• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

  • 「優れたAIベンチャー」の研究テーマ6件採択、NEDO 特集・解説 デジタルヘルス事例 「優れたAIベンチャー」の研究テーマ6件採択、NEDO 健康、医療・介護分野からはPuRECとMICIN NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は2018年8月8日、優れたAIベンチャー企業の研究テーマ6件を採択したことを発表した。健康、医療・介護分野からは、PuRECと名古屋大学による「AIによる高純度間葉系幹細胞の品質検査高度化の調査研究」が最優秀賞、MICIN(旧社名・情報医療)による「機械学習を用いた認知機能リスク因子の探索」が審査員特別賞に選ばれた。 [2018年08月17日]
  • 「フォーミュラリー」の医療費削減効果はどれほどか 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 「フォーミュラリー」の医療費削減効果はどれほどか 聖マリ医大病院の元薬剤部長、地域フォーミュラリーの推進を力説 有効性や安全性、経済性を考慮した医薬品の使用を推奨する「フォーミュラリー」。国内で院内フォーミュラリーを導入する医療機関が拡大しつつある中、地域包括ケアにおけるフォーミュラリーの実践は有効なのか――。 [2018年08月16日]
  • 「田中耕一氏の研究成果」が受託分析サービスへ ニュース 「田中耕一氏の研究成果」が受託分析サービスへ わずかな血液からアルツハイマー病変を検出 島津製作所と島津テクノリサーチは、血液中の血漿を使って脳内のアミロイド蓄積度合いを推定する受託分析「アミロイドMS受託解析サービス」を2018年8月7日に開始した。同年2月1日(日本時間)に英科学誌Natureオンライン版に掲載された成果を、いよいよサービスとして提供する格好だ。 [2018年08月10日]
  • えずくロボット「mikoto」、気管支と胃・十二指腸を搭載 特集・解説 デジタルヘルス事例 えずくロボット「mikoto」、気管支と胃・十二指腸を搭載 内視鏡トレーニングの幅が広がる MICOTOテクノロジーは、同社の医療シミュレーター「mikoto」内部に搭載する気管支と胃・十二指腸の臓器モデルを鳥取大学医学部および鳥取大学医学部附属病院と共同開発し、2018年8月1日に販売を開始した。「第50回日本医学教育学会」(2018年8月3~4日、東京医科歯科大学)で披露した。 [2018年08月06日]
  • 看工連携 用語辞典 デジタルヘルス用語 看工連携 看護師が抱える臨床現場の困りごとを解決するために、看護師と工学分野のものづくり企業が連携して製品開発などを行うこと。医療現場全般のニーズに工学分野のシーズで応える医工連携の中でも、とりわけ看護領域に着目した連携を指す。 [2018年08月06日]
  • AIで診療の優先度を推測、慶応医学部と富士通 ニュース AIで診療の優先度を推測、慶応医学部と富士通 慶応義塾大学医学部の研究グループと富士通は、診療支援のためのAI技術を開発した。検査結果や検査報告書が出た時点で優先度をAIが推測し、担当医に通知する診療支援が可能になるという。適切な対処を迅速に行う医療体制をサポートすることを狙う。 [2018年08月03日]
  • クスリを売らなくなる日を見据えて 特集・解説 製薬企業がクスリを売らなくなる日 ~Beyond the Pill~ クスリを売らなくなる日を見据えて [第1回] 産業変化の背景 「20年後に我々は薬を売っていないかもしれない」。とある製薬企業との長期研究開発戦略立案に関するプロジェクトの討議中、クライアントが発した言葉だ。近年、“Beyond the Pills”(医薬品を越えて)の掛け声のもと、「医薬品以外」の事業機会を模索する製薬企業が増加している。 [2018年08月01日]
  • 電子聴診器とスマートグラスで遠隔診療 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 電子聴診器とスマートグラスで遠隔診療 NECソリューションイノベータが参考出展 NECソリューションイノベータは、電子聴診器とスマートグラスを用いた遠隔診療ソリューションを「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に参考出展した。D(医師)to N(看護師)to P(患者)のシステムである。患者宅に出向いた看護師を介して、遠隔にいる医師が指示したり心音を聞いたりしながら診療することを想定する。 [2018年07月30日]
  • 「遠隔心臓リハビリ」、リモハブが事業化加速へ 特集・解説 デジタルヘルス事例 「遠隔心臓リハビリ」、リモハブが事業化加速へ 心臓リハビリも遠隔の時代へ――。大阪大学発ベンチャーのリモハブは、同社が手掛ける「遠隔管理型心臓リハビリシステム」の事業化を加速する考えを2018年7月25日に開催した記者会見で明らかにした。それに向けて、大阪大学ベンチャーキャピタルとHack Venturesから総額6000万円の資金調達を受けたことを発表した。 [2018年07月27日]
  • AI画像診断支援のオープンプラットフォームへ ニュース AI画像診断支援のオープンプラットフォームへ オプティムとエムスリーが「Doc+AI」(ドクエイ)の構築を開始 オプティムとエムスリーは、医用画像診断を支援するAIを搭載したオープンプラットフォーム「Doc+AI」(ドクエイ)の構築を共同で開始した。2018年秋頃のリリースを予定する。多様な医用画像診断AIアルゴリズムをクラウド上で提供し、PACS(医療用画像管理システム)などの院内システムの検査画像を用いて全身・全疾患の画像診断支援を可能にすることを目指す。 [2018年07月26日]
  • ジカ熱ウイルスを従来法の1/3の時間で検出するキット ニュース ジカ熱ウイルスを従来法の1/3の時間で検出するキット 長崎大学とキヤノンメディカルが共同開発 長崎大学とキヤノンメディカルシステムズは、ジカ熱のウイルスを従来法の1/3以下の時間(核酸抽出後の検出時間が30分)で検出できる「ジカウイルスRNA検出試薬 Genelyzer KIT」を共同開発した。キヤノンメディカルが2018年6月18日付で、体外診断用医薬品の製造販売承認を取得した。 [2018年07月25日]
  • 褥瘡の寸法をデジカメが自動算出、キヤノンメディカル 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 褥瘡の寸法をデジカメが自動算出、キヤノンメディカル 寝たきりの高齢者などが悩まされやすい症状の一つが、体とベッドの接触面の血行不良によって生じる褥瘡(床ずれ)だ。この褥瘡をデジタルカメラで撮影するだけでそのサイズを自動計測できる技術をキヤノンメディカルシステムズが開発し、「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に参考出展した。病院や介護施設に向けた技術提案を2018年内にも始める考え。 [2018年07月23日]
  • 術野深部を明るく照らす“発光する鈎”、安井 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 術野深部を明るく照らす“発光する鈎”、安井 コードレスLED照明を搭載 開腹手術時に術野の奥まで無影灯の光が届きにくく、深部が見えにくい――。そんな課題を解決するために安井が開発したのが、発光するコードレス鈎「コウプライト(koplight)」である。開腹手術時に術野を見やすくするため、周辺組織を引っ張る際に使用する道具である鈎に、コードレスLED照明を搭載した製品だ。 [2018年07月23日]
  • AIで早期胃がんを高精度検出、理研と国がん ニュース AIで早期胃がんを高精度検出、理研と国がん 特徴が似ている胃炎や胃潰瘍も高い確率で判断 理化学研究所と国立がん研究センター東病院の共同研究チームは、人工知能(AI)による早期胃がんの高精度な自動検出法を確立したと発表した。今回の研究成果は、検診における胃がんの見逃しを減らすことで、早期発見や早期治療につながることが期待できるとしている。 [2018年07月21日]
  • 慶応医学部「健康医療ベンチャー大賞」、12月に決勝大会 特集・解説 デジタルヘルス事例 慶応医学部「健康医療ベンチャー大賞」、12月に決勝大会 スピンオフ企画としてハッカソン形式の医療アプリの作成コンテストも 慶応義塾大学医学部が主催する「健康医療ベンチャー大賞」。第3回となる2018年度は、同年12月2日に決勝大会が開催される。同年7月19日に開催されたキックオフセミナーで、詳細が明らかになった。 [2018年07月20日]
  • 「それが何の薬か判別します」、持参薬監査システム 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 「それが何の薬か判別します」、持参薬監査システム マルマンコンピュータサービス、4~6錠を一度に解析 マルマンコンピュータサービスは、「持参薬監査システム(携帯型錠剤判別システム)」を「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)に参考出展した。患者が持参した錠剤を本体にセットすると、装置上部のカメラで錠剤を撮影し、撮影した画像を解析することで錠剤の種類を判別できるシステムである。 [2018年07月20日]
  • 京都大原記念病院、ナースコールや内線などをスマホに統合 ニュース 京都大原記念病院、ナースコールや内線などをスマホに統合 3点認証や医療情報システムと連携も計画 京都大原記念病院グループは、スマートフォンをナースコールのハンディー端末や各拠点間の内線などに利用できる内線スマートフォンソリューションを導入した。NTT西日本の「クラウドPBXサービス」を活用した。今後は、医療情報システムと連携し、医療データの閲覧や記録作業にもスマートフォンを利用できるようにしていく。 [2018年07月20日]
  • これがオンライン診療システムと電子カルテの連携 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2018 これがオンライン診療システムと電子カルテの連携 日立とPHCが診療所向け電子カルテと「YaDoc」の連携をデモ 2018年度診療報酬改定で点数化されたオンライン診療。「国際モダンホスピタルショウ2018」(2018年7月11~13日、東京ビッグサイト)では、関連するソリューションの展示が数多く見られた。その一つが、オンライン診療システムと連携する電子カルテである。 [2018年07月17日]
  • 信州大にスマート治療室「SCOT」、脳腫瘍摘出手術を実施へ 特集・解説 デジタルヘルス事例 信州大にスマート治療室「SCOT」、脳腫瘍摘出手術を実施へ 今後2年間で40症例の臨床研究でシステムを評価 信州大学医学部附属病院に、次世代手術室プラットフォーム「スマート治療室」のスタンダードモデルが完成した。2018年7月末に最初の症例として脳腫瘍摘出手術を実施し、約2年間にわたって臨床研究を行う。日本医療研究開発機構(AMED)と東京女子医科大学、信州大学が同年7月9日に開催した記者会見で発表した。 [2018年07月11日]
  • 新浪社長と武藤医師がタッグ、健康経営にオンライン診療 特集・解説 デジタルヘルス事例 新浪社長と武藤医師がタッグ、健康経営にオンライン診療 サントリーとインテグリティ・ヘルスケアが2つの施策を発表 サントリーホールディングスは、同社社員の家族(後期高齢者)が在宅でオンライン診療を受けられる施策を2018年10月から導入すると発表した。インテグリティ・ヘルスケアのオンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」を活用する。2018年7月4日に開催された記者会見には、サントリー 代表取締役社長の新浪剛史氏とインテグリティ・ヘルスケア 会長で医療法人社団鉄祐会 理事長の武藤真祐氏がそろって登壇し... [2018年07月05日]
  • 医療機関もSNSコミュニケーションの時代へ 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「働き方改革が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第3回> 医療機関もSNSコミュニケーションの時代へ 遠山 仁啓氏/清水 教弘氏 日本マイクロソフト 医療・製薬営業統括本部 マイクロソフトは、コラボレーション強化や業務の効率化につながる可視化ツールを顧客企業に提案しています。最近は医療分野で活用いただく場面も増えてきました。ここではその事例を紹介させてください。 [2018年07月04日]
  • フィリップスが仙台に拠点、医療の新たな価値創造の場 特集・解説 デジタルヘルス事例 フィリップスが仙台に拠点、医療の新たな価値創造の場 「行動変容」の追求と一体化したイノベーションを目指す フィリップス・ジャパンは、イノベーション研究開発拠点「PHILIPS Co-Creation Center」を2019年3月に宮城県仙台市に設立する。ICTなどを活用した健康・医療の新たな価値創造に向け、大学や医療機関、企業、自治体など、さまざまな組織との協創の場とすることを目指す。 [2018年07月04日]
  • キヤノンメディカル、がんゲノム検査事業へ参入 ニュース キヤノンメディカル、がんゲノム検査事業へ参入 アクトメッドの過半数の株式取得 キヤノンメディカルシステムズは2018年7月2日、遺伝子解析やバイオインフォマティクス関連事業を手掛けるアクトメッドの過半数の株式を取得したと発表した。これにより、がんゲノム検査事業へ参入し、キヤノンのヘルスケア事業を強化・拡大を図る。 [2018年07月03日]
  • 医師のタスクシェア、患者に理解してもらう努力も必要 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「働き方改革が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第3回> 医師のタスクシェア、患者に理解してもらう努力も必要 白石 吉彦氏 隠岐広域連合立 隠岐島前病院 院長 医療従事者のタスクシェアリングを実践していく上で重要なことは、タスクをシェアされる側の理解を得ることと、その業務を行うことによる達成感とやり甲斐を考えることだと思っています。加えて、患者にもそうした診療体制を理解してもらう努力が必要です。 [2018年07月02日]
  • もっと多くの薬剤師が病院で働くようになってほしい 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「働き方改革が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第3回> もっと多くの薬剤師が病院で働くようになってほしい 戎 初代氏 東京ベイ・浦安市川医療センター 集中ケア 認定看護師 病院勤務の看護師の立場から、働き方改革に関して期待していることの一つは、薬剤師の存在です。日本には多くの薬剤師がいます。しかし、病院で働く薬剤師はその20%に過ぎません。 [2018年06月29日]

お薦めトピック

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング