうで出来た高反射材のワークも切断できる

     ヤマザキマザック(本社愛知県・大口町)は、切断力を高めたレーザー加工機「SUPER TURBO-X 3015 FIBER」を開発、「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17日~22日、東京ビッグサイト)に出展した(図1)。レーザー光源にファイバーレーザーを採用…日経テクノロジーオンライン

  • オークマ、生産現場での使い勝手を高めたNC装置

    軍手をしたまま画面の拡大・縮小などの操作ができる

     オークマは、生産現場での操作性に優れる工作機械向けNC装置「OSP-P300A」を開発、「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17日~22日、東京ビッグサイト)に出展した(図1)。生産現場の作業者が軍手をしたままの状態で、2本以上の指で操作できるマルチタッチ操…日経テクノロジーオンライン

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る