新着記事

  • キヤノンの眼科機器、ディープラーニング技術で高画質化 ニュース ニュース キヤノンの眼科機器、ディープラーニング技術で高画質化 光干渉断層計の新ブランド「Xephilio」  キヤノンは、眼底3次元画像から血管形態を描出する画像処理技術「OCT Angiography」(アンジオグラフィ:以下OCTA)を搭載した光干渉断層計「OCT-A1」を2019年4月18日に発売する。 [2019年04月18日]
  • 毛布のように柔軟で軽量なMRI向けコイル、GEヘルスケア イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) 毛布のように柔軟で軽量なMRI向けコイル、GEヘルスケア 検査の快適性や画質などが向上  GEヘルスケア・ジャパンは、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)向けの新技術「AIR Technology(エアー テクノロジー)」を搭載した受信コイルの販売を開始した。 [2019年04月17日]
  • 武田薬品、健康がテーマの映像シアターを本社に設置 コラム・解説 ニュース解説 武田薬品、健康がテーマの映像シアターを本社に設置 第一弾のコンテンツは「腸」や「腸内細菌」  武田薬品工業は2019年4月17日に、東京の日本橋にあるグローバル本社1階に、健康や身体をテーマとした映像シアター「TAKEDA LIFE THEATER」をオープンする。無料で一般公開し、日本橋の住人だけではなく観光客など様々な人の利用を見込む。 [2019年04月16日]
  • コニカミノルタと米AIベンチャー、胸部X線画像から異常部位を検出へ イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) コニカミノルタと米AIベンチャー、胸部X線画像から異常部位を検出へ AIを活用したシステムの開発に注力  コニカミノルタはこのほど、AI技術を用いて医用画像を解析するベンチャーの米Enlitic社や丸紅と共同開発契約を締結した。その第一弾として、胸部単純X線画像から異常部位を検出する技術を開発する。 [2019年04月16日]
  • 健康医療機器とスマホアプリで、特定保健指導の成果を高める ニュース ニュース 健康医療機器とスマホアプリで、特定保健指導の成果を高める オムロン ヘルスケアがサービス提供開始  オムロン ヘルスケアは、通信機能付きの健康医療機器とスマートフォンのアプリを活用した特定保健指導支援サービスの提供を2019年4月10日に開始した。 [2019年04月16日]
  • バイエル薬品が直面する課題を、デジタル技術で解決へ ニュース ニュース バイエル薬品が直面する課題を、デジタル技術で解決へ オープンイノベーションプログラムの募集開始  バイエル薬品は、オープンイノベーションプログラム「G4A Tokyo Dealmaker 2019」の募集を開始した。バイエル薬品が現在直面している課題に対し、デジタル技術を使った解決方法を提案する企業を公募する。 [2019年04月15日]
  • 介護現場でも令和IT対応、10月には消費税法改正も コラム・解説 山本拓真の「介護にイノベーションを巻き起こせ」 介護現場でも令和IT対応、10月には消費税法改正も  2019年5月1日に、日本では新しい元号「令和」がスタートする。これに伴い、和暦を使用しているシステムで、対応が必要になっている。介護の分野でも、自治体が発行する介護保険証に和暦記載が多く、介護事業所が利用するシステムも和暦入力のものが多い。 [2019年04月15日]
  • 国内初承認の「AI診断支援ソフト」ができるまで コラム・解説 ニュース解説 国内初承認の「AI診断支援ソフト」ができるまで サイバネットシステムが手探りで一番乗り  大腸の内視鏡画像をAI(人工知能)で解析し、腫瘍かどうかをパーセンテージで医師に提示する大腸内視鏡診断支援ソフトウエア「EndoBRAIN(エンドブレイン)」を、オリンパスが2019年3月8日に国内で発売した。 [2019年04月12日]
  • AIによる間質性肺炎の診断支援技術を開発、富士フイルムと京大 ニュース ニュース AIによる間質性肺炎の診断支援技術を開発、富士フイルムと京大 2020年度中の実用化を目指す  富士フイルムと京都大学は、人工知能(AI)技術を用いて間質性肺炎の病変を高精度に自動で分類および定量化する技術を共同開発した。 [2019年04月11日]
  • すべての臨床領域で利用できる超音波診断装置 イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) すべての臨床領域で利用できる超音波診断装置 フィリップス・ジャパンの「EPIQ Elite」  フィリップス・ジャパンは、「1台ですべての領域を診断したい」という臨床ニーズに対するソリューションとして、新型超音波診断装置「EPIQ Elite」の販売を開始した。 [2019年04月11日]
  • ディープラーニング活用のCT画像再構成アルゴリズム イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) ディープラーニング活用のCT画像再構成アルゴリズム GEヘルスケアの「TrueFidelity」  GEヘルスケア・ジャパンは、CT製品群「Revolution CT」に加わる新機能として、ディープラーニング(深層学習)を用いて開発された技術「TrueFidelity(トゥルー フィデリティー)」を発売する。 [2019年04月10日]
  • 炎症性腸疾患の患者が自身のデータを入力するプラットフォームが日本に登場 コラム・解説 ニュース解説 炎症性腸疾患の患者が自身のデータを入力するプラットフォームが日本に登場 患者間のコミュニケーションや新薬開発に貢献へ  患者向けのデータプラットフォーム「Activaid」を開発するベンチャー企業のActivaid(東京・新宿、長谷部靖明代表取締役)は、炎症性腸疾患の患者を対象にしたベータ版をリリースし、2019年4月1日までにユーザー数が160人に達した。 [2019年04月10日]
  • 柔軟なシステム構築が可能なX線一般撮影システム イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) 柔軟なシステム構築が可能なX線一般撮影システム 島津製作所の「RADspeed Pro style edition」  島津製作所は、オプションの活用と柔軟なシステム構築が可能なX線一般撮影システム「RADspeed Pro style edition」を2019年4月5日に発売した。価格は税別1200万円から。 [2019年04月10日]
  • 医学部生がAIを学ぶ、「技術を理解した医師」育成 コラム・解説 ニュース解説 医学部生がAIを学ぶ、「技術を理解した医師」育成  「理系トップの医学部に所属する優秀な学生に、医学だけを学ばせるのはもったいない」――。遠隔画像診断事業を手掛けるワイズ・リーディング(熊本市)の代表取締役で医師の中山善晴氏は、医学部生にAIやIoTなどの最新技術を教えて、「技術を理解した医師」を育成する取り組みを始めた。 [2019年04月09日]
  • 不足するヘリウムへの依存度を低減したMR装置 イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) 不足するヘリウムへの依存度を低減したMR装置 フィリップス・ジャパン  フィリップス・ジャパンは、1.5T(テスラ)MR装置(磁気共鳴画像装置)の新型モデル「Ingenia Ambition 1.5T」を販売した。耐用期間においてヘリウム充填を必要としない検査運用を可能にし、近い将来の供給不足が危惧されるヘリウムへの依存度を低減した。 [2019年04月08日]
  • CT画像から臓器を自動抽出、AI活用し診断支援 イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) CT画像から臓器を自動抽出、AI活用し診断支援 富士フイルムの「SYNAPSE SAI viewer」  富士フイルムは、人工知能(AI)技術を活用して画像診断ワークフロー支援を実現するAIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer(シナプス サイ ビューワ)」を開発した。2019年7月の発売を予定する。 [2019年04月05日]
  • 電子処方箋の本格運用に向けた実証事業、医療情報標準規格を活用 ニュース ニュース 電子処方箋の本格運用に向けた実証事業、医療情報標準規格を活用 メドレーが厚生労働省から受託して実施  厚生労働省の「電子処方箋の本格運用に向けた実証事業」が2019年3月29日に完了した。電子処方箋の普及の支障となる要因を解消するための、新たな電子処方箋システムを構築して実証した。 [2019年04月04日]
  • 最上位の「スマート治療室」が稼働、ロボットやAIを活用へ コラム・解説 ニュース解説 最上位の「スマート治療室」が稼働、ロボットやAIを活用へ 東京女子医科大学やデンソー、日立製作所など  東京女子医科大学やデンソー、日立製作所などは2019年4月3日、東京女子医科大学に「スマート治療室」を設置したことを発表した。臨床研究として2019年2月に脳神経外科の手術を1例実施したという。 [2019年04月04日]
  • 医療機器の認証制度が抱える課題、パルスオキシメーターで検証 コラム・解説 久保田博南の「医療機器トレンド・ウオッチ」 医療機器の認証制度が抱える課題、パルスオキシメーターで検証  前回のコラムで、医療機器の第三者認証が急速に減少している実態をリポートした。今回は、認証機器の中で最大数を占めるパルスオキシメーターを例に、制度自体が抱える問題点について考えてみたい。 [2019年04月03日]
  • IoT胎児モニターの実証実験、在宅や緊急搬送で効果 ニュース ニュース IoT胎児モニターの実証実験、在宅や緊急搬送で効果 メロディ・インターナショナル  IoT胎児モニター「分娩監視装置iCTG」を販売するメロディ・インターナショナルは、複数の病院で進めている実証実験の結果を、2019年3月28日に都内で開催した記者会見で明らかにした。各病院では在宅や緊急搬送中などに分娩監視装置iCTGを利用し、遠隔での胎児・妊婦モニタリングを実施した。 [2019年04月02日]
  • 切断した手の動き、「筋電義手」で再現 コラム・解説 ニュース解説 切断した手の動き、「筋電義手」で再現 思い通りに手を開閉し、料理や仕事が可能に 筋肉を動かすときに発生する電位を使って、自らの意思で動かせる筋電義手。日本でも約20年の歴史を持ち、知る人ぞ知る上肢欠損への選択肢だ。2018年4月に、日本製の筋電義手が初めて福祉用具として公的補助の対象となる「補装具等完成用部品」に指定されるなど、新しい動きが出てきている。 [2019年03月31日]
  • パソコン搭載カメラで非接触に従業員のストレスを測定 ニュース ニュース パソコン搭載カメラで非接触に従業員のストレスを測定 オフィスに緑を取り入れるパソナの「COMORE BIZ」に導入へ 視界に占める植物の割合である緑視率が10~15%のとき、人の感じるストレスは軽減する――。そんなエビデンスに基づいてオフィスをデザインする健康経営ソリューション「COMORE BIZ(コモレビズ)」に非接触でバイタルデータを測定できる技術を導入した新サービスが2019年4月1日に提供開始される。 [2019年03月29日]
  • コンビニより多い薬局から、国民の健康意識を高める コラム・解説 インタビュー コンビニより多い薬局から、国民の健康意識を高める 中尾 豊氏 カケハシ代表取締役CEO  薬局向けの次世代薬歴システム「Musubi」(ムスビ)を提供するカケハシは、経済産業省が主催する「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」のビジネスコンテスト部門でグランプリを受賞した。事業立ち上げの経緯や目指す将来の姿などを、カケハシ代表取締役CEOの中尾豊氏に聞いた。 [2019年03月29日]
  • 田中耕一氏の研究成果、2019年度に米国で受託分析開始へ コラム・解説 ニュース解説 田中耕一氏の研究成果、2019年度に米国で受託分析開始へ さまざまな疾患に応用できる「質量分析」の可能性とは 「アルツハイマー病の予防薬や根治薬の開発がことごとく失敗している。その一番の理由は、発症前の早い段階で介入できていないから」。国立長寿医療研究センター 研究所長の柳澤勝彦氏は、2019年3月22日に開催されたシンポジウム「International Symposium on Biomarkers for Alzheimer’s Disease(ISBAD)2019 Japan」の会場でこう語った。 [2019年03月28日]
  • 低出生体重児PHRを実証運用、医療・健康情報を一元管理 ニュース ニュース 低出生体重児PHRを実証運用、医療・健康情報を一元管理 神奈川県立こども医療センター  神奈川県立こども医療センターは「早産・低体重児における電子育児応援ナビゲーションプロジェクト」に、インターシステムズジャパンの医療連携プラットフォーム「InterSystems HealthShare(ヘルスシェア)」を採用した。 [2019年03月27日]

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング