• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新着記事

  • 静脈が見える!「血管可視化装置」の使い勝手は? 特集・解説 デジタルヘルス・トレンド 静脈が見える!「血管可視化装置」の使い勝手は? 医療現場でどう活用されているのか 近赤外光を皮膚に照射することで非侵襲的に血管走行を映し出す「血管可視化装置」。2018年4月に医療機器大手のテルモが、5月には高知大発ベンチャーのプラス・メッドがそれぞれ新製品を発売し、にわかに注目を集めている。見えにくい血管への穿刺時に便利とされるが、実際の使い勝手はどうなのか? 現場の声を取材した。 [2018年07月18日]
  • いよいよ登場、住友生命の健康増進型保険「Vitality」 特集・解説 デジタルヘルス事例 いよいよ登場、住友生命の健康増進型保険「Vitality」 最大で保険料30%割引に 住友生命保険は、健康増進型保険「住友生命『Vitality』」を2018年7月24日に発売する。加入後の健康診断や日々の運動など、継続的な健康増進活動の評価で保険料が変動する仕組み。加入後の評価によっては、基本保険料に対して最大で30%割引になる可能性がある。 [2018年07月18日]
  • PHC、同社初の病院向けWeb型電子カルテ 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 PHC、同社初の病院向けWeb型電子カルテ PHCホールディングスは、中小規模病院向けWeb型電子カルテシステム「Medicom-CK」を「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に参考出展した。同年9月1日に第1号ユーザーが本格稼働の予定で、同時に発売を正式発表する。 [2018年07月18日]
  • IoTセンサーで見守り、ファイルメーカー 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 IoTセンサーで見守り、ファイルメーカー SigfoxネットワークとFileMaker Cloudで構築 ファイルメーカーは、IoT向け通信技術LPWA(Low Power Wide Area)とFileMaker Cloudを活用した在宅介護サービス利用者向けの見守りサービスを「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に参考出品した。室温や加速、呼び出しセンサーを用いて在宅介護者の生活環境を見守り、定期巡回・随時対応型訪問介護看護の効率化を狙う。 [2018年07月18日]
  • トイレで排尿するだけで尿量と排尿の勢いを測定、TOTO 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 トイレで排尿するだけで尿量と排尿の勢いを測定、TOTO TOTOは、尿流量測定装置「フロースカイ」を「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)で披露した。トイレで排尿するだけで、尿量と排尿の勢いを測定することができる医療機器である。 [2018年07月18日]
  • 診察室や手術室の設計を3Dシミュレーション、メガソフト 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 診察室や手術室の設計を3Dシミュレーション、メガソフト 医療従事者の目線での動線確認も ソフトウエア開発を手掛けるメガソフトは、医療施設レイアウトシミュレーションソフト「3D医療施設デザイナー10」を「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に参考出展した。2018年10月の発売を予定している。 [2018年07月17日]
  • 精液の採取を容易に、ハスの葉をヒントにした素材で ニュース 精液の採取を容易に、ハスの葉をヒントにした素材で ダンテの精液郵送検査キット、採精カップを東洋アルミニウムが開発 デジタルヘルスベンチャーのダンテは、同社が2018年7月2日に個人向け販売を開始した精液成分の郵送検査キット「BUDDY CHECK」(バディチェック)の採精カップ「ComeCum Cup」(カムカムカップ)を東洋アルミニウムが開発したと発表した。粘性が高い精液をよく弾く構造で、スポイトなどを使わずにほぼ全量を提出用チューブに入れることを可能にしたカップである。 [2018年07月17日]
  • ARで病院サーバールームのメンテナンス、シュナイダー 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 ARで病院サーバールームのメンテナンス、シュナイダー 院内サーバールームの装置にタブレット端末をかざすと、障害発生ポイントや各装置のメンテナンス手法、手順を画面上に表示され、確認できる――。AR(拡張現実)技術を用いたそんなソリューションを、シュナイダーエレクトリックが「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)で展示した。 [2018年07月17日]
  • これがオンライン診療システムと電子カルテの連携 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 これがオンライン診療システムと電子カルテの連携 日立とPHCが診療所向け電子カルテと「YaDoc」の連携をデモ 2018年度診療報酬改定で点数化されたオンライン診療。「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)では、関連するソリューションの展示が数多く見られた。その一つが、オンライン診療システムと連携する電子カルテである。 [2018年07月17日]
  • FiNC、健康経営推進に向けたeラーニング ニュース FiNC、健康経営推進に向けたeラーニング 「食事と栄養」「飲酒と喫煙」「女性の健康」など89問を用意 デジタルヘルスベンチャーのFiNCは、健康経営推進に向けたeラーニングサービス「FiNCウェルネスラーニング」の提供を開始した。従業員のヘルスリテラシー向上を促し、行動変容を促進することを狙う。同社の法人向けプラットフォーム「FiNC for BUSINESS」の新機能として位置付ける。 [2018年07月17日]
  • 信州大にスマート治療室「SCOT」、脳腫瘍摘出手術を実施へ 特集・解説 デジタルヘルス事例 信州大にスマート治療室「SCOT」、脳腫瘍摘出手術を実施へ 今後2年間で40症例の臨床研究でシステムを評価 信州大学医学部附属病院に、次世代手術室プラットフォーム「スマート治療室」のスタンダードモデルが完成した。2018年7月末に最初の症例として脳腫瘍摘出手術を実施し、約2年間にわたって臨床研究を行う。日本医療研究開発機構(AMED)と東京女子医科大学、信州大学が同年7月9日に開催した記者会見で発表した。 [2018年07月11日]
  • メットライフ生命、理研設立の「保険イノベーション創出研究会」に参画 ニュース メットライフ生命、理研設立の「保険イノベーション創出研究会」に参画 新たな保険商品の開発に向けた未病指標の応用策を検討 メットライフ生命保険は、「保険イノベーション創出研究会」への参画を発表した。研究会では、理化学研究所や地方自治体、保険会社をはじめとする民間企業とともに、新たな保険商品の開発に向けた未病指標の応用策や設計提案など、未病指標を社会実装していくための方策を産官学の連携によって議論していくという。 [2018年07月11日]
  • スギ薬局とアイシン精機、乗り合い送迎サービスで医療難民を解消 ニュース スギ薬局とアイシン精機、乗り合い送迎サービスで医療難民を解消 愛知県豊明市で実証実験 スギ薬局とアイシン精機は、愛知県豊明市の健康長寿課の支援を受け、「乗り合い送迎サービス」の実証実験を同市仙人塚地区で実施する。高齢者を中心とした地域住民の健康維持・増進を目指した移動支援サービスの実証実験である。期間は2018年7月24日~12月25日の予定。 [2018年07月11日]
  • ヘルスツーリズム認証 用語辞典 デジタルヘルス用語 ヘルスツーリズム認証 旅行を通じて健康増進や疾病予防を図る、いわゆるヘルスツーリズムの品質を、第三者認証によって評価しようというもの。認証は、ヘルスツーリズム認証委員会が実施する。既に2018年4月27日に審査受付を開始しており、同年8月に第1期認証交付を予定している。 [2018年07月11日]
  • ソニー・ライフケア子会社が3棟目の介護付き有老ホーム 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから ソニー・ライフケア子会社が3棟目の介護付き有老ホーム 手厚い人員配置、24時間対応の訪問診療との連携も強み 有料老人ホームの企画・運営を手がけるソニー・ライフケア(東京都渋谷区)の子会社であるライフケアデザイン(同)は、2018年11月に介護付き有料老人ホーム「ソナーレ石神井」(東京都練馬区)を開設する。同ホームはグループの「ソナーレ」シリーズの3棟目となる。 [2018年07月09日]
  • 「骨太の方針2018」と「未来投資戦略2018」が閣議決定 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 「骨太の方針2018」と「未来投資戦略2018」が閣議決定 介護分野で外国人人材の受け入れを拡大する方針を明示 政府は2018年6月15日、「経済財政運営と改革の基本方針2018(骨太の方針2018)」と「未来投資戦略2018」を閣議決定した。骨太の方針2018では、介護など人手不足が深刻な五つの業種を対象に外国人人材の受け入れを拡大する方針を表明。在留期間の上限を通算5年(家族の帯同は原則認めない)とする新たな在留資格を創設する考えを記した。 [2018年07月09日]
  • 「幸福度」は健康経営に新風を吹き込むか 特集・解説 “脱ヘルスケア”の時代へ 「幸福度」は健康経営に新風を吹き込むか 「健康経営や働き方改革に関するイベントで、『幸福度』についての講演依頼が相次いでいる」――。最近では、幸福度と従業員の生産性、あるいは幸福度と企業の財務情報といった相関を精緻に研究する動きが出始めてきており、健康経営をさらに追求する次のステップとしてにわかに幸福度への注目が高まってきているのだ。 [2018年07月09日]
  • メディアスホールディングス、ミタスグループ3社を子会社化 特集・解説 デジタルヘルス事例 メディアスホールディングス、ミタスグループ3社を子会社化 北陸エリアの営業基盤を強化 医療機器・医療用具販売大手のメディアスホールディングスは2018年7月、北陸圏で医療機器・福祉介護用品販売を行うミタス(本社:福井市)と同社関連会社の3社を完全子会社化した。新たに3社が加わったことでグループ会社は13社となり、北陸エリアの営業基盤の強化を通じ、当面2000億円の売上を目指す。 [2018年07月09日]
  • FiNCと中部電力、ヘルスケアサービス開発で業務提携 ニュース FiNCと中部電力、ヘルスケアサービス開発で業務提携 FiNCと中部電力は、ヘルスケア領域でのサービス開発に向けた業務提携に合意したことを発表した。中部電力はFiNCが実施する第三者割当増資の一部を引き受けるほか、AIやIoTなどを活用したヘルスケア領域における新たなサービスを、両社共同で開発していく。 [2018年07月09日]
  • 「3省3ガイドライン」に、総務省ガイドライン改定へ 展示会・学会速報 第22回 日本医療情報学会春季学術大会 「3省3ガイドライン」に、総務省ガイドライン改定へ MEDIS-DC理事長の山本隆一氏が解説 総務省の「ASP・SaaS事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン」が改定され、「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン(第1版)」として2018年7月前半にも公表される予定である。 [2018年07月05日]
  • 新浪社長と武藤医師がタッグ、健康経営にオンライン診療 特集・解説 デジタルヘルス事例 新浪社長と武藤医師がタッグ、健康経営にオンライン診療 サントリーとインテグリティ・ヘルスケアが2つの施策を発表 サントリーホールディングスは、同社社員の家族(後期高齢者)が在宅でオンライン診療を受けられる施策を2018年10月から導入すると発表した。インテグリティ・ヘルスケアのオンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」を活用する。2018年7月4日に開催された記者会見には、サントリー 代表取締役社長の新浪剛史氏とインテグリティ・ヘルスケア 会長で医療法人社団鉄祐会 理事長の武藤真祐氏がそろって登壇し... [2018年07月05日]
  • 医療機関もSNSコミュニケーションの時代へ 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「働き方改革が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第3回> 医療機関もSNSコミュニケーションの時代へ 遠山 仁啓氏/清水 教弘氏 日本マイクロソフト 医療・製薬営業統括本部 マイクロソフトは、コラボレーション強化や業務の効率化につながる可視化ツールを顧客企業に提案しています。最近は医療分野で活用いただく場面も増えてきました。ここではその事例を紹介させてください。 [2018年07月04日]
  • フィリップスが仙台に拠点、医療の新たな価値創造の場 特集・解説 デジタルヘルス事例 フィリップスが仙台に拠点、医療の新たな価値創造の場 「行動変容」の追求と一体化したイノベーションを目指す フィリップス・ジャパンは、イノベーション研究開発拠点「PHILIPS Co-Creation Center」を2019年3月に宮城県仙台市に設立する。ICTなどを活用した健康・医療の新たな価値創造に向け、大学や医療機関、企業、自治体など、さまざまな組織との協創の場とすることを目指す。 [2018年07月04日]
  • 「テクノロジー」じゃ医療は救えません コラム 日経デジタルヘルスの「Editors' Voice」 「テクノロジー」じゃ医療は救えません ICT活用に始まり、人工知能(AI)やビッグデータ、ブロックチェーンなど、テクノロジーが医療の課題を解決するという話をよく聞く。テクノロジーは医療の救世主なのだろうか? [2018年07月03日]
  • キヤノンメディカル、がんゲノム検査事業へ参入 ニュース キヤノンメディカル、がんゲノム検査事業へ参入 アクトメッドの過半数の株式取得 キヤノンメディカルシステムズは2018年7月2日、遺伝子解析やバイオインフォマティクス関連事業を手掛けるアクトメッドの過半数の株式を取得したと発表した。これにより、がんゲノム検査事業へ参入し、キヤノンのヘルスケア事業を強化・拡大を図る。 [2018年07月03日]

お薦めトピック

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング