• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

  • 「電子薬」の登場と、そのポテンシャル 特集・解説 製薬企業がクスリを売らなくなる日 ~Beyond the Pill~ 「電子薬」の登場と、そのポテンシャル [第2回] “クスリ屋”から“キカイ屋”へ 末梢神経系の異常シグナルをモニタリング・調整することで、自己免疫疾患やメンタルヘルスを治療するニューロモジュレーションデバイス、いわば「電子薬」――。今回は、既存の薬剤治療法を代替しうる異業種技術の先端事例を紹介する。その前提として、現在のグローバルでの医薬品市場を俯瞰することから始めたい。 [2018年08月22日]
  • 「AIで入院患者の不穏予知」、北原国際病院の挑戦 特集・解説 デジタルヘルス・インサイド 「AIで入院患者の不穏予知」、北原国際病院の挑戦 NECと共同開発、看護師の負荷はどれだけ減るのか? 点滴やドレーンを抜去したり、暴言を吐いて暴れたりする――。こうした入院患者の不穏行動は医療者側の大きな負担となっている。予兆を検知し、不穏が生じる前に介入することで医療者側の負担を軽減するため、患者のバイタルデータを使って不穏行動の予兆を検知するシステムの開発が進められている。事前介入によって不穏行動を防ぐことはできるのか、現状を探った。 [2018年08月22日]
  • ソニーの電子お薬手帳、QRコード発行薬局を検索可能に ニュース ソニーの電子お薬手帳、QRコード発行薬局を検索可能に 「harmo」の47都道府県全域カバーを受け、薬局情報を提供開始 ソニーは、同社の電子お薬手帳サービス「harmo(ハルモ)」の利用実績が、全国47都道府県に拡大したと発表した。これを受け、お薬手帳用QRコードを発行できる約6500軒の薬局情報を新たに公開した。これらの薬局では、スマートフォンから「ライト会員」のサービスを利用可能になる。 [2018年08月21日]
  • 電話等再診、遠隔モニタリングで「システム利用料」は徴収不可 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 電話等再診、遠隔モニタリングで「システム利用料」は徴収不可 厚生労働省が2018年度診療報酬改定の疑義解釈(その5、6)を示す 厚生労働省は2018年7月10日と20日、2018年度診療報酬改定の疑義解釈資料(その5、6)を示した。 [2018年08月16日]
  • 「フォーミュラリー」の医療費削減効果はどれほどか 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 「フォーミュラリー」の医療費削減効果はどれほどか 聖マリ医大病院の元薬剤部長、地域フォーミュラリーの推進を力説 有効性や安全性、経済性を考慮した医薬品の使用を推奨する「フォーミュラリー」。国内で院内フォーミュラリーを導入する医療機関が拡大しつつある中、地域包括ケアにおけるフォーミュラリーの実践は有効なのか――。 [2018年08月16日]
  • ブロックチェーンやAIを活用したPHRを開発 ニュース ブロックチェーンやAIを活用したPHRを開発 ウェルビーとデジタルガレージが資本業務提携 ウェルビーは、デジタルガレージと資本業務提携し、PHR(Personal Health Record)のアグリゲーション事業を開始すると発表した。デジタルガレージのDG Labが研究開発を進めるブロックチェーンやAIなどを活用したPHRサービスを共同開発する。 [2018年08月03日]
  • AIで診療の優先度を推測、慶応医学部と富士通 ニュース AIで診療の優先度を推測、慶応医学部と富士通 慶応義塾大学医学部の研究グループと富士通は、診療支援のためのAI技術を開発した。検査結果や検査報告書が出た時点で優先度をAIが推測し、担当医に通知する診療支援が可能になるという。適切な対処を迅速に行う医療体制をサポートすることを狙う。 [2018年08月03日]
  • 膨大な診療データをOTC医薬品に生かす、MDV子会社 特集・解説 デジタルヘルス事例 膨大な診療データをOTC医薬品に生かす、MDV子会社 「OTC医薬品はターゲット層を取り込めていない」 メディカル・データ・ビジョン(MDV)子会社のMDVコンシューマ―・ヘルスケアは、MVDが保有する440万人の診療データを活用したOTC医薬品「オノフェHPクリーム」を2018年10月1日に発売する。乾燥した肌をなめらかにするクリームタイプの外用薬である。ヘパリン類似物質を医薬品と同量配合している。 [2018年08月02日]
  • クスリを売らなくなる日を見据えて 特集・解説 製薬企業がクスリを売らなくなる日 ~Beyond the Pill~ クスリを売らなくなる日を見据えて [第1回] 産業変化の背景 「20年後に我々は薬を売っていないかもしれない」。とある製薬企業との長期研究開発戦略立案に関するプロジェクトの討議中、クライアントが発した言葉だ。近年、“Beyond the Pills”(医薬品を越えて)の掛け声のもと、「医薬品以外」の事業機会を模索する製薬企業が増加している。 [2018年08月01日]
  • 3つの「壁」と向き合え――未来への処方箋 特集・解説 デジタルヘルス・インサイド 3つの「壁」と向き合え――未来への処方箋 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」を踏まえて  今回の座談会を通して浮かび上がった未来への処方箋とは何か。それは、3つの「壁」と向き合うことではないだろうか。すなわち、(1)医療を担う各職種の役割の「壁」、(2)医療従事者と患者・生活者の情報共有の「壁」、(3)新たな仕組みの社会実装に向けた規制や持続性の「壁」、である(図1)。これらの壁をどう乗り越えていくべきかという議論を深めることが、未来を切り拓くキッカケとなりそうだ。 [2018年08月01日]
  • 2019年度に「3省2ガイドライン」へ ニュース 2019年度に「3省2ガイドライン」へ 総務省の改訂ガイドライン第1版が正式公表 総務省は2018年7月31日、医療情報を扱うクラウドサービス事業者向けの「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン(第1版)」を公表した。同年5月22日から6月21日まで実施したパブリックコメント募集を受け、加筆・修正を加えた第1版の正式版である。 [2018年08月01日]
  • IBM Cloudの「3省4ガイドライン」対応リファレンス ニュース IBM Cloudの「3省4ガイドライン」対応リファレンス 三菱総合研究所が対応状況を調査・公開 日本IBMは2018年7月31日、いわゆる「3省4ガイドライン」へのIBM Cloudの対応状況を示した「医療機関向けIBM Cloud IaaSクラウドサービス対応セキュリティリファレンス」が公開されたと発表した。同リファレンスは、三菱総合研究所が調査・公開した。これにより、日本IBMはAI技術や医療業界向けソリューションを含むクラウドサービスの提供を加速するとしている。 [2018年07月31日]
  • シーメンスとアルムが協業、医療のデジタル化を推進 ニュース シーメンスとアルムが協業、医療のデジタル化を推進 全国の医療機関へ「Join」の導入をサポート シーメンスヘルスケアとアルムは2018年7月30日、医療のデジタル化の推進などに関する協業を開始した。シーメンスヘルスケアは、全国の医療機関に対してアルムの汎用画像診断装置プログラムである「Join(ジョイン)」の導入をサポートしていく。 [2018年07月31日]
  • 電子聴診器とスマートグラスで遠隔診療 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 電子聴診器とスマートグラスで遠隔診療 NECソリューションイノベータが参考出展 NECソリューションイノベータは、電子聴診器とスマートグラスを用いた遠隔診療ソリューションを「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に参考出展した。D(医師)to N(看護師)to P(患者)のシステムである。患者宅に出向いた看護師を介して、遠隔にいる医師が指示したり心音を聞いたりしながら診療することを想定する。 [2018年07月30日]
  • 遠隔健康管理システムと電子カルテの連携を披露 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 遠隔健康管理システムと電子カルテの連携を披露 JBCCとPHCの電子カルテ、芙蓉開発の安診ネット・カイゴと連携 JBCCとPHCは、芙蓉開発の遠隔健康管理システム「安診ネット・カイゴ」と連携する電子カルテを「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)で披露した。安診ネット・カイゴは、介護入居者個々人のバイタルデータを、AIを用いて統計解析することにより入居者一人ひとりの基準域を設定し、基準域から外れた異常値が出た場合にアラートを発することができるシステムである。 [2018年07月30日]
  • 診療材料5万点をRFIDで管理、大阪国際がんセンター 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 診療材料5万点をRFIDで管理、大阪国際がんセンター 小西医療器とサトーヘルスケアがシステムを構築  小西医療器とサトーヘルスケアは、医療機関内の診療材料を非接触ICタグ(RFID)で管理するシステムを構築し、「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に出展した。大阪国際がんセンターが、2018年6月下旬に試験導入した。 [2018年07月27日]
  • 待望される災害対策用の可搬型医療機器 コラム 久保田博南の「医療機器トレンド・ウオッチ」 待望される災害対策用の可搬型医療機器 フジタ医科器械の可搬型生体情報モニタリングシステムに見る 2018年夏、西日本豪雨や連日の猛暑など、異常気象下における救急救命対応が重要課題との認識が高まっている。このような緊急事態において待望されているのが、災害対策用の医療機器だ。フジタ医科器械(前多宏信社長)は、災害対策用の可搬型医療機器の開発に着手し、災害現場などでの要望に応える生体情報機器への取り組みを開始した。 [2018年07月27日]
  • AI画像診断支援のオープンプラットフォームへ ニュース AI画像診断支援のオープンプラットフォームへ オプティムとエムスリーが「Doc+AI」(ドクエイ)の構築を開始 オプティムとエムスリーは、医用画像診断を支援するAIを搭載したオープンプラットフォーム「Doc+AI」(ドクエイ)の構築を共同で開始した。2018年秋頃のリリースを予定する。多様な医用画像診断AIアルゴリズムをクラウド上で提供し、PACS(医療用画像管理システム)などの院内システムの検査画像を用いて全身・全疾患の画像診断支援を可能にすることを目指す。 [2018年07月26日]
  • 全国を網羅する精度の高いデータベースへ、日本脳卒中データバンク事業 特集・解説 デジタルヘルス事例 全国を網羅する精度の高いデータベースへ、日本脳卒中データバンク事業 運営移管を機に国循が症例登録システムなどを刷新  脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管疾患、いわゆる脳卒中は、1951年から約30年間、日本人の死亡原因の第1位を占めていた。死亡者数は年々減少傾向にあるものの現在も3位の死因であり、要介護あるいは寝たきりになる最大の原因とされる。健康寿命の延伸という観点からも、脳卒中のより良い治療の提供や予後の改善、予防対策は重点的に取り組むべき課題と言える。 [2018年07月26日]
  • 遠隔診療をクラウドで支援、セコム医療システム 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 遠隔診療をクラウドで支援、セコム医療システム 在宅患者のバイタルデータを遠隔から確認可能に セコム医療システムは2018年7月上旬、遠隔診療支援プラットフォーム「セコムVitalook(バイタルック)」の提供を開始し、「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に出展した。在宅患者のバイタルデータをクラウドに蓄積し、医療者が遠隔から確認できる。在宅医療や遠隔診療(オンライン診療)を支援する。 [2018年07月23日]
  • 医師や看護師の就業管理をスマホで、インフォコム 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 医師や看護師の就業管理をスマホで、インフォコム インフォコムは、医療従事者の勤務状況を管理する「CWS就業管理システム」を「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に出展した。医療機関における働き方改革を支援するもので、2019年1月にスマートフォン版の提供を開始する予定。 [2018年07月23日]
  • 電子化されたプロブレムリストを連携情報の核に 展示会・学会速報 第22回 日本医療情報学会春季学術大会 電子化されたプロブレムリストを連携情報の核に MEDIS-DCの渡邉直氏が研究発表 医療・ケアに求められる連携情報とは、キーとなる画像情報、キーとなる検査歴、要約された記載情報である――。 [2018年07月23日]
  • 京都大原記念病院、ナースコールや内線などをスマホに統合 ニュース 京都大原記念病院、ナースコールや内線などをスマホに統合 3点認証や医療情報システムと連携も計画 京都大原記念病院グループは、スマートフォンをナースコールのハンディー端末や各拠点間の内線などに利用できる内線スマートフォンソリューションを導入した。NTT西日本の「クラウドPBXサービス」を活用した。今後は、医療情報システムと連携し、医療データの閲覧や記録作業にもスマートフォンを利用できるようにしていく。 [2018年07月20日]
  • 搬送医薬品の位置情報と温度情報をリアルタイム管理 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 搬送医薬品の位置情報と温度情報をリアルタイム管理 鴻池運輸、GDPに対応した医薬品トレーサビリティシステム 鴻池運輸は、同社など数社で開発を進めている医薬品トレーサビリティシステムの概要を「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)のオープンステージセミナーで説明した。 [2018年07月20日]
  • 静脈が見える!「血管可視化装置」の使い勝手は? 特集・解説 デジタルヘルス・トレンド 静脈が見える!「血管可視化装置」の使い勝手は? 医療現場でどう活用されているのか 近赤外光を皮膚に照射することで非侵襲的に血管走行を映し出す「血管可視化装置」。2018年4月に医療機器大手のテルモが、5月には高知大発ベンチャーのプラス・メッドがそれぞれ新製品を発売し、にわかに注目を集めている。見えにくい血管への穿刺時に便利とされるが、実際の使い勝手はどうなのか? 現場の声を取材した。 [2018年07月18日]

お薦めトピック

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング