スポーツ×テクノロジー

アシックスが目指すフィットネスアプリの未来形 [2019年05月24日]

 「ものづくりとデジタルの融合」。昨今、多くのメーカーが掲げている戦略だが、言うは易し行うは難しの典型例だ。開発の現場からは苦悩の声も聞こえてくる。

サッカー女子W杯、人気の米国代表がもたらす光と影 [2019年05月22日]

 2019年FIFA女子ワールドカップ・フランス大会が、現地時間の6月7日に開幕する。日本では8年前の世界一を鮮明に記憶している人も多いだろう。そして、連覇がかかっている米国では、大会に向けた様々な動...

マイケル・ジョーダンのすごさを過去の放送映像からAI解析 [2019年05月16日]

史上最高の選手は誰か・・・。これはスポーツ界でしばしば話題に上るテーマである。最近、米国では米プロバスケットボールリーグNBAの史上最高を巡って、往年と現在のスーパースター「マイケル・ジョーダンvsレ...

マスターズ優勝、不死鳥タイガー・ウッズの経済効果 [2019年05月14日]

男子ゴルフ界のスーパースターはまだ終わっていなかった。2019年4月14日、米国のタイガー・ウッズ選手は、今シーズンのメジャー第1戦である「マスターズ・トーナメント」で優勝を成し遂げた。実に、2008...

プレー成功率をAIでリアルタイム予測、アマゾンの「観戦体験革命」 [2019年05月09日]

 プロなどトップアスリートのプレーをトラッキングし、データをテレビ放送で紹介するのはもはや珍しくなくなった。しかし、試合を決定づける可能性がある重要シーンの成功率予測をリアルタイムに表示するとなると話...

遺伝子情報で選手の筋力最大化、いわきFC「フィジカル×データ革命」 [2019年05月07日]

 2017年の天皇杯(JFA 全日本サッカー選手権大会)で持ち前のフィジカルを武器に快進撃を見せ、多くのサッカー関係者やファンに衝撃を与えたいわきFC(東北社会人サッカーリーグ)。

5G、スポーツ体験変革への大きな期待と物足りなさ [2019年04月24日]

 2019年4月初頭、韓国と米国で世界の先陣を切って、次世代の移動通信システム「5G」の商用サービスが開始された。それに伴い、米国のスポーツ界でも5Gを活用した新たなサービスへの取り組みが始まっている...

アクティブ率30%超、Jリーグアプリに隠されたデジタル戦略 [2019年04月22日]

 総ダウンロード数に対して30%以上という“驚異”のアクティブ率を誇るアプリがある。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と電通が2017年8月にリリースしたJリーグ公式のスマートフォン(スマホ)アプリ「...

演奏者も身体データ測定でパフォーマンス改善へ、桜美林大学の挑戦 [2019年04月17日]

 スポーツ界ではここ10年でアスリートのパフォーマンス可視化が一気に普及したが、同じように体を使って演奏する音楽界ではその取り組みは遅れている。ここにきて、スポーツ界と同様、科学的なアプローチでパフォ...

AIが改善点提示、スーツ型デバイスで動作負荷を可視化 [2019年04月01日]

 日立製作所とドイツ人工知能研究センター(DFKI)は、スーツ型ウエアラブルデバイスを着用した作業者の身体負荷を定量評価し、身体の部位ごとに作業動作の改善点を提示するAI(人工知能)を開発した。模範的...