• キヤノンの眼科機器、ディープラーニング技術で高画質化 ニュース ニュース キヤノンの眼科機器、ディープラーニング技術で高画質化 光干渉断層計の新ブランド「Xephilio」  キヤノンは、眼底3次元画像から血管形態を描出する画像処理技術「OCT Angiography」(アンジオグラフィ:以下OCTA)を搭載した光干渉断層計「OCT-A1」を2019年4月18日に発売する。 [2019年04月18日]
  • 武田薬品、健康がテーマの映像シアターを本社に設置 コラム・解説 ニュース解説 武田薬品、健康がテーマの映像シアターを本社に設置 第一弾のコンテンツは「腸」や「腸内細菌」  武田薬品工業は2019年4月17日に、東京の日本橋にあるグローバル本社1階に、健康や身体をテーマとした映像シアター「TAKEDA LIFE THEATER」をオープンする。無料で一般公開し、日本橋の住人だけではなく観光客など様々な人の利用を見込む。 [2019年04月16日]
  • コニカミノルタと米AIベンチャー、胸部X線画像から異常部位を検出へ イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) コニカミノルタと米AIベンチャー、胸部X線画像から異常部位を検出へ AIを活用したシステムの開発に注力  コニカミノルタはこのほど、AI技術を用いて医用画像を解析するベンチャーの米Enlitic社や丸紅と共同開発契約を締結した。その第一弾として、胸部単純X線画像から異常部位を検出する技術を開発する。 [2019年04月16日]
  • 国内初承認の「AI診断支援ソフト」ができるまで コラム・解説 ニュース解説 国内初承認の「AI診断支援ソフト」ができるまで サイバネットシステムが手探りで一番乗り  大腸の内視鏡画像をAI(人工知能)で解析し、腫瘍かどうかをパーセンテージで医師に提示する大腸内視鏡診断支援ソフトウエア「EndoBRAIN(エンドブレイン)」を、オリンパスが2019年3月8日に国内で発売した。 [2019年04月12日]
  • すべての臨床領域で利用できる超音波診断装置 イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) すべての臨床領域で利用できる超音波診断装置 フィリップス・ジャパンの「EPIQ Elite」  フィリップス・ジャパンは、「1台ですべての領域を診断したい」という臨床ニーズに対するソリューションとして、新型超音波診断装置「EPIQ Elite」の販売を開始した。 [2019年04月11日]
  • ディープラーニング活用のCT画像再構成アルゴリズム イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) ディープラーニング活用のCT画像再構成アルゴリズム GEヘルスケアの「TrueFidelity」  GEヘルスケア・ジャパンは、CT製品群「Revolution CT」に加わる新機能として、ディープラーニング(深層学習)を用いて開発された技術「TrueFidelity(トゥルー フィデリティー)」を発売する。 [2019年04月10日]
  • 柔軟なシステム構築が可能なX線一般撮影システム イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) 柔軟なシステム構築が可能なX線一般撮影システム 島津製作所の「RADspeed Pro style edition」  島津製作所は、オプションの活用と柔軟なシステム構築が可能なX線一般撮影システム「RADspeed Pro style edition」を2019年4月5日に発売した。価格は税別1200万円から。 [2019年04月10日]
  • 医学部生がAIを学ぶ、「技術を理解した医師」育成 コラム・解説 ニュース解説 医学部生がAIを学ぶ、「技術を理解した医師」育成  「理系トップの医学部に所属する優秀な学生に、医学だけを学ばせるのはもったいない」――。遠隔画像診断事業を手掛けるワイズ・リーディング(熊本市)の代表取締役で医師の中山善晴氏は、医学部生にAIやIoTなどの最新技術を教えて、「技術を理解した医師」を育成する取り組みを始めた。 [2019年04月09日]
  • 不足するヘリウムへの依存度を低減したMR装置 イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) 不足するヘリウムへの依存度を低減したMR装置 フィリップス・ジャパン  フィリップス・ジャパンは、1.5T(テスラ)MR装置(磁気共鳴画像装置)の新型モデル「Ingenia Ambition 1.5T」を販売した。耐用期間においてヘリウム充填を必要としない検査運用を可能にし、近い将来の供給不足が危惧されるヘリウムへの依存度を低減した。 [2019年04月08日]
  • CT画像から臓器を自動抽出、AI活用し診断支援 イベント 2019国際医用画像総合展(ITEM2019) CT画像から臓器を自動抽出、AI活用し診断支援 富士フイルムの「SYNAPSE SAI viewer」  富士フイルムは、人工知能(AI)技術を活用して画像診断ワークフロー支援を実現するAIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer(シナプス サイ ビューワ)」を開発した。2019年7月の発売を予定する。 [2019年04月05日]
  • 最上位の「スマート治療室」が稼働、ロボットやAIを活用へ コラム・解説 ニュース解説 最上位の「スマート治療室」が稼働、ロボットやAIを活用へ 東京女子医科大学やデンソー、日立製作所など  東京女子医科大学やデンソー、日立製作所などは2019年4月3日、東京女子医科大学に「スマート治療室」を設置したことを発表した。臨床研究として2019年2月に脳神経外科の手術を1例実施したという。 [2019年04月04日]
  • IoT胎児モニターの実証実験、在宅や緊急搬送で効果 ニュース ニュース IoT胎児モニターの実証実験、在宅や緊急搬送で効果 メロディ・インターナショナル  IoT胎児モニター「分娩監視装置iCTG」を販売するメロディ・インターナショナルは、複数の病院で進めている実証実験の結果を、2019年3月28日に都内で開催した記者会見で明らかにした。各病院では在宅や緊急搬送中などに分娩監視装置iCTGを利用し、遠隔での胎児・妊婦モニタリングを実施した。 [2019年04月02日]
  • 切断した手の動き、「筋電義手」で再現 コラム・解説 ニュース解説 切断した手の動き、「筋電義手」で再現 思い通りに手を開閉し、料理や仕事が可能に 筋肉を動かすときに発生する電位を使って、自らの意思で動かせる筋電義手。日本でも約20年の歴史を持ち、知る人ぞ知る上肢欠損への選択肢だ。2018年4月に、日本製の筋電義手が初めて福祉用具として公的補助の対象となる「補装具等完成用部品」に指定されるなど、新しい動きが出てきている。 [2019年03月31日]
  • 田中耕一氏の研究成果、2019年度に米国で受託分析開始へ コラム・解説 ニュース解説 田中耕一氏の研究成果、2019年度に米国で受託分析開始へ さまざまな疾患に応用できる「質量分析」の可能性とは 「アルツハイマー病の予防薬や根治薬の開発がことごとく失敗している。その一番の理由は、発症前の早い段階で介入できていないから」。国立長寿医療研究センター 研究所長の柳澤勝彦氏は、2019年3月22日に開催されたシンポジウム「International Symposium on Biomarkers for Alzheimer’s Disease(ISBAD)2019 Japan」の会場でこう語った。 [2019年03月28日]
  • 触覚を伝送できるモジュール、遠隔触診や手術支援ロボットに ニュース ニュース 触覚を伝送できるモジュール、遠隔触診や手術支援ロボットに MEDTEC Japan 2019  日本メクトロンは、触覚を伝送できるモジュール「3原触モジュール」を「MEDTEC Japan 2019」(2019年3月18~20日、東京ビッグサイト)に展示した。モジュールを手袋に搭載し、物の感触などを伝送するデモを見せた。医療分野では、遠隔での触診や手術支援ロボットなどへの応用を狙う。 [2019年03月26日]
  • 小型で高精度のポンプモジュール、インスリンポンプなどに応用へ ニュース ニュース 小型で高精度のポンプモジュール、インスリンポンプなどに応用へ セイコーインスツルがMEDTECで公開  セイコーインスツルは、最小吐出量が0.01μLと微量の送液ポンプモジュールを試作し、「MEDTEC Japan 2019」(2019年3月18~20日、東京ビッグサイト)で公開した。インスリンポンプやDNAシーケンサー、生化学自動分析装置、自動血球分析装置などへの応用を見込む。 [2019年03月26日]
  • 持ち運べる呼吸筋測定器、木幡計器製作所 ニュース ニュース 持ち運べる呼吸筋測定器、木幡計器製作所 リハビリの現場で測定が可能に 工業用圧力計メーカーの木幡計器製作所(大阪府大阪市)は、国立国際医療研究センターと共同開発した呼吸筋力測定器「IOP-01」を「MEDTEC Japan 2019」(2019年3月18~20日、東京ビッグサイト)で披露した。クラスIIの医療機器として税別18万円で2018年11月から販売している。 [2019年03月26日]
  • 糖尿病領域での業務提携に向けてH2と基本合意 ニュース ニュース 糖尿病領域での業務提携に向けてH2と基本合意 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険  損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、糖尿病患者向けの健康管理アプリ「シンクヘルス」を展開するH2 Inc.の日本法人であるH2と、業務提携に向けた基本合意書を締結した。両社が展開するサービスの拡充と新たなビジネス機会の創出を目指す。 [2019年03月25日]
  • 1回の採血でがんと脳卒中、心筋梗塞の発症リスクを評価 コラム・解説 ニュース解説 1回の採血でがんと脳卒中、心筋梗塞の発症リスクを評価 味の素が2019年4月に提供開始 血液中のアミノ酸濃度の分布を分析することで、10年以内に脳卒中や心筋梗塞を発症するリスクを評価できる――。食品大手の味の素は、そんなスクリーニング検査を2019年4月に提供開始する。がんと脳卒中、心筋梗塞の全てを評価できる「国内初の検査」(味の素の福士博司氏)である。 [2019年03月22日]
  • 高い再現性と生産性を追求した新型MRI ニュース ニュース 高い再現性と生産性を追求した新型MRI シーメンスヘルスケア  シーメンスヘルスケアは、新型3T(テスラ)MRI「MAGNETOM Lumina(マグネトム ルミナ)」と、1.5T MRI「MAGNETOM Altea(マグネトム アルティア)」の2機種の販売を開始した。 [2019年03月20日]
  • マンモグラフィ画像の微妙な陰影・濃淡を再現 ニュース ニュース マンモグラフィ画像の微妙な陰影・濃淡を再現 JVCケンウッドの医用画像表示モニター  JVCケンウッドは、JVCブランドの医用画像表示モニター「i3シリーズ」の新商品として、21.3型カラー液晶の「CL-S500」と21.3型モノクロ液晶の「MS-S500」の2モデルを、2019年6 月下旬に発売する。 [2019年03月20日]
  • 3Dプリンターで作る4疾患の心臓モデル、超軟質素材で質感追求 コラム・解説 ニュース解説 3Dプリンターで作る4疾患の心臓モデル、超軟質素材で質感追求 小児心疾患の術前シミュレーションに活用 クロスエフェクト(京都府京都市)は、先天性小児心疾患の特徴を模擬した心臓モデルを2019年5月から販売すると発表した。まずは限定1000個のモデルを税別5万2500円で提供する予定で、同年3月15日から予約を受け付けている。 [2019年03月19日]
  • てんかんのセカンドオピニオン外来をオンラインで、東北大学病院 ニュース ニュース てんかんのセカンドオピニオン外来をオンラインで、東北大学病院 自由診療の枠組みで実施  東北大学病院てんかん科は、メドレーが提供するオンライン診療システム「CLINICS」を利用した、てんかんオンラインセカンドオピニオン外来を、自由診療の枠組みの中で開始する。国内大学病院としては初の試みとしており、診療の受け付け開始は2019年4月1日、診療開始は同年5月8日を予定する。 [2019年03月18日]
  • スマホにつながる人工内耳、雑音環境でも明瞭な通話を コラム・解説 ニュース解説 スマホにつながる人工内耳、雑音環境でも明瞭な通話を 加齢性難聴を「しょうがない」で済まさないで 最近、人の声やテレビの音声が聞こえにくい――。そんな難聴を解決する手段に「人工内耳」がある。音を大きくして中耳に伝える補聴器に対して、人工内耳はその名の通り内耳の働きをする人工感覚器である。音声を分析し、重要な情報を抜き出して電気信号に変換して神経に伝える役割をする。 [2019年03月15日]
  • AI診断支援のオープンプラットフォームを開発、オリンパス コラム・解説 ニュース解説 AI診断支援のオープンプラットフォームを開発、オリンパス 大腸に続き、胃や食道のAI診断にも対応へ AIを活用した診断支援ソフトウエアの開発が進んでいる。そんな中、オリンパスは同社の消化器内視鏡システムに対応する複数の診断支援ソフトウエアを切り替えて使用できる「CADオープンプラットフォーム」を開発したと発表した。製品化に向けて法規制への対応や協業を進めていきたいとする。 [2019年03月13日]

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング