閉じる

NE用語

日経エレクトロニクス

目次

  • Ruby

    ルビー

     オブジェクト指向プログラミング言語。島根県松江市にあるネットワーク応用通信研究所に勤務しているソフトウエア開発者,まつもとゆきひろ氏が個人で開発した。「楽しくプログラミングできる」ことを重視して作られており,ソフトウエア開発において高い生産性を持つとされている。

  • バックライト

    バックライト

     電子機器分野では,主に液晶パネルに背面から光を当てるための照明を意味する。光源としては,蛍光灯の一種であるCCFL(冷陰極蛍光管)や, LEDを用いる場合が多い。

  • ディスクリート・トラック媒体

    ディスクリートトラックバイタイ

     隣接するトラックの磁気的な影響を減らすため,トラック間に溝を掘り非磁性層を埋め込むなどの加工を施した磁気記録媒体。データを記録するトラック間を磁気的に切り離すことで,再生信号の雑音を低減し,従来の媒体より密度を30~40%底上げできる。

  • 周波数オークション

    シュウハスウオークション

     一定の帯域の無線周波数帯に対して最高の金額を入札した者がその周波数帯を利用する権利を得る制度。米国では1994年7月以後,商用の周波数割り当てを決める標準的な方法になっている。

  • DSSS(安全運転支援システム)

    ディートリプルエス

     一般道を管理する警察庁が中心となって進める「安全運転支援システム(DSSS:driving safety support systems)」というプロジェクトのこと。自動車とインフラで通信を行う路車間通信などにより,交通事故の削減を目指す。2006年度から3年計画で検証を開始している。

  • SOG

    エスオージー

     ガラス基板上にICを形成する技術。一般的に,低温多結晶Si技術を利用して,中小型の液晶パネルや有機ELパネルのTFTアレイの周囲にゲート・ドライバやソース・ドライバICなどを形成している。TFTアレイ上にゲート・ドライバICなどを直接実装するCOG技術と比べて,パネル・モジュールの薄型化や軽量化を…

  • フルHD

    フルエッチディー

     1920×1080画素を備える表示装置(液晶/PDPテレビやパネルなど)の呼称として慣用的に使われているが,正式な定義が不明確な造語である。ほぼ同じ意味で,「フルスペックハイビジョン」「フルハイビジョン」といった言葉を使うメーカーもある。

  • 電力回生

    デンリョクカイセイ

     機器で生じる余剰なエネルギーを回収し,電力として再利用する技術のこと。機器のエネルギー効率を高められる。現在,モータによる電力回生が主流である。

  • LEDバックライト

    エルイーディーバックライト

     液晶パネルに用いるバックライトの光源に発光ダイオード(LED)を用いたもの。従来の冷陰極蛍光管(CCFL)を用いたバックライトに比べて,液晶パネルの薄型化や色再現範囲の向上が図れる。

  • ゼロデイ攻撃

    ゼロデイコウゲキ

     OSやプログラムの脆弱性に対して,ベンダーが脆弱性の問題を公開したり,修正プログラムを開発したりするより前に,ウイルスなど悪意ある振る舞いをするプログラムが登場することを「ゼロデイ攻撃」という。

  • Amdahlの法則

    アムダールノホウソク

  • ISDB-Tmm

    アイエスディービーティーエムエム

     ポスト・ワンセグとなるマルチメディア型のテレビ・ケータイの実用化に向けたISDB-Tファミリーのデジタル放送方式。国内における地上デジタル・テレビ放送で利用している伝送方式「ISDB-T」と,地上デジタル・ラジオ放送で利用している伝送方式「ISDB-Tsb」を組み合わせる。

  • Frequency agility

    フリクエンシーアジリティ

     電波干渉回避技術の一つ。無線LANなども利用する2.4GHz帯で,周波数チャネルの状態を動的に把握し,必要であれば別の周波数チャネルに通信チャネルを切り替える技術の総称。

  • COG

    シーオージー

     ガラス基板にICを直接実装する技術。主に中小型液晶パネルのガラス基板上にソース・ドライバICを実装する際などに使う。

  • RFリモコン

    アールエフリモコン

     数十M~数GHz帯の電波を,データの送受信に利用するリモコン。テレビ用のリモコンとして,従来は赤外線リモコンが主流だったが,一部のテレビではRFリモコンが採用され始めている。

  • 基板バイアス制御

    キバンバイアスセイギョ

     トランジスタの基板にバイアス電圧を印加することで,トランジスタのしきい値電圧(Vth)を制御する技術。チップの製造バラつきの影響を少なくできる。この結果,動作時のリーク電力を削減しやすくなる。

  • MEMSスキャナー

    メムススキャナー

     レーザ方式のプリンターにおいて,レーザ・ビームを走査する際に使う小型ミラーのこと。レーザ方式のプリンターでは,感光ドラム上に静電潜像を形成するために,ポリゴン・ミラーを高速に回転して,レーザ・ビームを感光ドラムの幅方向に走査する。

  • ライン型インクジェット方式

    ラインガタインクジェットホウシキ

     プリンター/複写機/複合機でのインクジェット方式の一つ。ページ幅を覆うヘッドを固定して,その下に紙を送って一気に印刷する。現行の民生用インクジェット機のようにヘッドを動かす必要がない。

  • 相変化シート

    ソウヘンカシート

     熱伝導材料の一種で,放熱グリースと同様,発熱部分の熱を放熱部分に伝えるために使う。相変化シートは,名前が示すとおりシート状になっており,融点に達すると固体から液体へと変化する。製造時に部品間に挟んで稼働試験などを行い,部品の発熱によりシートを液化させ,密着させる。

  • アモルファスInGaZnO4

     電子ペーパーや液晶パネル,有機ELを駆動するTFTのチャネル層の材料として,酸化亜鉛(ZnO)とともに注目を集めている透明酸化物半導体(TOS:transparent oxide semiconductor)の一種。a-IGZOと表記する場合もある。

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る